GA400便 ジャカルタ05:40 --- 08:40デンパサール

さて、JAL729はあろうことか40分も早くジャカルタに到着。
さすがにこんな時間だと他の国際線も無く、到着ビザカウンターも入国審査も
JL729御一行様専用みたいな感じで空いている。
そしてターンテーブルからスーツケースを受け取り、時間を確認するとまだ午前1時前・・・

とりあえず到着ロビーに出て、朝まで時間を潰せそうな場所を探す。
この時間はインチキポーターも白タクの客引きも少ないね・・・
首都の国際空港だからいくつか24時間営業のレストランがあるんだろうと想像していたものの、
実際はぜーーーんぶ閉まっている・・・
探し方が悪いのかもしれないけど、スーツケースを持って当てもなく
空港内も彷徨いながら探すには限界がある。

ちなみにローカルの人々も乗継の関係なのか相当数空港内に滞留しており、
皆さん、長椅子の上やロビーの床の上に段ボールとか敷いて寝ている。

結局、自分もロビー内のクローズしているカフェに入り込み、椅子に座り、ぼーっと朝が来るのを
待つこととした。目をつぶっても寝ることもできないし辛いなあ・・・
よっぽど元気じゃなければ、JL729でCGK夜更かしはお勧めできないなあと実感。
バリ島到着前に体調がおかしくなりそう。

そしてようやく朝が。こんなに朝が来るのが待ち遠しかったのはいつ以来?(苦笑)
スカルノハッタ名物の訳のわからないインフォメーションにやや戸惑いながら、GA400便のチェックインを
済ませ、いよいよバリ島へのフライトに搭乗。さすがに早朝だけあって定刻でした。

d0044965_1643370.jpg
早朝のスカルノハッタを機内から。
さて、私の搭乗便。何故ガルーダなのに羽根の色が青くないでしょうか?!


d0044965_1647518.jpg
正解はこちら。
たまたま搭乗した機材がガルーダのクラシック塗装復刻版の機材だったのです。(写真は借り物)
ちなみにこのカラーリングは1969年から1985年のものなのだそうです。


d0044965_1650726.jpg
機内食。ガルーダはちゃんとした機内食が出るので嬉しい。
機内食を食べていると、辛かったジャカルタでの思い出が、走馬灯のように現れては過ぎ去っていきました(大げさ)


d0044965_16562054.jpg
いよいよバリ島上空へ。
右側がジャワ島、左側がバリ島。
この二つの島はこれしか離れていないんですよね!


d0044965_1657212.jpg
バリ島には似つかわしくないような風景。海に延びる海上有料道路。
でもこの道路や立体交差のおかげでシンパンシウールの渋滞が解消したのも事実です。

昨夕成田を発ち、ようやくバリ島に到着。もうこの乗継はイヤだ(苦笑)
[PR]

by balineta | 2014-11-23 17:04 | エアライン

GA418便 CGK(ジャカルタ) --- DPS(デンパサール)

ジャカルタで約3時間のトランジットを経て、GA418便でいよいよデンパサールに向かいます。

本当はトランジット時間をもっと短縮したいのですが、何と言っても悪評高いジャカルタでの
入国手続きを考えると、タイトなスケジュールは怖くて組めません。
今日もあいかわらず、やる気の全く感じられないビザ売りのおっさんと入国審査官にイラッとしつつ、
なんとか入国を済ませ、荷物を受け取り、GAの乗り継ぎカウンターに向かいました。

最近変わったなあと思うのは、かつてはジャカルタ名物やる気のない三羽烏の一員だったGAのスタッフが、今では見違えるようにやる気をだし、フレンドリーになったこと。やっぱり、スカイチームに入り、自覚も生まれてきたのかな。

d0044965_6233652.jpg
そして、こちらがGA418便の機内食。
インドネシアっぽい味で美味しかったですよ。
ということで、怒涛の機内食画像連発も一旦終了。バリ島に到着です!!
[PR]

by balineta | 2014-06-29 06:27 | エアライン

ガルーダ2014年カレンダー

d0044965_20215146.jpg
今年もあとわずか。
この時期恒例の、来年のガルーダインドネシア航空カレンダーのご紹介です。
ラインナップは例年通りで、左がガルーダインドネシア航空、右がガルーダオリエントホリデーズのカレンダーです。いずれも卓上型です。


d0044965_20245316.jpg
まずはガルーダオリエントホリデーズのカレンダーです。
来年のカレンダーも、バリ島のリゾートホテルが各月を飾っています。
インドネシアのリゾートはバリ島以外にもいろいろとあるので、ぜひそちらも紹介してほしいところですが、旅行会社のカレンダーゆえ、なかなか難しいのかもしれませんね。


d0044965_20302791.jpg


d0044965_20304640.jpg
毎月を飾るリゾートホテルのいくつかをピックアップしてみました。
どこも素晴らしいリゾートばかりで、改めてバリ島ってすごいなと思えます。


d0044965_20325375.jpg
一方、大きく方向転換したのがガルーダインドネシア航空のカレンダー。
今年までは、コンクールで入選したインドネシア各地の風景写真を使っていましたが、2014年は、完全な自社のPR画像となってしまいました。
例えば、最新鋭機ボーイング777の機内の紹介や、機内で行う入国手続きの紹介などの写真が毎月続きます。
それはそれで、まあガルーダファンにはいいんですけど、やはりインドネシアの風景が良かったかなと。

