ドタバタ!

d0044965_14372320.jpg

先週金曜日から昨日まで、那覇と石垣島に行ってきました。
金曜日は那覇市内に宿泊し沖縄料理を楽しみ、土曜日からの2泊は
石垣島に滞在です。

石垣島で宿泊したのは、昨年もお世話になった“ゲストハウス ティンガーラ
とにかくすっごい宿です!
何がすごいかは、これから徐々に説明いたしますね。

で、今回のネタは、昨日の帰りの話。
予定では、石垣17:25発のJTA622便で那覇着が18:15、乗り継ぎ便が
那覇19:25発JAL924便で羽田着が21:45でした。
昨日の沖縄地方は天気もよく、最終日もあちこち立ち寄りながら夕方に
レンタカーを返却。レンタカー屋の送迎車で空港に着いたのは16時半頃でした。

なんかロビーが混みあっているなあって思いつつ、チェックインカウンターへ。
そこで係員から重大な事実を告げられました。
「お客様のご利用予定の622便は機材故障のため欠航となりました。
その後の那覇行の便も満席のため、特別空席待ちとなります」
「えっ(絶句)。那覇から羽田行の便に乗り継ぐんだけど、それはどうなるの?」
「石垣・那覇間の便が決まらないと、那覇・羽田間の変更もできません」
「924便の予約を後ろの便に切り替えないと、今度は那覇・羽田間の便が満席になっちゃう可能性だってあるんじゃないの」
「お客様の予定便より1便後に出る624便(17:45発)でも那覇からの924便に乗り継げます」
「どうせ624便だって正規の旅客で満席なんでしょ?どうなの?見込みはあるの?」
「最悪の場合は、那覇でホテルをご用意いたします」
「那覇で足止め!冗談じゃないよ。なにか代替手段は考えられないの」
「すいません。私はまだ新人で詳しいことはわかりかねます…」
「わからないなら、わかる人を呼んできてよ」

とまあ、こんな感じのやり取りが。。。
原因が悪天候でダイヤが乱れるのならまだしも、機材故障で運航見込みがはっきりしないって、一体ここはジャカルタの国内線か!(怒)
それに空港スタッフの「新人なので」という言い訳も何なんでしょうね。カウンターの中にいる以上、旅客にとっては新人もベテランも関係ありません。一人のプロとして旅客に応対してもらいたいものです(呆れ)

その後もカウンター周りで粘っていると、(恐らく一部の空席待ち旅客に対し)すっごい裏技として宮古経由の羽田行を提案される。
石垣を18:15に出るRAC(琉球エアコミューター)834便で宮古島に飛ぶと、宮古発19:25のJTA22便羽田行に乗り継げるのだ。
もちろんいいも悪いもなく、その乗り継ぎに変更をし、なんとかその日のうちに羽田に戻れる目処がつき一安心。ただ、RACの機材はとっても小さく(トップの写真です)定員39人乗り。そのためこの方法で羽田に戻ることの出来た特別空席待ちの旅客はそれほど多くないはずで、この便に乗れなかったら、本当にどうなったかわかりません。
d0044965_16105663.jpg

さて、この写真が出発前に撮った機内の写真。通路を挟んで2-2の席が10列だったかな。とにかく小さな機体でなんだかバスみたいでした。もちろん私もこんな小さな飛行機に乗るのは初めての経験で、ちょっと興奮気味です。。。客室乗務員も1人。(すごい)
プロペラをぶるんぶるんと震わせながら、石垣を定刻に離陸。わずか30分弱で宮古島に到着。手続きの関係で再度搭乗手続きを行い、JTA22便で何とか無事に帰ってくることが出来ました。

【教訓】
・海外での飛行機トラブル(欠航や大幅遅延、オーバーセールなど)の際によく言われることですが、日本でも飛行機トラブルの場合は、諦めずに粘り腰での交渉が必要だと感じました。時には怒ったり、泣き落しで情に訴えたり(笑)。そうじゃなかったら、宮古行の空席は他の人にあてがわれていた様な気がすごくします。

・那覇空港内に免税店があるのですが、免税品の沖縄県内への持込が出来ないため、離島への乗り継ぎの際、行きに買い物をすると帰りの乗り継ぎ時に那覇空港で受け取ることになります。ところが今回のようなことがあると、帰りに那覇に寄れません。よって免税ショッピングは帰りに行い、そのまま持ち帰るようにしたほうが安心です。(実際に、免税品をどうするのかと石垣や宮古でJTAの係員に詰め寄っている人を見かけました。)

by balineta | 2007-07-31 16:34 | トラベル

「アナンタラ・リゾート・スミニャック」 12/15にOPEN

あまり(というか、かなり)高級リゾートホテルに詳しくないんで、「アナンタラ」というホテルブランドも知らない私が書くのもなんですが、タイトルにもあるように「アナンタラ・リゾート・スミニャック」というリゾートホテルが今年の12/15にスミニャックにオープンします。

