JL725便 NRT(成田) --- CGK(ジャカルタ)

旅の始まりは、JAL725便でジャカルタへ向かいます。

d0044965_17101291.jpg
Cクラスの機内食。
「空の上のオーベルジュ」BEDDがコンセプトだそうです。
因みにBEDDの意味は、BEDにもうひとつDが加わった造語で、
最後のDは、Dine、Delicious、Dreamの意味が込められているそうです。

上の写真は前菜とスープ、パンなど。サラダは、ホロホロ鳥のスモークサラダです。


d0044965_17142148.jpg
こちらがメインの「和牛サーロインステーキ」でございます。
このステーキは本当に美味しかった。今までの他のエアラインでの経験も含めた、私の機内食の記憶でもトップ1と言えるくらい美味しい肉でした。こってりしたソースをかけずに、粟国の塩をちょっとふって食べたことで、肉の旨味を十分に引き出すことができたかなと思います。


d0044965_17222560.jpg
デザートは「マスカルポーネのムース」です。(と、メニューに書いてあります。)
マスカルポーネって何でしょう?(苦笑)
私は甘いものもOKなので、美味しく頂きました。


d0044965_17253291.jpg
ちょっと残念だったのが、機内で使える(はずの)Wi-Fi。
有料なので、初めにクレジットカード番号などを入力して認証手続きを行うのですが、どういうわけか電波状態が極めて悪く、途中でブチブチ切れたり、圏外になったりの繰り返し。
何度かトライしたのですが、一向に認証完了まで進まないので、諦めてシートをフラットにして、ジャカルタに着くまで惰眠を貪ることにしました・・・。まあ、認証までうまくいって課金されるようになってから、ブチブチ切れるよりはまだ被害がなくて良かったかなと。

by balineta | 2014-06-28 17:33 | エアライン

シート幅戦争 勃発?!

↓の記事にある、「エコノミー席のシート幅」の話題ですが、
エアバス社が、こんなPRまで始めました。

これは、裏を返すと、シート幅が狭めなボーイング社へのあてつけのようで、エアバス社の攻撃に対し、
ボーイング社は、シート幅は各々のエアラインが経済性と効率を鑑み、決めればいいんだ、と反論しています。

確かにシート幅を狭くすれば、一列のシート数を9席から10席にすることも可能になりますから、
エアラインにとってはメリットがあり、旅客一人あたりの輸送コストが低くなれば、航空運賃も安くなるという
意見もあります。(実際は、そんなうまい話はLCCくらいでしょうけど)

個人的には、エアバス社の意見に賛成だなあ。狭い座席はイヤだ。

by balineta | 2013-11-03 14:52 | エアライン

エコノミー席はシートの幅も重要!

エアバス社はこのほど、長距離飛行において、エコノミー席のシートの幅が 乗客の快適性に
大きな影響を及ぼすという研究結果をを発表しました。

通常、快適性というと、前席とのシートピッチばかり注目されます(もちろんそれも重要ですが)が、
隣席とのシート幅というのは盲点でした。
ただ、確かに隣の席の旅客との距離感というか、肘のぶつかり度というか、Y席ではシートピッチと
同様に気になる要件ですよね。

で、エアバス社の研究では、長距離国際線の場合、最低18インチ(45.72cm)あれば、快適性に
大きな改善がみられるのだそうです。

研究結果をもう少し掘り下げると、特に睡眠時に顕著に差が表れるようで、17インチ(43.18cm)と
比較すると、
◎眠りにつくまでの時間は、18インチ座席で平均14.7%改善。
◎睡眠後に目が覚める時間は、18インチ座席で平均53%改善。
◎脚部の痙攣は18インチ座席で平均11%減少。
◎研究参加者による主観では、18インチ座席のほうが参加者の67%がより睡眠の質が良くなり、
 86%が睡眠量の改善を報告した。

ということなんだそうです。

ということで、今後機内で寝る必要がある長距離フライトでは、シートピッチだけではなく、シート幅も
注目してエアラインを選んだ方が気持ちよく移動が出来そうですね。

ただ、各エアラインのサイトを見ても、「シートピッチが広がりました~」みたいな記載はあちこちに
見受けますが、あまりシート幅については書かれていないのが実情です。

そこで、主要航空会社の主要機材だけになりますが、一覧表のサイトを見つけましたので、
URLを貼っておきますね。(長距離用機材)

同じサイトで、短距離用機材や、ビジネス・ファーストも見れます。(まあ、CやFは問題ないですけどね)

その結果、驚愕の事実が!
◆ANAのボーイング777の各形式が、LCCのエアアジアXを除き、ワースト独占になってしまいました~
◆JAL vs ANA対決では、ANAがワースト独占ということもあり、JALの完勝でした。
◆アジア系エアラインでは、SQ、CX、そしてKEが全体的にシート幅18インチをクリアしてました。

by balineta | 2013-11-02 21:18 | エアライン