Simpatiのバウチャー

d0044965_1005570.jpg
私はインドネシア滞在中は、SIMフリーのスマホもしくはタブレットにSimpatiのプリペイドSIMを刺して使っています。
インドネシアでも、ホテルや観光スポットなどはwifiが大分普及してきましたが、まだまだ観光地から離れるとほとんど利用できません。
また、移動通信網を利用できると、例えば街歩きの最中で、道に迷ったり、現在地を確認する時も、グーグルマップにGPS機能を使えば自分のいる位置がリアルにわかるので本当に便利です。最近は海外パケホーダイみたいなサービスもあるので、移動通信網も定額で使えるようになりましたが、やはりコスト面で現地のプリペイドSIMを買う方が圧倒的に有利です。

とまあ、前置きが長くなってしまいましたが、そのような理由もあり、私は以前からSimpatiのプリペイドSIMを保有しており、電話番号も現地の知人に知らせている関係で、失効させずに維持するため定期的にプルサをリチャージする必要があるのです。

ずっとインドネシア国内にいれば、プルサのリチャージなど訳ないことですが、日本国内からそれを行うのは2つ方法があります。
1つは、ブラステルやCMMといった格安国際電話会社の残高移行サービスを利用する方法。こちらはクレジットカードがあれば比較的簡単ですが、手数料相当額が結構高く、5万ルピアのリチャージで700~800円かかります。
そして、もう1つの方法は、現地で売っているバウチャーを使う方法。
意外なことに、バウチャーを使うリチャージは現地と同じ方法で日本でも行うことができるのです。
バウチャーの背面を削り、印刷されている番号をSMSで送ると、あっと言う間にリチャージ完了です!
但し、インドネシアで使っている携帯(スマホでもなんでも)が、GSMの電波しか掴まない機種の場合は、この方法は日本では使えません。(日本はGSMの電波は飛んでいないため)また、あらかじめインドネシア国内で国際ローミングの設定をしておく必要があります。

※バウチャーを使った日本国内からのリチャージの方法は、こちらにまとめてあります。

というわけで、私も専ら日本国内でリチャージする場合は、バウチャーを使っているのですが、最近はこのバウチャーが現地でなかなか手に入りにくくなってきました。その理由は、エレクトリカルチャージが普及し、バウチャーを使ったリチャージをする人が減ってきているからです。
ですから街中の携帯屋に行って、バウチャー売ってる?って尋ねても、エレクトリカルしかやってないよっていう店が激増しています。
数年後には、バウチャーが無くなっちゃうのかなあ?という心配もありますが、今のところはインドネシアに行くと、暇さえあれば携帯屋に寄り、バウチャーが売っていれば買い占める(苦笑)ようにしています!(有効期限に注意しつつ)
[PR]

by balineta | 2012-12-23 10:46 | その他インドネシア

香港の携帯電話

d0044965_950467.jpg香港ではプリペイドSIMはセブンイレブンなどでも売っており手軽に入手できます。ただしどのキャリアのSIMも売っているわけではないので、指名買いの時はキャリアのショップへ行くことになります。

左の写真は「3」のロゴで有名なHutchison Telecomのショップです。店頭はiPhoneを買い求める人たちでごったがえしていましたが、店員にプリペイドSIMを買いたいと告げると店の奥から出してきてくれました。

d0044965_1085986.jpgこちらがそのとき買ったSIMです。売価HKG$98で、当初チャージ額もHKG$98なので、電話番号の購入分は無料でした。ちなみに有効期限は180日間です。
今回数あるキャリアの中で「3」を選んだのは、リチャージがネット上(もちろん日本国内でも)でクレジットカードによって実行できるからです。香港でSIMを買うのは今回が2回目で、以前PCCWというキャリアのSIMを買ったことがあるのですが、こちらはリチャージがやりにくく残高を残したまま番号を失効してしまった苦い経験があったからです。

