タグ:美味しい! ( 45 ) タグの人気記事

日本食レストラン SUMO

d0044965_2135838.jpg
若いころは、バリ島に来たら、何が何でもローカルの食事を食べなきゃってことで、インドネシアやバリ島の料理ばかりを食べていましたが、最近は無理をしません(笑) 脳が欲する食べたいものを食べています。
ということで、サヌールは和食のレストランが多くて嬉しいです。

さて、こちらの力士の大きなオブジェが目印の、SUMO Japanese Restaurant。
JL.タンブリンガンの南部にあります。
以前は、もっと南の小さな路地にあった店なのですが、こちらに移転したのか?もしかして2号店を開いたのか?(たぶん移転したんでしょうね)

私は、以前の店には一度行ったことがありまして、まずまず美味しく、値段もお手頃で、良い印象があったので、今回は新店舗に行ってみることにしました。


d0044965_211839.jpg
注文したのは、「かつ煮定食」(だったかな?)
定食なので、かつ煮のほか、ご飯、味噌汁、小鉢なども付いていてお得感満載です。
味も結構イケます。サヌールには、有名処の和食レストランもいくつかあり、それらに比べるとSUMOはまだまだ知名度が低いですけど、味やコスパフォは負けてないと思います。そうそう、店員の応対や気配りもよくて、ゆっくりと和食を楽しめるレストランです。
[PR]

by balineta | 2015-10-21 21:28 | バリ島

ポンジョンテジクッパ

招き猫と展望台のおばちゃんにお別れし168階段を降り、釜山駅前に戻ります。
そして、釜山最後の食事を取りに、釜山駅からほど近い場所にある「ポンジョンテジクッパ」という
店に向かいます。
名前の通り、デジクッパの店です。


d0044965_2125968.jpg
こちらがその店。
大変な人気店ということで、朝でも昼でもない中途半端な時間に行ったのですが、このように
行列が出来ていました。


d0044965_21152495.jpg
デジクッパの店ということもあり、客の回転はいいようです。数分並んで、店内に入ることができました。


d0044965_21174764.jpg
メニューにはいくつか品目が書かれているのですが、どのみち読めないので、店員に「デジクッパ!!」と注文します。
そして、こちらがそのデジクッパ。ご飯とスープが別々に出てきますので、スープの中にご飯をどどーんと投入します。


d0044965_21213053.jpg
さらに、デジクッパと一緒に出てくるサイドの品々を好みに応じてスープに入れて味を調えるのが、この店の流儀らしいです。
私も真似して、適当にスープに入れたり、そのまま食べたりしましたが、とにもかくにも、デジクッパが美味い!旨みたっぷりながらさっぱりしていて、朝食にはぴったりって感じでした。

韓国っていうと、何を食べても「辛い!」ってイメージが強かったのですが、今回の釜山で、そうでもないぞって実感する旅となりました。
釜山のご飯美味しい、また行きたい!!
[PR]

by balineta | 2015-10-08 00:16 | 韓国

草梁(チョリャン)ミルミョン

カンジャンケジャンを満喫した後、ロッテデパートで買い物をしたりで、あっという間に時間は過ぎ、
小腹がすいてくる。。。

ていうことで、釜山駅からほど近い場所にある、「草梁(チョリャン)ミルミョン」という店に行き、
釜山名物と言われる「ミルニョン」を食べに出かけました。人気店で行列も!なんて話でしたが、時間帯が遅かったからかすんなり入店できました。
ミルミョンとは、要は冷麺のことなのですが、一口に冷麺と言っても地域によっていろいろな材料があるようでして、ここ釜山の冷麺と言えば、小麦粉を材料とした麺(ミルニョン)なのだそうです。

d0044965_21185181.jpg
店内の壁に掲げられたメニューです。相も変わらず、全く読めないので、気合いで注文します。


d0044965_21212312.jpg
ミルニョンのお出ましです。
これでサイズは小です。綺麗に盛り付けられていますね。
早速食べ始めたのですが、とにかく麺がながーーーい。。。おまけにコシがあるので、嚙み切るのも大変!
で、周りのテーブルを見渡してみると、ローカルの人達は食べ始める前に、テーブルに置かれたハサミで、チョキンチョキンと食べやすい長さに麺を切っているではありませんか。
「な~るほど」ということで、真似してチョキチョキと麺を切って食べたのでした。

味は、ワンパターンの感想ばかりですが、これまた美味しい。冷麺は暑い夏にはぴったりだ。
ここもリピートしたい店となりました。
[PR]

by balineta | 2015-10-05 00:10 | 韓国

コルモクケジャン

釜山に来て最初の食事は、やはり「釜山=港町」ということで、海産物を食べようと、
カンジャンケジャンで評判の良い「コルモクケジャン」という店に行きました。

トップモーテルからは、前の道を釜山駅とは反対方向に10分程。一本道なので迷わず到着!