ホテルは5階建てで、客室数は59室。その全てがオーシャンビューのスイートルームだそうです。ザ・レギャンのような感じでしょうか。

建物の屋上には、海岸を見下ろし夕陽を眺めることができるバーを設け、アジア料理などを提供します。今までのバリのホテルはレストランを低層階に集める設計が多かったように思えるので、これはなかなか画期的かもしれません。

高級リゾートに欠かせないものといえばSPA。もちろんこのホテルにも「アナンタラ・スパ」が入ります。ちなみにアナンタラ・スパはバリ島初進出だそうで。(町スパ専門の私には無縁の場所だなあ…)

あとは、予定通り12/15に無事オープンを迎えられるのか。
バリ島に進出するホテルにとって最大の鬼門は工事の進捗かもしれませんね。

by balineta | 2007-07-25 21:25 | バリ島

ユナイテッド航空の新ビジネスクラス

ユナイテッド航空の新しいビジネスクラスのシートが発表されました。

この秋から段階的に導入し、2009年後半に搭載を完了する予定。導入完了後は、国際線で使用するボーイング767、777、747型機など計97機で新シートを利用できるそうです。日本線にはいつ導入されるのでしょうね。

シートの特徴は、いまやCでは当たり前の装備になりつつあるフルフラットシート。それでも、米系航空会社の中ではユナイテッド航空が初めてなんだそうですよ。(ちなみに現在のUAのC席のリクライニング角度は147度)
写真で見る限り、シートピッチも十分な感じがします。
それともうひとつ、シートを前向きと後ろ向きに配置するという設計により、より広いパーソナルスペースが確保され、どの座席からも通路へのアクセスが容易なんだそうです。

でも、後ろ向きのシートってどうなんでしょう?寝てしまえばともかく、起きて座っているときはなんか違和感あるなあ…

座席の状態での写真はこちら

フルフラットの状態の写真はこちら

貧乏性な私が思ったこと。
シートに座るとすっごいTVディスプレィまでの距離が長い。で、その分ディスプレィもでかい。(なんと15.4インチ)
ということは、自分が何を見ているか、隣のシートの人からも一目瞭然のような気がして、「なんだ、こんなの見てんのか。ふっふっ」と鼻で笑われそうで恥ずかしい。(これって自意識過剰でしょうか 苦笑)

by balineta | 2007-07-24 20:35 | エアライン

7月1日からは全員提出です

7月1日からは全員提出ですって、何を?

「携帯品・別送品申告書」です。

関税法改正により、7月1日以降、海外から日本への帰国者は、全員「携帯品・別送品申告書」を提出することになったそうですよ。知ってました??

税関からのお知らせはこちら

新しいフォーマットの申告書見本はこちら

従前では、この手の申告書の提出が必要だったのは一部の帰国者だけでしたが、これからは帰りの飛行機の中で、全員が健康状態を答える用紙(東南アジアからの便など)と携帯品・別送品申告書を記入する必要がありますね。

by balineta | 2007-07-21 20:20 | その他

キャセイがまたやってくれました

先日、バリ島行きの激安C料金を発表したばかりのキャセイがまたやってくれました。

今度は…

ヨーロッパ 480,000円
オセアニア 440,000円
東南アジア 260,000円
香 港 220,000円
台 湾 200,000円

これ、驚いちゃいけませんよ。
なんと2人分のC料金なのです。
そう、1人分はこの半額です!


香港・台湾を除いて、Yの設定もあります。Yの代金はというと
ヨーロッパ 180,000円
オセアニア 150,000円
東南アジア 120,000円
もちろん、こちらも2人分ですよ~

さて、発券に際してはちょっと変わった条件が。
その1…2人分で発券。1人では発券不可です。
その2…チケット代金の決済はマスターカードに限る。

設定期間は、7月から9月末まで。(但し設定除外日あり)
出発空港は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌で、出発空港はどこでも同一料金です。
またマイレージ加算対象運賃です。

尚、目的地にも制限があり、例えばアジアですとバンコク・シンガポール・ クアラルンプール・ペナンの4ヶ所で、残念ながらインドネシアは含まれていませんでした。
とは言っても、これは超お得であることは間違いないですよね。

ご興味のある方、詳細はこちらから。

by balineta | 2007-07-20 20:15 | エアライン

雪くま

d0044965_19205943.jpg

突然ですが、私のこのブログ。つい先日からタイトルの「バリネタ」を「旅ネタ」に変えたのですが、お気づきの方はいらっしゃったでしょうか?(いないだろうなあ…泣)