尚、香港は通話料やSMS送信も安く、携帯があるととても重宝しますが、回線使用料として毎月数香港ドルずつ残高から引かれていきます。(ホントわずかな金額ですが)
[PR]

by balineta | 2010-12-12 10:26 | 香港

ますます謎が深まるSimpati(笑)

d0044965_12271716.jpgさあ今回は「日本で出来るSimpatiチャージ方法探求!」のコーナーです(って、そんなコーナーあったっけ?)
まず左の画像をご覧ください。私のSimpatiなのですが、11月22日が有効期限となっています。さあ、すぐにリチャージをしないと電話番号が失効しそうです。。。

そこで、私が今することができるリチャージの方法は2つ。
1つは、インターネットを使ったオンラインチャージ。
もう1つは、バウチャーを使ったSMSチャージ。幸い私の手元にはRp.5万で45日間有効のバウチャーがあります。

で、私が選んだ方法はオンラインチャージ。
Simpatiの場合、どういうわけかオンラインチャージは上手くいかないことが多いのですが、今回利用するオンラインチャージのサイトは割と評判が良さげなので、私も試してみることにしました。

d0044965_12484833.jpgその評判がよさそうなサイトはこちらです。
SIMチャージと言えば、ありがちなのは格安国際電話会社がその片手間的に行うものですが、ここはSIMカードへの国際チャージを専門に取り扱うサイトです。
詳しくはサイトをご覧いただくとして、インドネシアのキャリアもSimpatiだけではなく、すべてのキャリアが対応可能のようです。

d0044965_12543547.jpgチャージの費用は若干高めです。
例えばRp.50,000で850円、Rp.100,000で1,550円となっています。(私はRp.5万を選びました)昨今の円高状況では、もう少し安くても…と言いたいところですが、緊急避難的な方法であるし、やむを得ないところです。

d0044965_12573141.jpgチャージの方法は極めて簡単。サイトの指示通り入力をし、決済はクレジットカードでOK。
決済後、左の画面が表示され、直ちにサイト側でチャージ手続きを実行します。
そして数分後、私のメルアドに「ロード(チャージのことです)成功」のメールが届きました。
と、ここまでは順調だったのですが…
肝心な私のSimpatiは待てど暮らせど残高は増えず、有効期間も延長されません(泣)
チャージを試みたのが20日の土曜日の昼間だったのですが、その日の夜になっても、そして翌朝21日になっても変化なしです。どうやら、またもやエラー発生です!
Simpatiのオンラインチャージは今までもあまりうまくいった記憶がないのですが、今回もダメなのでしょうか???
そして、私の850円は取られ損なのでしょうか(苦笑)

とまあ、うじうじ考えていたところで、Simpatiの有効期限は明日に迫っています。
やむなく手元にあったRp.5万のバウチャーでチャージを実行しました。
この方法は全く問題なく成功し、こちらからSMSを送信した直後にSimpati側からのチャージ受け付けましたのSMSを受信。
残高を調べてみると、Rp.324,511に増え、有効期限も2011年1月5日まで延長されていました。(それにしても5万のチャージで有効期限が45日間になってしまった。以前は確か60日で、それが50日になり45日になった。どこまで短くなるんだ!怒)

で、これで話が済んでしまったら、な~んだで終わっちゃいますよね。
でも、さすがSimpati。違うんです。

今朝(23日朝)、何の気なしにインドネシア携帯の電源を入れたところ、Simpatiから5万のチャージ受け付けましたのSMSが来ているではないですか!

d0044965_15165499.jpgなんで?って残高確認をしてみると、左の画像のようにRp.374,511に増えています。(ここまでは、まあ納得)
で、驚いたのは有効期限までが2011年2月19日に延長されています!!

プリペイド携帯の有効期限延長は、既存の有効期限日を起算日にして増えるのではなく、あくまでチャージをした日が起算日になるはずなので、2回チャージをしても有効期限はせいぜい1月6日くらいのはずなのに、2月19日というのはチャージをした11月21日のちょうど90日後にあたります。これって45日+45日という計算になるんでしょうか??