d0044965_18435516.jpg
店の目印は、この巨大なカニのオブジェです。


店内は清潔な感じ。昼でも夜でもない中途半端な時間帯でしたが、結構な客入りでした。
カンジャンケジャンは、生のワタリガニをそのまま調理するので、ワタリガニの新鮮度が重要で、鮮度が悪いカニを使うと、臭みやや味の劣化が出やすい料理と言われていますが、この客入りであれば、カニ(食材)の回転も良さそうかなと思います。

d0044965_18501813.jpg
こちらがメニュー。全く読めません(苦笑)
でも、この店には強い味方がいます!店員の「イーホ」さん!
若い男性店員で、東京の日本語学校に留学経験があり、日本語での応対OKなので、お勧めの注文や料理の食べ方を日本語で教えてもらうことができます!!


d0044965_19445759.jpg
カンジャンケジャンと、エビとトコブシのセット。
初めて食べるので、他と比較ができないんですが、とにかく美味。もちろん臭みや変な苦みなんかは全くありません。カニミソも美味かったなあ。。。


d0044965_19523360.jpg
写真には写っていないですが、ご飯も頼みまして、これも卵かけごはんみたいにして食べたら美味しかったぁ。(食べ方は、イーホさんが教えてくれます。。)
そしてまた、この店は美味しいだけではなく値段もリーズナブル。
釜山に行ったら、毎回行きたいリピート確実の店となりました。
[PR]

by balineta | 2015-10-04 00:05 | 韓国

イムちゃん

BTSプロンポン駅前、幹線道路を挟んで両側に出店している「イムちゃん」(どっちが本店なんだろう?)
タイ料理の大衆食堂ですが、実際はタイ料理以外も、なんでもありの食堂で、私も愛用しています。
店員は全て例外なく愛想はありませんが、味良し、値段良しで、いつ行ってもローカルで混雑しています。

d0044965_2245988.jpg
シーフードチャーハンだったかな?


d0044965_2261085.jpg
なんとか肉ご飯?
全然頼んだメニューを覚えていない。(すいません、参考にならなくて)
でも、なにを注文しても、外れはないかと!
[PR]

by balineta | 2015-09-28 22:10 | タイ

ホテルで食べるカオマンガイ 美味い!

バンコクに来ると一度は食べるカオマンガイ。
いつもはピンクのカオマンガイ屋に行くのですが、今回は現地在住の日本人イチオシと噂の、
THE MONTIEN HOTEL BANKOKというホテルの中にあるRUENTONというレストランの
カオマンガイを食べに行ってきました。

d0044965_18465968.jpg
レストランの場所は、ホテルの1階。正面玄関を入り、右手方向、ショップや高級中華レストランなどを過ぎた奥のほうにあります。
そして、こちらがレストランの入口です。お昼時なので混んでいるかと思いましたが、店内は広く、またホテルのレストランなので、昼時でもガヤガヤした喧騒とは無縁のようです。
レストランに入ろうとすると、入口で待機するスタッフから「チキンライス?」と聞かれました。
どうやら、チキンライス目当ての客が多いんですね。


d0044965_18524593.jpg
席に通され、待つこと約10分。
ついにカオマンガイのお出ましです!!
見てください!なんて美味そうな肉でしょう。そしてボリュームもたっぷり!
肉だけではありません。ご飯も山盛り。もちろんこの鶏の出汁で炊いたご飯が美味しくないはずがない!!
たれが4種類もあるので、ただでさえ美味しい肉が、さらに味のバリエーションを楽しめます。


d0044965_19383271.jpg
肉のアップも付けときます!
とにかく、庶民系カオマンガイとはボリュームが違います。
ちょっと肉の量とか物足りないなあ、と思うこともありますが、ここは違う!十分に満喫できました。

お値段もそれなりで、THB280で税サ別です。でも、それだけの金を払う価値はあると断言します。
カオマンガイ好きの皆さん、ぜひ一度食べに行ってみてください。カオマンガイの世界観が変わります!
[PR]

by balineta | 2015-09-27 19:43 | タイ

HUYNH HOA(フィンホア)

d0044965_21244068.jpg
HUYNH HOA(フィンホア)という店です。
牛丼一筋80年じゃないですが、バインミー一筋の店らしいです。
バインミーと言えば朝食とか昼食のイメージですが、この店は午後から開店し、深夜まで営業というちょっと変わった店です。で、美味しさとボリュームでローカルには超有名な店なんだそうです。私も夕食に食べてみようと思い立ち、店に向かいました。

店の場所は、ホテルから何もなければ徒歩5分もかかりません。しかし、この店に行くには、交通マナーゼロのバイクや車がひしめく難攻不落のロータリーを渡らなくてはなりません。美味しいもののために気合で頑張りましたが、正直、ホーチミンの交通マナー、もう少しどうにかならないものか…


d0044965_21341028.jpg
調理中のところを撮影。凄い量の材料が積まれています。
そして、店の人は次から次へと舞い込む注文に応じるため、一心不乱に作り続けています・・・・