ということで、今年一年お付き合いくださりありがとうございました。
皆さまもよい年末&お正月を~
[PR]

by balineta | 2013-12-22 20:41 | エアライン

GA 羽田~ジャカルタ線 運航時刻(未確認情報)

羽田空港の国際線枠拡大もあり、ガルーダは2014年上期に
羽田~ジャカルタ線の就航を発表しています。

まだ、ガルーダの公式サイトには就航日やダイヤは発表されていませんが、
どうやらこんな感じのようです。

◆就航開始 2014.06.15のジャカルタ発GA874便より。

◆ダイヤ
GA874 CGK 13:15 --- 22:45 HND
GA875 HND 00:45 --- 05:55 CGK(06/16より)

羽田からは既に公式発表済のNH便も3/30より就航しますので、
毎日2便のフライトが飛ぶことになります。
今のところ、成田~ジャカルタ便を運休するという話もありませんので、
そうなると・・・東京~ジャカルタ間は!
羽田便 NH1便 GA1便
成田便 NH1便 GA1便 JL1便
なんとまあ!1日5便も飛ぶ激戦路線になります。

羽田便のないJLは相当キツイかもしれませんね。
[PR]

by balineta | 2013-12-21 17:57 | エアライン

ANAとガルーダ 包括提携を締結

既にANAやガルーダのサイトでも発表されていますが、2社が包括提携することを
発表しました。

提携の内容は、コードシェア便の運航と、マイレージサービスの相互利用です。

まずコードシェア便の運航により、ANAジャカルタ便から、インドネシア各地への
ガルーダ便をANAの便名で予約することができるようになります。
(ANAの日本国内線をGAの便名で予約することも可)

また、マイレージサービスの相互利用により、GA便のフライトマイルをANAの
マイレージに貯めることができるようになります。
(ANAのフライトマイルをGAのマイレージに貯めることも可)

特に驚いたのは、マイレージの提携です。
というのも、ガルーダは来年3月にスカイチームに正式加盟することが決まっており、
それにもかかわらず、スタアラのANAと組んだというところがインパクト大です。
本邦航空会社にスカイチーム加盟の航空会社はないので、今後ガルーダのマイルを
ANAで貯める人が増えそうですね!

今回のプレス発表では、いずれの提携も実施時期を明示していません。
実施時期等の詳細発表が待ち遠しいですね。

おまけ:もともとGAはJLと友好的だったんですけどね。(バゲージスルーで便宜を図ったり…)
かつてNHがインドネシアに就航した時も、GAとJLがタッグを組んでいろいろ画策した結果、
NHの運航時刻が変な時間帯になったという話も…(噂ですけどね)
そんなGAがNHと組むとは・・・ それだけJLの力が落ちたってことでしょう。
[PR]

by balineta | 2013-12-21 17:36 | エアライン

GA338 SUB---DPS

d0044965_11392549.jpgスラバヤでの用事を済まし、バリ島へ移動します。
ジュアンダ空港内でこんなものが売られていました。
誰が買うのか??
お土産として機内に持ち込まれたら、臭いがキツそうだなあ。。。


d0044965_11421770.jpgデンパサールまではガルーダを利用しました。
いつもはライオンエアを使うところですが、運賃を比較したところ、ガルーダとあまり差が無かった(ガルーダが結構安かった)ため、今回はガルーダをチョイスです。
当然のことながら、GAのほうがサービス面で格上ですからね。

機材はCRJ1000。小さい機体ですがジェット機です。古くなったB737の代替機として就航が進んでいます。今日の機材も今年の6月に納入されたばかりの新機体でした。


d0044965_12164985.jpgスラバヤを定時に離陸。
機内の写真です。
通路を挟んで、2-2のシート配置です。
天井も低い!

通常のジェット機では機内持ち込み可能なサイズのスーツケースなどもこの機材では限界があるので、搭乗ブリッジの前で係員が半ば強制的に預かり、機内最後部の空間に積み込んでいました。(チェックイン時に預ける荷物とは別です)


d0044965_12214483.jpgガルーダは短距離国内線でも機内食が出ます。
ジャカルタ~デンパサール線くらいの距離になると、トレイに乗ったフルサービスの機内食が供されますが、フライト時間1時間程度のスラバヤ~デンパサール線では、こういう簡易的なものです。

ツナが入ったパンとデザートがスポンジケーキ。炭水化物オンパレードでした。


d0044965_12242884.jpgデンパサールにも定時に到着しました。

荷物ですが、搭乗直前に機内最後部に収納された荷物は、飛行機から降りたその場で受け取ります。またチェックイン時に預けた荷物は、ロビー内のターンテーブルで受け取ります。
ローカルの人達は慣れた光景なのでしょうが、何の案内もないので、まごつかないよう注意するポイントです。
[PR]

by balineta | 2013-10-20 12:32 | エアライン