となると、もしかして同じ日に複数回のチャージをすると、それぞれの有効日数分が合算されて有効期限が延びるなんて裏技があるのでしょうか??

わからない!わからな過ぎませんか?!?!

ひとつだけ言えることは、オンラインチャージのサイト。結局1日程度反映されるのに時間差がありましたが、一応チャージは成功したようです。
今後、どうしてもほかに手段がない時は利用できそうですね。

ただ、何が起こるかわからないのがインドネシア携帯。
どうぞ、日本からのリチャージは有効期限に余裕をもって(笑)
[PR]

by balineta | 2010-11-23 16:07 | その他インドネシア

日本から simpati のリチャージ。バウチャー編

以前、日本から「simpati」をリチャージするのに、バウチャーによるチャージも可能であることを教えていただいたまま、なかなか実行する機会がなかったのですが、ようやく今日試してみることができました。

d0044965_1256460.jpg用意したのはsimpatiのバウチャー。バリ島滞在中に買ってきたもので、金額はRp.100,000にしてみました。

d0044965_13155324.jpgバウチャーの裏面です。「この部分を削る」と書いてあるところをコインなどで削ると、中から16ケタの数字(バウチャーコード)が出てきます。

d0044965_13181592.jpg以前は「888」番に電話をしてメッセージに従い、バウチャーコードを入力していたかと思うのですが、今ではその手続きがすべてSMSで出来てしまいます。便利だぁ~

では実際にやってみましょう。
こちらがリチャージ前の残高と有効期限。Rp.174,511で有効期限は2010年10月4日までです。

やり方は超カンタン!
*133*バウチャーコード16ケタ# と入力して送信するだけ。

送信して2~3秒後には、simpatiからリチャージ完了のSMSが届きました。

d0044965_132866.jpg早速確認してみると、お~、確かに増えてますね!!
残高がRp.274,511になり、有効期限も2010年11月22日に延長されています。

尚、バウチャーに小さな文字で、
active time:60days, recharging time:30days と書かれていますので、おそらく11月22日+30日間は有効だと思われます。(但し、11/22以降は新たなリチャージをするまでは、発信は不可で着信のみになるはずです)

この方法を日本で行うための準備として、あらかじめバウチャーを入手しておくこと(有効期限があるので注意)、そしてインドネシア国内で国際ローミング開通手続きをすること。方法は、IRと書いて6616番にSMSを送るだけでよかったはずです。
そして最も肝心なのは、電話機が3G対応機であること。GSM専用端末では、日本国内で電源を入れても残念ながら通信はできません。(日本国内はGSMの電波は飛んでいないので)
[PR]

by balineta | 2010-09-23 13:42 | その他インドネシア

日本からインドネシア携帯のチャージを試みました!

私はインドネシアで使うためにsimpatiのプリペイドSIM(携帯電話)を持っており、
電話番号の延命を滞在中に行っている(その一例はこちら)のですが、
昨年秋以降、現地へ行く機会がなく、プルサの有効期限が来月5日に切れてしまいます。

しかしながら、次の訪イネは早くてもGW。

そうなると選択肢は…

1.現地の知人にお願いし、electrical charge をしてもらう
2.潔く延命を諦め、次回の訪イネ時に新たに番号を買う
3.日本からリチャージする

ということになりますが、以前から興味がありながらも、なかなか実行する機会がなかった
3番目の選択肢を試みることにしました。

d0044965_12515568.jpg
現在の残高はRp.164,251。
そして有効期限は2010年4月5日になっています。
さあ、うまく延命できるでしょうか??
(ちなみに国際ローミングの手続きをしてあるため、私のsimpatiの残高状況は日本からも確認できます)
さあ、準備開始です。
まずはCMMという会社のサイトにアクセスします。
この会社は、格安国際電話の会社なのですが、サイトを見ると付帯サービスとして、インドネシアの携帯電話へ日本からリチャージもできると書かれています。
このサービスを利用してみるわけです!!

