タグ:ホテル ( 59 ) タグの人気記事

The Oasis Lagoon Sanur プール

The Oasis Lagoon Sanurにはプールが2つあります。(正確に言うと、水面は繋がっていますが、泳いでは行けません。潜っていけば、行けないことはないと思いますが…)

d0044965_18282047.jpg
こちらがメインプール。
メインと言っても、そんなに大きなプールではありません。


d0044965_18292945.jpg
プールサイドからもう1枚。
対岸のプールサイドの部屋はプールアクセス。部屋からそのままプールに入れるのは気持ちいいでしょうね。


d0044965_18313822.jpg
一方、こちらはサブプール。私の部屋から見下ろすことのできたプールです。
ご覧の通り、細長い。また客室棟に挟まれているため、せっかくのアウトドアプールですが、あまり陽があたらないので、なんとなくうら寂しい雰囲気のプールです。実際、こちらで泳いでいる人はほとんど見かけませんでした。


d0044965_1836651.jpg
サブプールも1階の客室はプールアクセスになっていました。
[PR]

by balineta | 2015-10-18 18:43 | バリ島

The Oasis Lagoon Sanur 朝食

d0044965_1805834.jpg
朝食は、ホテルの一番正面、JL.タンブリンガンに面した場所にあるレストランが会場となります。
ただ、どうも客室数に比べ、レストランのキャパが小さいようで、滞在中毎朝、レストランは席を見つけるのも大変なくらい混雑していました。写真ではわかりませんが、アウトドアの席もあるのですが、そちらもいつも混んでました。


d0044965_1874493.jpg
朝食のメニューは、ビュッフェスタイルで、洋食とインドネシアンがメイン、ちょこっと中華っぽいおかずもありました。卵料理は、エッグステーションで作ってくれますが、こちらも混んでいて行列が出来るほどでした。
味については普通。メニューの種類はまあ充実していたかと思います。
[PR]

by balineta | 2015-10-17 18:12 | バリ島

The Oasis Lagoon Sanur 客室

今回のバリ島旅行。
最初の滞在地はサヌール、ホテルは The Oasis Lagoon Sanur です。
以前は結構強気の料金設定でしたが、サヌールも新しいホテルが次々と誕生し、
競争が激しくなってきたからか、最近は手ごろな価格帯まで下がってきました。

d0044965_21493663.jpg
ベッドルーム。
アサインされたのは、Deluxe Room 3階の客室でした。
部屋の広さは、バリ島では標準クラスでしょうか。


d0044965_228841.jpg
ベッドルームを違う角度から。
テレビは、NHKプレミアムが見れました。テレビの下にあるのは冷蔵庫。
明りの向う側はシャワールームです。シャワールームとベッドルームの仕切り(壁)は、木製となっており、部屋の中のよいアクセントになっています。
客室内でWi-Fiも無料で使えますが、(たまたま位置が悪かったのか)私の部屋は電波状態があまりよくなかったですね。セィフティボックスは暗証番号式でした。


d0044965_22223587.jpg
シャワーブース。
バスタブはありません。またシャワーも固定式でちょっと使い難かった。
写真はありませんが、トイレは簡易型のウォシュレットが付いており、これは◎でした。


d0044965_22293589.jpg
窓の外は、こんな感じの小さなバルコニーになっています。(構造が面白い)
柵に沿って、板が張り廻られており、ここに座ることもできるので、ちょうど良い宴会スペースみたいな使われ方もしていました。


d0044965_2247369.jpg
窓の外はこんな景色。
ちょっと向かい側の棟までの距離が近いかなあ…
あまり落ち着きません。


d0044965_22483043.jpg
見下ろすと、細長いプールが見えます。
1階の部屋は、部屋から直接プールに出入りできるプールアクセスの部屋になっています。
尚、こちらのプールは幅も狭くサブプール的な扱いで、実際に泳いでいる人もほとんど見かけませんでした。
[PR]

by balineta | 2015-10-16 23:09 | バリ島

トップモーテル

d0044965_67926.jpg
こちらは釜山駅。さすが、韓国第二の都市だけあって、やたら立派な駅です。


d0044965_68836.jpg
その釜山駅から徒歩5分以内。
今回の宿「トップモーテル」があります。
ホテルじゃなくて、モーテルです。
モーテルっていうと、我々日本人的は「えっ!」って感じですが、韓国では、「モーテル=安いビジネスホテルや旅館」っていうイメージのようで、普通に旅行などで泊まる宿泊施設のようです。(もちろん、韓国でも「えっ」っていう使い方もアリのようですが・・・)