注文方法はよくわからなかったのですが、遠慮していてはいつになってもブツにありつけそうもないので、ガシガシと前に進み、店の人と目が合った瞬間、「バインミ~」と言ったら、OKでしたよ。「チリ入れるか?」と聞かれたので、YESと答えましたが、ホテルに持ち帰り後で食べたら、すっごく辛かった。無くてもいいかも。

で、最後にバインミーの画像をお見せしたかったのですが、食い意地が張っており、写真を撮っていないことに気が付いた時はほとんど食べてしまった後でした。。。すいません。
ということで、画像はないのですが、ボリュームも味も最高!です。またリピートしたいです。ロータリーの横断が怖いけど(苦笑)
[PR]

by balineta | 2015-09-09 21:57 | ベトナム

Nhu Lanでフォーを味わう

はい、ニューランに行ったのは、フォーを食べるためでした。

d0044965_213472.jpg
店内です。
思いのほか、広い。画像には写っていませんが、右手方向にも客席が広がっています。


d0044965_2154919.jpg
注文してまもなくフォーガーのお出ましです。
フォーと一緒に、定番のライムのほか、香草ともやしを入れた皿が出てきました。
食べる際には、お好みに応じて、香草やもやしをどばっとトッピングします。

それと、当たり前のように紙ナプキンが出てきますが、これはベトナム名物のトラップ!
使うと課金されます。ですからベトナムでB級グルメ巡りをする時は、Myウエットティシュ必携です!


d0044965_21133575.jpg
トッピングするとこんな感じ。って、なんのひねりもない画像ですいません。
味はなかなかです。人気店のフォーはどこもホント美味しい。ちょっと量が少なめなので、お代りもできそう。
お値段は、50,000ドンでした。
[PR]

by balineta | 2015-09-07 21:18 | ベトナム

CAT TUONG(カットゥーン) 再び

d0044965_9282764.jpg
昨夜食べたフォーが美味しかったので、二晩連続でまた「CAT TUONG(カットゥーン)」に来てしまいました。


d0044965_9301810.jpg
昨日は、「フォー ボー」という牛肉入りのフォーを食べましたので、今夜は「フォー ガー」という鶏肉入りのフォーを頼んでみました。

すると、中身の具だけではなく、スープも違うのか(明らかに色も薄い)、昨晩より、さっぱり系の味がします。
味覚は人それぞれだと思いますが、私は本日の「フォー ガー」に軍配を上げたいと思います。(もちろんフォー ボーも美味しいんですけど)
[PR]

by balineta | 2015-09-05 09:36 | ベトナム

メコン川デルタクルーズに参加 4 昼食

中洲での何だかなあ体験のあと、ミトーからワゴン車に乗り帰路に就くわけですが、
その途中、ミトーの国道筋のでっかいドライブインみたいなレストランで昼食です。

d0044965_21262681.jpg
こちらはレセプション。
なんでも、日本の皇太子も立ち寄ったことのあるレストランなんだそうです。


d0044965_21275849.jpg
こちらがメニューです。
ツアー客用の決まった昼食コースでして、昼食代はツアー料金に含まれています。
尚、飲み物は別途負担で、キャッシュオンデリバリーで飲み物を受け取ります。


d0044965_21314493.jpg
なんと言ってもメインは「象耳魚」でしょう。ベトナム語ではカー・タイ・トゥオンと言うんだそうで、メニューの日本語「エレファント フィッシュ」はちょっと間違えていますね。「耳」の訳が抜けています。
さて、象耳魚の食べ方ですが、がばっと身を剥ぎ、野菜と一緒にライスペーパーで巻いて食べます。味のほうは、淡白な白身魚でまあまあでした。


d0044965_21394734.jpg
こちらはソーメン。エビの味が微妙だった…

で、こういう場面で困るのが一人参加の身。食事は大皿で運ばれてくるので、他の方々とシェアをして食べなければなりません。幸い、同行の方々が感じのよい方ばかりで、楽しくテーブルを囲ませてもらいましたが、ツアー会社で何らかの配慮があればなあって思いました。(だから、おひとり様専用コースを選んだのに!!)

昼食を終え、いよいよホーチミンへ!
と思ったら、ホーチミン市内で「うるし工芸品」の店に立ち寄る。またかよ・・・
もちろん、誰もうるし工芸品など買いたいはずもなく、無駄に時間を過ごし、いよいよ最終行程。
私のホテルが一番最初の下車地のため、同行者の皆さんにお別れの挨拶をし、車を降りたのでした。

感想:まあ、一度くらいは参加してもいいけど、二度目は絶対にない!
[PR]

by balineta | 2015-09-02 21:53 | ベトナム