d0044965_12554546.jpg
あっ、私はたまたま以前からこの会社の「黄色いカード」を持っていたのですが、まずはこのカードを入手する必要があります。サイトで申し込めばすぐに無料で送ってくれます。
そしてこの黄色いカードにあらかじめ一定の金額(2,000円・3,000円・5,000円から選択)をプリペイドします。その際サイト上でクレジットカード決済可能です。

d0044965_13134083.jpgさて初期準備が済んだら、いよいよ本番です。リチャージは、全て日本の携帯電話のキー操作で行います。
まずは表記のアドレスに携帯から空メールを送ります。
するとすぐに折り返しURLが書かれた返信メールが届きますので、そこへアクセスします。

尚、PCサイトには“インドネシア携帯へのチャージは携帯電話の操作では出来ない”というような記載がありますが、それは誤りで、チャージ可能です。(ちゃんと訂正してほしいですね)
d0044965_1321127.jpg空メールで指定されたURLへアクセスすると、インドネシア携帯のキャリアがぞろぞろと表示されます。
ここに表示されたキャリアへはチャージ可能ということで、うれしいことにほぼ全てのキャリアを網羅しているのではないでしょうか。
d0044965_1325670.jpg私のイネ携帯はsimpatiなので、それを選びます。
simpatiの場合ですと、写真の通り4種類のチャージ額を選べます。
金額の横は各チャージ額ごとの電話番号の有効期間ですが、実際はこれより長いようです。(詳細は後ほど)
尚、各チャージ額に対応する必要なCMMの日本円ですが、Rp.20,000=¥330、Rp.50,000=¥810、Rp.100,000=¥1,535、Rp.150,000=¥2,345です。
かなり悪いレートですが、CMMの手数料も含まれているのでしょう。緊急手段として止むをえません。
d0044965_1342389.jpgキャリアを選んだ後の画面です。
PIN番号は、CMMの黄色いカードに書かれています。
相手先の電話番号は、国番号62+最初の0を除いた携帯電話の番号を入力します。ここで番号を間違えると、アカの他人の携帯にチャージすることになってしまいますので、慎重に!
入力はここまで。間違いがなければ、これで送信です。
d0044965_13585383.jpg最後に送信内容確認の画面になります。
Rp.50,000を指定の電話番号に移行しました。移行後のあなたのCMMの残高はいくらです。というような内容ですね。
さあ、本当に残高が移行し、イネ携帯のリチャージがうまくいったのか?
d0044965_145054.jpgそれでは、もう一度イネ携帯で残高を確認してみましょう~

おーーっと!プルサの残高はRp.214,251になっています。
ちゃんとRp.5万増えていますね。

次に有効期限。こちらも2010年5月19日に変更されています。
先ほど、画面上ではRp.5万のチャージでは有効期間30日と表示されていましたが、実際はこの通りで、本日から60日後の日付となっています。
ということで、保証はできませんが、simpatiの場合、実際は「表示上の期間+30日後」が本当の有効期限のような気がします。

てなわけで、無事に日本国内からイネ携帯へのリチャージが成功しました。
やり方もとっても簡単ですので、交換レートはかな~り悪いですが、こういう方法もあるよってことで、いざという時使ってみたいと思います。
[PR]

by balineta | 2010-03-20 14:20 | その他インドネシア

香港の携帯電話事情

d0044965_9252227.jpg
と、まあタイトルほど香港の携帯電話について知識があるわけではないのですが、今回の香港滞在時にプリペイドSIMを買いました。
それまでは日本の携帯(ドコモ)の国際ローミングを利用していたのですが、その料金のあまりの高さに嫌気が差し、ローカル用のSIMを買おうと思ったのです。

事前にネットで香港の携帯情報を調べ、またインドネシアでもプリペイドSIMを使用しているので、まあ何とかなるかなと思っていましたが、予想以上に簡単に購入からアクティベートまで済ますことができました。