フロントのおっちゃんは、日本語はおろか、英語もNG。何とか話が通じ、部屋に通されました。こういう面では、外国人があまり泊まるところではないんだなと思いました。


d0044965_6163034.jpg
こちらが客室。部屋は狭いです。床はオンドルになっているようです。で、ベッドではなくて、床に直接寝具がどどーん!(苦笑) 尚、ちらっと見えた他の部屋では、ベッドのある部屋もありました。
窓は、開閉可能な小さな窓がありますが、見えるのは隣のビルの壁だけ。


d0044965_6214928.jpg
アメニティも日本の安いビジネスホテル並みのものはありました。
バスルームはバスタブ付き。その一方、セーフティボックスはありませんでした。
笑っちゃうのは、チェックアウト。朝からフロントに誰もいない。で、チェックアウト客は、フロントに鍵を置きっぱなしで、そのままサヨナラ。チェックアウト時間も決まりがあるのかないのか(まあ、あるんでしょうけど)、何も言われそうもないので、翌日も昼前まで部屋を使うことができました。(その時間になってもフロントは無人。私も鍵をフロントに置きっぱなしでチェックアウトしました!)

ということで、結論。
韓国のモーテルは、宿泊料金を抑えるためには選択肢に入れてもいいとは思います。最低限、寝るだけなら許容範囲かなと思います。ただ、連泊はいやかなあ。。。
[PR]

by balineta | 2015-10-03 06:36 | 韓国

ホテルで食べるカオマンガイ 美味い!

バンコクに来ると一度は食べるカオマンガイ。
いつもはピンクのカオマンガイ屋に行くのですが、今回は現地在住の日本人イチオシと噂の、
THE MONTIEN HOTEL BANKOKというホテルの中にあるRUENTONというレストランの
カオマンガイを食べに行ってきました。

d0044965_18465968.jpg
レストランの場所は、ホテルの1階。正面玄関を入り、右手方向、ショップや高級中華レストランなどを過ぎた奥のほうにあります。
そして、こちらがレストランの入口です。お昼時なので混んでいるかと思いましたが、店内は広く、またホテルのレストランなので、昼時でもガヤガヤした喧騒とは無縁のようです。
レストランに入ろうとすると、入口で待機するスタッフから「チキンライス?」と聞かれました。
どうやら、チキンライス目当ての客が多いんですね。


d0044965_18524593.jpg
席に通され、待つこと約10分。
ついにカオマンガイのお出ましです!!
見てください!なんて美味そうな肉でしょう。そしてボリュームもたっぷり!
肉だけではありません。ご飯も山盛り。もちろんこの鶏の出汁で炊いたご飯が美味しくないはずがない!!
たれが4種類もあるので、ただでさえ美味しい肉が、さらに味のバリエーションを楽しめます。


d0044965_19383271.jpg
肉のアップも付けときます!
とにかく、庶民系カオマンガイとはボリュームが違います。
ちょっと肉の量とか物足りないなあ、と思うこともありますが、ここは違う!十分に満喫できました。

