GA418便 CGK(ジャカルタ) --- DPS(デンパサール)

ジャカルタで約3時間のトランジットを経て、GA418便でいよいよデンパサールに向かいます。

本当はトランジット時間をもっと短縮したいのですが、何と言っても悪評高いジャカルタでの
入国手続きを考えると、タイトなスケジュールは怖くて組めません。
今日もあいかわらず、やる気の全く感じられないビザ売りのおっさんと入国審査官にイラッとしつつ、
なんとか入国を済ませ、荷物を受け取り、GAの乗り継ぎカウンターに向かいました。

最近変わったなあと思うのは、かつてはジャカルタ名物やる気のない三羽烏の一員だったGAのスタッフが、今では見違えるようにやる気をだし、フレンドリーになったこと。やっぱり、スカイチームに入り、自覚も生まれてきたのかな。

d0044965_6233652.jpg
そして、こちらがGA418便の機内食。
インドネシアっぽい味で美味しかったですよ。
ということで、怒涛の機内食画像連発も一旦終了。バリ島に到着です!!
[PR]

# by balineta | 2014-06-29 06:27 | エアライン

JL725便 NRT(成田) --- CGK(ジャカルタ)

旅の始まりは、JAL725便でジャカルタへ向かいます。

d0044965_17101291.jpg
Cクラスの機内食。
「空の上のオーベルジュ」BEDDがコンセプトだそうです。
因みにBEDDの意味は、BEDにもうひとつDが加わった造語で、
最後のDは、Dine、Delicious、Dreamの意味が込められているそうです。

上の写真は前菜とスープ、パンなど。サラダは、ホロホロ鳥のスモークサラダです。


d0044965_17142148.jpg
こちらがメインの「和牛サーロインステーキ」でございます。
このステーキは本当に美味しかった。今までの他のエアラインでの経験も含めた、私の機内食の記憶でもトップ1と言えるくらい美味しい肉でした。こってりしたソースをかけずに、粟国の塩をちょっとふって食べたことで、肉の旨味を十分に引き出すことができたかなと思います。


d0044965_17222560.jpg
デザートは「マスカルポーネのムース」です。(と、メニューに書いてあります。)
マスカルポーネって何でしょう?(苦笑)
私は甘いものもOKなので、美味しく頂きました。


d0044965_17253291.jpg
ちょっと残念だったのが、機内で使える(はずの)Wi-Fi。
有料なので、初めにクレジットカード番号などを入力して認証手続きを行うのですが、どういうわけか電波状態が極めて悪く、途中でブチブチ切れたり、圏外になったりの繰り返し。
何度かトライしたのですが、一向に認証完了まで進まないので、諦めてシートをフラットにして、ジャカルタに着くまで惰眠を貪ることにしました・・・。まあ、認証までうまくいって課金されるようになってから、ブチブチ切れるよりはまだ被害がなくて良かったかなと。
[PR]

# by balineta | 2014-06-28 17:33 | エアライン

成田空港 サクララウンジの朝食

続いてのアップは、今年のGWのバリ行きです。

d0044965_2314255.jpg
成田空港 サクララウンジの朝食です。
何だか同じような、代わり映えのしない写真ばかりですいません・・・
[PR]

# by balineta | 2014-06-24 23:04 | エアポート

JL94便 GMP(金浦) --- HND(羽田)

今回はソウル日帰りの旅でした!
金浦だと地下鉄で市内にもすぐに向かうことができるので、
日帰りでもそこそこ楽しめます。(あくまでも、「そこそこ」ですけど)

d0044965_933483.jpgスーツケースなど、持ち歩くのが面倒なものは空港から空港駅に向かう地下道の途中にある、ロッテモール内のコインロッカーがお薦め!
1回100ウォンですが、当日中に荷物を出せば、お金が戻ってきますので、実質的には無料で使えます。
両替機もあるので小銭が無くても大丈夫。
空港内でも荷物預けはありますが有料だし、帰りに金浦のロッテで買い物をすることを考えているなら、断然ロッテのコインロッカーがお勧めです!