まず香港には大手の携帯電話会社が3社くらいあるようで、プリペイドSIMはセブンイレブンでも買えます。(香港国際空港の出発階にも販売店があるので、ここで買って空港特急や空港バスの中でアクティベートしちゃうなんてこともできますね!)
私はホテルの近所のセブンイレブンで買いましたが、言葉の問題があるので、あらかじめSIMの画像(例えば、この記事の写真とか)をプリントして店員に見せると話が早いです。実際に私もそうしたところ、2種類のパッケージを出してどっちにする?ということなので、安いほう(68香港ドル)を選びました。ちなみに自分の買った電話番号はパッケージの中に書いてあります。

次にアクティベートです。
取説(広東語と英語)を読むと、「適当にどっかに電話すればよい」みたいなことが書いてあります。
ですので、SIMを携帯電話にセットし、たまたま持っていたガイドブックに載っている適当な店に電話しました。すると電話はその店には繋がらずに何故か携帯電話会社に繋がり、自動音声(英語と広東語を選べました)で、(うろ覚えなのですが)ダイヤル0を押せ、だったかな?の指示があり、押したら無事にアクティベートが完了したとのメッセージが流れました。(だったら、適当なところに電話しろ、じゃなくて電話会社のアクティベート専用番号みたいのを決めてくれればいいのに。苦笑)

アクティベートさえ済めば、音声通話もSMSも、とにかく香港内では料金が安いので全然残高が減りません。おまけにプリペイドの有効期間も180日あるので、インドネシアの携帯より「延命」が楽ですね。香港に年に2回以上行くよ!って人なら、値段も安いし持っていて損はないかと思いますね。

ついでに。。。

画像に付いている「手機換領券」 中を開くとこう書かれていました。
Customer can get a Motorola WX180 handset at $199 by submitting this coupon.
なんと、この券を出せば、モトローラのWX180という携帯電話機を199香港ドル=約¥2,400弱で買えるんですね。もちろん香港の携帯は日本のようにSIMロックなんてつまらない小細工はしていませんので、ついでに買っちゃうのもアリですね!
[PR]

by balineta | 2010-01-11 10:24 | 香港

銀行ATMを使ったプリペイド携帯リチャージ方法

今回のバリ島旅行も終わりが迫ってきたため、最後に私がバリ島で使っている携帯電話の
リチャージを行いました。
インドネシアのプリペイド携帯は、リチャージを繰り返すと、電話番号を
延命できます。リチャージ額によって延命期限が延びるので、なるべく高額の
リチャージをしたいのですが、町の携帯電話屋ではなかなか高額のリチャージが
できません。(せいぜいRp.100,000まで)

そこで、もしインドネシアにBNI(Bank Negara Indonesia)のキャッシュカードを
持っている知人がいたら!
これはチャンスです!銀行ATMを使った高額リチャージができます!
チャージ額を現金で渡し、食事でも1回おごれば、きっと協力してくれます(笑)

で、そのやり方は…
簡単なんですよ。

d0044965_2224788.jpg
まずはBNIのATMを探します。BNIは大手銀行ですので、ATMは比較的容易に見つかると思います。

d0044965_224747.jpg
ATMにキャッシュカードを入れると、言語を選択する画面になります。インドネシア語以外にも英語も選べますので、安心です。

d0044965_2252387.jpg
暗証番号(PIN)を入力すると、取引選択のメニュー画面になります。携帯のリチャージの場合は、PAYMENTを選びます。

d0044965_228320.jpg
私の場合はTELKOMSELですが、他社のプリペイド携帯のリチャージも出来ますね。

d0044965_229652.jpg
リチャージする携帯電話の番号をテンキーで入力します。081-×××と続いていきます。ここで番号の入力を間違えると、赤の他人の電話をチャージしてしまうことになりますので、慎重に、慎重に。

d0044965_22131427.jpg
いくらリチャージをするかの選択画面です。5万からなんと100万まで選べます。私はたいていリチャージ額と延命期限のバランスの良い15万を選ぶことが多いです。

