宇都宮は美味しい!

先日、所用のため栃木県の宇都宮市に行ってきました。

宇都宮といえば、「餃子の町」です。
私は餃子が大好物なので、もちろん宇都宮に来たら餃子を食べて
帰らないわけにはいきません。

市内には沢山の餃子屋がありますが、
地元の人に尋ねると、やはり「正嗣」派と「みんみん」派に二分されるそうです。

私は両方とも好きですが、あえてひとつを選ぶとすると「正嗣」です。

ということで、昼食は正嗣の宮島町本店に行きました。
宮島町本店は、JR宇都宮駅と東武宇都宮駅の真ん中あたりにあります。
路地にあるのでちょっとわかりにくいですが、JR宇都宮駅から徒歩10分程度でしょうか。
バスもじゃんじゃん走っていますので、歩くのがいやな方も大丈夫です。

正午過ぎに店に行くと、外に人が並んでいます。
いや~待つのかぁと思ったら、なんとまだ準備中!
いつもそうなのか知りませんが、この日は12時半開店でした。

正嗣・宮島町本店のメニューは、潔いです(笑)
・焼餃子 210円
・水餃子 210円
これだけ。ご飯もなければ、飲み物もありません。
餃子一筋、うん十年ですね!

1人前は6個ですが、それほど大きくないので、2人前は余裕だと思います。
私的には、焼2人前+水1人前が標準です。

次から次へと注文が入るので、店の主人は、もくもくと餃子を焼いています。
一見、恐そうです。がんこオヤジの店!!って感じがします。

しかし!
ぶすっとしているのは、栃木県人の県民性で、悪気はないんだそうです。

実際に、餃子をうまいうまいと食べていると、ワンポイントアドバイスを
ぽろっと披露してくれます。

今回は…
・水餃子のどんぶりにあんまりしょうゆを入れないほうがいいよ。
・12月半ばになると、渥美半島のキャベツが入るんだけど、そうするともっと
野菜が瑞々しくなるんだよ。時期はGWの前くらいまでかなあ。

以前はこんなアドバイスもありました。
・たれにちょっと酢を入れると、野菜の旨みが際立つんだよ。

とまあ、こんな感じです。

しゃべってみると、すごい気さくな主人だとわかりますので、ぜひ調理場前のカウンター席に
座り、ワンポイントアドバイスを聞いてみてください。

d0044965_9582652.jpg
そしてこれ!
「武平まんじゅう」
日光に程近い今市という町の「和田菓子店」というところで売られている知る人ぞ知る激ウマのまんじゅうです。
以前もこのブログで絶賛しましたが、今回また入手することが出来ました。

添加物の入っていないまんじゅうで日持ちしないため、お土産にはちょっと厳しい(賞味期限2~3日)のですが、地元の人の話では冷蔵庫に入れておけばもう少し持つとのこと。
さらに究極の技として、冷凍庫に入れておいて、食べたい時にレンジで解凍する方法もあるのだそうです。これだとさらに日持ちすると教えて頂きました。
私も試してみようと思います。

by balineta | 2008-11-03 10:09 | トラベル