d0044965_917255.jpg
JL94便、Cクラスの機内食です。
「鴨団子」「秋刀魚甘露煮」「サーモン柚子胡椒焼き」など。。。

金浦のJALが使う大韓航空ラウンジは悲惨なほど粗末。ジャカルタのラウンジよりしょぼい。
そして致命的なのは出国手続きの手前のランドサイドにあるため、ゆっくりできません。

というわけで、ラウンジでは大して飲み食いもせずに搭乗したので、機内食はきれいに食べ尽くしました。
そしたら、行きと違い、帰りはスチュワーデスに「きれいに食べて頂いてありがとうございます」と
感謝されてしまいました。
[PR]

# by balineta | 2014-06-22 09:43 | エアライン

JL91便 HND(羽田) --- GMP(金浦)

d0044965_14153550.jpg
羽田離陸。
平行するA、C滑走路から同時に離陸したJAL機です。
この後、あちらの飛行機はそのまま直進し、我が機は大きく左旋回していきました。


d0044965_14201646.jpg
中央に写っている建物、何だかわかりますか?
日本最大のサッカー専用スタジアム「埼玉スタジアム」です。


d0044965_14223575.jpg
Cクラスの機内食。
「烏賊の握り」「鯵南蛮漬け」「豚の味噌餡かけ」など。
やっぱり日韓線はCクラスでも機内食がしょぼいね。味は可もなく不可もなく。
羽田のラウンジで美味しいワインと朝食を頂いたばかりでお腹いっぱいだったので、機内食をほとんど残してしまうと、スチュワーデスが「お口に合いませんでしたか?皆さん結構残されているんで・・・」と言うので、「いやいや、羽田のラウンジで食べすぎちゃって」と説明しておいた。
[PR]

# by balineta | 2014-06-21 14:31 | エアライン

サクララウンジ 朝食

d0044965_21231617.jpg
こんな朝食を頂きました。
ご飯に和洋折衷のおかず。
そして、トマトジュースにロゼのスパークリング。
変な組み合わせだ(汗

メゾンカイザーのパンもありますけど、やっぱり米食に走ってしまう・・・・・
[PR]

# by balineta | 2014-06-18 21:25 | エアポート

羽田空港国際線 JALサクララウンジ スカイビュー

羽田空港国際線ターミナルが今年の3月30日に増床オープンしましたが、
その増床部分に作られたJALの新しいラウンジ「サクララウンジ スカイビュー」です。
(以前からのサクララウンジもリニューアルオープンしています)

先日、早速体験してきました!

d0044965_21423159.jpg

d0044965_2143441.jpg

d0044965_2143214.jpg

まずはこの3枚の画像は、広々としたダイニングエリアです。
新しくて、きれいで、気持ちいい!!
ちなみに食事のメニューは、スカイビューも以前からのサクララウンジも同じという説明を受けました。


d0044965_2147193.jpg

d0044965_21474157.jpg

そして、この2枚はバーカウンターです。
季節が春ということもあり、桜色(ロゼ)のスパークリングワインがありました。
朝からちょっと頂いて夢心地・・・ 快適過ぎて、飛行機に乗り遅れないようにしないと。


d0044965_21522254.jpg

こんな座り心地の良さそうなシートもありましたが・・・


d0044965_2205047.jpg

何と言ってもウリはこちら。「スカイヒル」
ヒル=丘、ということで、少しずつ傾斜がつけられており、どのシートからも駐機場や滑走路の景色が
よく見えるような設計になっています。
[PR]

# by balineta | 2014-06-17 22:07 | エアポート

再開します

気がつけば、なんと6か月間も更新しないまま
時間が過ぎていました・・・

今週末あたりから、再開します。

随分と間が空いてしまったので、

最近の旅ネタから遡っていきましょうか。。。

またひとつよろしくおねがいします!!
[PR]