ここまでの入力が済むと、最後にディスプレィに確認画面が出ます。
で、電話番号とリチャージ額に間違いがなければ、YESボタンを押して終了。
早速、ATMが交信を始め、数秒後にはレシートが出てきて終了です。

d0044965_22174491.jpg
間もなく、携帯にもSMSが届きます。ちゃんとリチャージが出来て、電話番号の期限が延びているのも確認できますね。

と、流れを説明するとこんな感じです。(多少、画面の説明を省いていますが)
ねっ、簡単でしょう!

注意点は、銀行ATMのリチャージも通信回線の関係で、たまにエラーになります。今回も実はある一日はずっと通信エラーでダメでした。翌日は全く問題なくOKだったのですが…
ということで、少し日程に余裕を持っていたほうがよいかと思います。

それと、銀行ATMのリチャージはBNI以外の銀行でも可能です。但し、リチャージ額に限度があるなど、BNIとは異なる場合もいろいろあるようです。
[PR]

by balineta | 2008-11-23 22:29 | バリ島

インドネシアの携帯電話に日本でリチャージできる方法!

ソフトバンク(ボーダフォン)に加え、ドコモもGSM携帯のラインナップが増えたことから、インドネシアなど海外に出かけた際も、国際ローミングを使うことにより携帯電話が随分と使いやすくなりました。
ただ、国際ローミングの通話は全て日本を経由することになることから、通話料がかなり高額となります。例えば、クタからジンバランに電話するにも、クタ→日本→ジンバランと転送されます。
それでも自分が発信する側なら、通話料が高額になるのも仕方がないと諦めもつきますが、問題は電話をかけてもらう場合。相手の人にあの高額な通話料金を負担させるのは気がひけますよね。

そこで、インドネシアの携帯電話キャリアの電話番号(プリペイド式)を買って使っている方もいらっしゃると思いますが、最大の難点は電話番号に期限があること。リチャージ期限を過ぎると電話番号もプリペイドしていた残額も全てクリアされてしまいます。

対策としては、インドネシアに旅行する度に電話番号を買い、余ったら捨てると割り切ってしまうか、もしくは一定の間隔でインドネシアに旅行し、その都度リチャージをして期限を延長するかのどちらかとなります。前者のほうが楽ですが、欠点はその都度電話番号が変わってしまうことで、せっかく現地の電話番号を所持したからには、やはりベストは後者のように同じ番号を使い続けることだと思います。

しっかし、そうそうインドネシアに行けるわけでもないし、なんとか日本にいながらリチャージできる方法はないかなあと探していたところ、なんとその方法がありました。
それでは、前置きが長くなりましたが、その方法をご紹介します。

その方法はこちら
[PR]

by balineta | 2008-07-27 14:42 | その他インドネシア

国際ローミング

d0044965_21212544.jpg

「国際ローミング」と言っても、日本の携帯電話を海外で使うってことではなくて…

インドネシアの携帯電話も国際ローミングできます。
上の写真は、私の自宅で撮ったものです。

先日、バリに行った際、国際ローミングの手続きを済ませました。
手続きといっても、Simpatiの場合、SMSを送るだけなので、
きわめて簡単です。(他のキャリアは持っていないのでわかりませんけど、
たぶん同じように簡単だと思います)

国際ローミングですから、日本にいながらSMSの送受信や
プルサの残高確認(上の写真がそれです)ができます。

でも、何故か何故か、通話ができません(涙…)
なにか設定に問題があるのかなあ???

とりあえず、日本にいながら自分のSimpatiの残高や有効期限がわかるので、
インドネシアに知人がいれば、チャージを頼んでも安心感が違いますよね。
すぐに、チャージの内容がSMSで送られてきたり、画面でチェックできますから。

インドネシアの携帯ミニネタでした。
[PR]

by balineta | 2008-06-10 21:42 | その他インドネシア