カナワ島 最後のおまけ

随分と長くカナワ島での滞在についてご紹介をしてきました。
ステイしたのはわずか3泊だけでしたが、実ーーーに濃い時間を過ごすことができました。

いつかまた再訪したいと思います。
このブログをご覧の皆様も、ぜひバリ島の向こう側にあるインドネシアにも
足を延ばして頂きたいなと思っています。

カナワ島、最後の写真となりました。

d0044965_22472052.jpg
ディナー時の写真です。
レストランの外、砂浜の大きな木の下にいくつかテーブルがあり、ここでディナーを取ることもできます。

カナワ島の「闇」の深さと、「灯」のありがたさが表現されているような感じがして、私の好きな写真です。

今回でカナワ島の滞在記は終了。次回からはバリ島へ戻ります。

by balineta | 2012-12-07 23:29 | その他インドネシア

Komodo島 1日ツアー その1

d0044965_9321571.jpg
カナワ島に滞在中、コモド島への1日ツアーに参加してきました。
カナワに来た目的は、1つはシュノーケリング、そしてもう1つは野生のコモドドラゴンを見ることでしたから。
ツアーの行程は上の地図の赤い点線の通りで、カナワ島を出発し、まずKomodo島に上陸し、ドラゴンを見ながらのトレッキング、その後、カナワ島に戻る途中、Pink Beach、Manta PointそしてBatu Bolangと3か所でシュノーケリングをします。カナワを朝7時30分に出発し、戻りは夕方5時。文字通り1日ツアーです。
(ちなみに上の地図の黒い点線は、リンチャ島へのツアーです)

d0044965_9402913.jpgコモド島行きツアーの船が出航する少し前に、ダイバー船が出ていきました。ダイバー船は2階建ての大きな船ですが、コモドツアー船は、相変わらずのボロい漁船です。出航後、しばらくダイバー船の後を追います。

d0044965_944498.jpg
コモド行きツアー船も出航です。参加者は、サヌール在住(なんと!)の欧米系おじさんとその連れのインドネシア人女性2名、オーストラリア人の男性2名、そして私の合計6名です。
写真左は、段々と遠ざかっていくカナワ島。
写真右は、ツアーガイドのおっちゃん。カナワ島で雇われている専属ガイドです。

d0044965_9494228.jpg
出航して約15分後、進行方向右手にバンガローが立ち並ぶ島が見えてきました。
Komodo Resort & Diving Clubです。こちらのリゾートもカナワと同じく1島1リゾートですが、Agodaでも予約を取り扱っており、カナワに比べると高級そうですね。ただ、船から見ただけの感想ですが、島を囲むリーフがわずかのようで、ビーチエントリーのシュノーケリングはカナワ島ほど充実していないのかもしれません。(あくまで個人的感想)

d0044965_1062233.jpgそれにしても…
コモド島までが長かった…
カナワから約2時間半!
船が漁船でスピードが出ないのも理由なのでしょうが、想像よりずっとコモド島は遠かった。
途中、波が穏やかで大きく揺れることもなく、また島影も多く景色が単調でなかったので、あまり飽きずにすみましたけど、船酔いとかをする人だとちょっと辛いかもしれませんね?
ということで、ようやくコモド島に到着です。

d0044965_10131499.jpg
次回へ続きます。

by balineta | 2012-11-24 10:14 | その他インドネシア

カナワ島の海 その8 おまけ編

d0044965_20305847.jpg
この黒々とした物体。なんだかわかりますか?
ウニです。カナワ島の島周辺には、このようなウニの群落があちこちにありました。

こちらの人たちはウニを食べる習慣がないのか?それとも食用には適さないウニなのか??
もし食べられるウニだとしたら、「食べ放題!!」なんだけどなあ。

d0044965_20381641.jpg
続いてこちら。
日本名・ミノカサゴ。英語では、ライオンフィッシュです。
いつ見ても、桟橋周辺の懐中をゆらゆらと漂ってました。

d0044965_2040392.jpg
この他にも、残念ながら画像を押さえることはできなかったのですが、ものすごく小さなリーフシャーク(子供?)も、桟橋の上で一瞬だけ見ることができました。

もちろん、わざわざカナワ島まで来るのですから、当然ダイビングやシュノーケリングを楽しむのが一番ですが、桟橋の上から海中を眺めるだけでも、多種多様な魚を見ることができ、それなりに楽しむことができるなあと感じました。

by balineta | 2012-11-22 20:49 | その他インドネシア

カナワ島の海 その6 ウミガメ編

d0044965_05615.jpg

d0044965_054087.jpg

d0044965_06882.jpg

d0044965_062595.jpg
カナワ島の南東側ビーチからエントリーして、サンゴ礁の海を過ぎた沖(といってもビーチからほんの20~30mくらいですが)まで泳ぐと、リーフエッジにたどり着きます。
ここまで来ると、かなりの確率でウミガメに遭遇できます。
私は島に滞在中、2回このあたりでシュノーケリングを楽しみましたが、2回とも会うことができましたから!

大きさ的にはまだ子供のウミガメでしょうか?ゆっくりと泳いだり、岩に貼りついた海藻(?)を食べたりと、私の存在を全く気にすることなく、悠然としていました。

シュノーケリングで、こんなたやすくウミガメに出会えるなんて感激!
思わず水中でガッツポーズをしてしまいました(笑)

by balineta | 2012-11-18 00:17 | その他インドネシア

カナワ島の海 その1

お待たせしました。
それではそろそろ、カナワ島の海をご紹介しましょう。
d0044965_2345383.jpg

d0044965_2352670.jpg

d0044965_2354133.jpg
まだまだご紹介したい画像はいろいろあるのですが、それは順を追ってということで。
とにかく、島のビーチからエントリーし、沖へ向かって20メートルも泳げば、海底一面にサンゴ礁が広がっているので、実にお気軽シュノーケリングが楽しめます!
またドロップオフも近いことから、魚影も豊富でした。
全ての画像は動画も撮れる水中コンデジを使いました。高性能なカメラなら、もっともっときれいな水中をご覧頂けるのですが…


動画もアップしてみました。
ただ、素人が撮ったものを、そのまま手を加えずにアップしていますので、見苦しい点も多々あると思いますが、ご勘弁ください。(パソコン性能が許す限り、高画質でご覧ください)

by balineta | 2012-11-10 23:34 | その他インドネシア