バリ島のネタだけでは限界があるので、旅に関するネタをいろいろ書き連ねていこうと思い、タイトルを変更いたしまして、この記事がその第1弾の旅ネタになりました。

携帯電話のカメラで撮ったので写りが悪いのですが、これは「雪くま」というカキ氷です。
「雪くま」とは、埼玉県熊谷市が町興しのために考えた、暑さを元気に乗り切る、熊谷の新しい名産なのだそうです。
熊谷市のHPでも大々的に宣伝しており、それによると「熊谷のおいしい水から作った貫目氷を、雪のようにふわふわに削り、各店オリジナルのシロップとトッピングで色添え。あつい熊谷で、ひゃっこくておいしい「雪くま」を、ご堪能あれ。」なのだそうです。

まあ、宇都宮の餃子とか佐野のラーメンに対抗して考えたのでしょうかね??

さて、その「雪くま」を食べさせてくれる店に行ってきました。
近所に4軒ほど店があったのですが、その中で「えいやっ」と選んだ店で出てきたのがこの写真のもの。(熊谷市のサイトを見ると、これとそっくりの写真が載っています。店名も出てます)
この店のオリジナルシロップはハチミツ。そしててっぺんにはアイスが乗っかっています。見るからに「雪くま」感が出てますね~

で、肝心の味なんですが…
どうも、ハチミツが甘すぎるなあ。氷の食感も特に普通のカキ氷と変わらないような…
てっぺんのアイスはおいしいんだけど。。。

まあ、この店だけで「雪くま」がなんたるかを述べるのはまだ早いってことで。
皆さんも機会があれば、暑~い熊谷でぜひご賞味あれ。

熊谷市のサイトはこちら

by balineta | 2007-07-18 19:44 | トラベル

スターフライヤー 羽田~関空線就航

9月14日より黒い機体で知られる「スターフライヤー」が
羽田~関空間に1日4往復運航を開始します。
ダイヤについては現在調整中でまだ発表に至っていません。

スターフライヤーといえば羽田~北九州線でANAと共同運航便扱いとなっていることから
この関空線も同じ扱いになるのでしょうか?
となれば、ANAマイルやスタアラマイルのホルダーにとっては、羽田発着・関空経由で国際線なんて使い方が出来そうですね。

私個人としては、JALとの共同運航扱いになってくれれば、
羽田~関空~デンパサールが今より使いやすくなるのになあと思います。
(現在はJALの羽田~関空便の便数が少なく、デンパからの帰路で、関空での待ち時間が
ちょっと長いんですよね…。ちょっとじゃなくてかなりか!)

by balineta | 2007-07-18 19:18 | エアライン

トラベレックス 新店情報

JCBで外貨が買える「トラベレックス」
私も渡バリ時は愛用させていただいておりますが、
この度、京都市内2店目の「京都四条店」がオープンしました。
関西在住の方はよりいっそう便利になりますね。

ただあいかわらず、出店エリアに偏りがあり、札幌・東京・名古屋・関西に
限られてしまいます。
せめて国際線就航頻度が高い福岡空港に出店したらいいのにな、と思います。

by balineta | 2007-07-16 22:18 | その他

ガルーダ、下期の料金発表

ガルーダが今年度下期(10月~来年3月)の正規割引航空券の
料金を発表しました。
金額はこちらから

このところ、日本からバリへ行く観光客の数も増えているようで、
年末年始などの繁忙期は早めに押さえておきたいですね。

ちなみにJALの発表は今月下旬頃の見込だそうです。

by balineta | 2007-07-13 12:19 | エアライン

Let's Go 海外!

2007年 7月 16日(月・祝日)に、表参道ヒルズ 『スペース・O(オー)』において
『Let's Go 海外!』というイベントが開催されます。

この催しは、昨年(?)位から始まったもので、要するにミニ旅行博のようなものですね。
世界40ヶ国の観光パンフレットの配布や情報提供、ワインなどの試飲、
航空券、宿泊券、旅行関連グッツなどが当たる抽選会、
民族舞踊・音楽・トークショーなどのショーなどがあります。

たった1日だけの開催ですが、入場無料ですし、今夏の旅行先の資料集め等にも
役立ちそうです。

詳しくは(って全然詳しくないのですが)こちらの公式サイトまで。

あっ、それからインドネシア政府ですが参加しておりません。残念です。

それと、このイベント、誰が名付けたのでしょうか?
「Let's Go 海外」ってどうよ?
私の年代では「レットゴー三匹」を思い出させます(苦笑)

by balineta | 2007-07-09 22:12 | トラベル