お値段もそれなりで、THB280で税サ別です。でも、それだけの金を払う価値はあると断言します。
カオマンガイ好きの皆さん、ぜひ一度食べに行ってみてください。カオマンガイの世界観が変わります!
[PR]

by balineta | 2015-09-27 19:43 | タイ

Amora NeoLuxe Hotel(アモラ ネオラックス ホテル)その他の施設

d0044965_2205940.jpg
このホテル、ホント、リーズナブルな割には施設が充実している。
最上階には、こんなトレーニングルームがありました。
そしてガラス越しに見える屋外には・・・


d0044965_2264223.jpg
なんとまあ、プールまでありました。
長さ15mくらいかなあ?そこそこ泳げる長さですね。
[PR]

by balineta | 2015-09-15 22:09 | タイ

Amora NeoLuxe Hotel(アモラ ネオラックス ホテル)の客室とレストラン

d0044965_21365622.jpg
大した景色ではありませんが、窓から見えた景色はこんな感じでした。


d0044965_21375758.jpg
バスルームです。
このランクのホテルには珍しく、バスタブ(それも深い!)付きでした。
立地上、日本人ゲストを意識しているのかなあ??


d0044965_21395541.jpg
ホテルの地下にはレストランがあります。
朝食付きの宿泊でしたので、利用してみました。


d0044965_214132.jpg
朝食はビュッフェスタイルです。
テーブルに着く前に、スタッフから卵料理の希望を聞かれ、奥の厨房で作ってくれます。
ホント、このクラスのホテルにしては、サービスは二重丸だと思います。
[PR]

by balineta | 2015-09-14 21:45 | タイ

Amora NeoLuxe Hotel(アモラ ネオラックス ホテル)の客室

スワンナプーム国際空港から空港電車でマッカサン駅まで移動。
それにしても、空港電車は便利なんだけど、本数が少なく、編成も短く(3両編成)、その上途中駅の乗降もあるので、やたら混んでいる。エクスプレスの運行を休止するんだったら、その分普通電車のほうを充実させてほしいなと思う。
マッカサン駅でMRTに乗り換えて1駅目。スクンビット駅下車。今回滞在するホテルは、スクンビット駅から徒歩10分ほど、ソイ31にある「Amora NeoLuxe Hotel(アモラ ネオラックス ホテル)」です。


d0044965_932010.jpg
部屋の広さはまあこんなものかと。ただ、お安い宿泊料金にしては十分に合格点だと思います。


d0044965_9371062.jpg
なかなか便利に使えたミニソファ。こういうサクッと座れる椅子があるのは有り難い。


d0044965_940469.jpg
ソファ側から部屋を見ると、こんな感じ。
もちろんWi-Fiは無料で使えます。また暗証番号式のセフティボックスも完備。写真には写っていませんが、開閉可能な小さな窓もありました。(景色は・・・でしたけど)まあ、エコノミーなホテルは窓のないホテルもあるので、外の景色や天気がわかる窓の有無は大事なポイントですよね。
[PR]

by balineta | 2015-09-13 09:59 | タイ

パラダイスサイゴンホテル 朝食続き

d0044965_1033891.jpg
朝食レストランには、エッグステーションもあり、卵料理もオーダーすることができます。


d0044965_10341381.jpg
また、エッグステーションはヌードルバーも兼ねており、フォーをはじめ、いろいろな麺も作ってもらえます。
写真の麺は、注文の際に「フォー」というつもりが、つい習慣で「ミー」と言ってしまったら、作ってくれた料理です。ベトナムでも「ミー」は通じるのでしょうか(笑)?


d0044965_10413361.jpg
レストランからの景色。
ホーチミンはあまり高層の建物が多くないので、眺望は利きますね。
[PR]

by balineta | 2015-08-29 10:43 | ベトナム

パラダイスサイゴンホテル 朝食

d0044965_2216827.jpg
朝食会場となるレストランはホテルの最上階にあり、レストランからの景色もなかなか良かったです。
で、朝食はと言いますと、ブッフェスタイルで、洋中バランスの取れたメニューです。味も美味しい。


d0044965_22183529.jpg
フルーツも、なかなか朝食ブッフェではお目にかかれないようなものもあり、楽しい!
また、フルーツの横に写るヨーグルト。これが自家製で実に美味い!!毎朝2~3個食べてました。(ホントはもっと食べたかった)このヨーグルトを食べるだけでも、また泊まってもいいかもと思えるほどでした。
[PR]

by balineta | 2015-08-27 22:22 | ベトナム