# by balineta | 2014-06-16 21:03 | その他

ガルーダ2014年カレンダー

d0044965_20215146.jpg
今年もあとわずか。
この時期恒例の、来年のガルーダインドネシア航空カレンダーのご紹介です。
ラインナップは例年通りで、左がガルーダインドネシア航空、右がガルーダオリエントホリデーズのカレンダーです。いずれも卓上型です。


d0044965_20245316.jpg
まずはガルーダオリエントホリデーズのカレンダーです。
来年のカレンダーも、バリ島のリゾートホテルが各月を飾っています。
インドネシアのリゾートはバリ島以外にもいろいろとあるので、ぜひそちらも紹介してほしいところですが、旅行会社のカレンダーゆえ、なかなか難しいのかもしれませんね。


d0044965_20302791.jpg


d0044965_20304640.jpg
毎月を飾るリゾートホテルのいくつかをピックアップしてみました。
どこも素晴らしいリゾートばかりで、改めてバリ島ってすごいなと思えます。


d0044965_20325375.jpg
一方、大きく方向転換したのがガルーダインドネシア航空のカレンダー。
今年までは、コンクールで入選したインドネシア各地の風景写真を使っていましたが、2014年は、完全な自社のPR画像となってしまいました。
例えば、最新鋭機ボーイング777の機内の紹介や、機内で行う入国手続きの紹介などの写真が毎月続きます。
それはそれで、まあガルーダファンにはいいんですけど、やはりインドネシアの風景が良かったかなと。

ということで、今年一年お付き合いくださりありがとうございました。
皆さまもよい年末&お正月を~
[PR]

# by balineta | 2013-12-22 20:41 | エアライン

GA 羽田~ジャカルタ線 運航時刻(未確認情報)

羽田空港の国際線枠拡大もあり、ガルーダは2014年上期に
羽田~ジャカルタ線の就航を発表しています。

まだ、ガルーダの公式サイトには就航日やダイヤは発表されていませんが、
どうやらこんな感じのようです。

◆就航開始 2014.06.15のジャカルタ発GA874便より。

◆ダイヤ
GA874 CGK 13:15 --- 22:45 HND
GA875 HND 00:45 --- 05:55 CGK(06/16より)

羽田からは既に公式発表済のNH便も3/30より就航しますので、
毎日2便のフライトが飛ぶことになります。
今のところ、成田~ジャカルタ便を運休するという話もありませんので、
そうなると・・・東京~ジャカルタ間は!
羽田便 NH1便 GA1便
成田便 NH1便 GA1便 JL1便
なんとまあ!1日5便も飛ぶ激戦路線になります。

羽田便のないJLは相当キツイかもしれませんね。
[PR]

# by balineta | 2013-12-21 17:57 | エアライン

ANAとガルーダ 包括提携を締結

既にANAやガルーダのサイトでも発表されていますが、2社が包括提携することを
発表しました。

提携の内容は、コードシェア便の運航と、マイレージサービスの相互利用です。

まずコードシェア便の運航により、ANAジャカルタ便から、インドネシア各地への
ガルーダ便をANAの便名で予約することができるようになります。
(ANAの日本国内線をGAの便名で予約することも可)

また、マイレージサービスの相互利用により、GA便のフライトマイルをANAの
マイレージに貯めることができるようになります。
(ANAのフライトマイルをGAのマイレージに貯めることも可)

特に驚いたのは、マイレージの提携です。
というのも、ガルーダは来年3月にスカイチームに正式加盟することが決まっており、
それにもかかわらず、スタアラのANAと組んだというところがインパクト大です。
本邦航空会社にスカイチーム加盟の航空会社はないので、今後ガルーダのマイルを
ANAで貯める人が増えそうですね!

今回のプレス発表では、いずれの提携も実施時期を明示していません。
実施時期等の詳細発表が待ち遠しいですね。

おまけ:もともとGAはJLと友好的だったんですけどね。(バゲージスルーで便宜を図ったり…)
かつてNHがインドネシアに就航した時も、GAとJLがタッグを組んでいろいろ画策した結果、
NHの運航時刻が変な時間帯になったという話も…(噂ですけどね)
そんなGAがNHと組むとは・・・ それだけJLの力が落ちたってことでしょう。
[PR]

# by balineta | 2013-12-21 17:36 | エアライン

イムちゃん

d0044965_1433487.jpgプロンポン界隈で有名なタイ料理の食堂(インドネシア風に言えばワルン)の「イムちゃん」にも行ってみました。

「イムちゃん」は、BTSの通るスクムビット通りの両サイドにあり、どちらもローカルや旅行客でいつも賑わっています。

店員に日本語は通じませんが、メニューは写真付きで、しかも日本語も併記されていますので、指さし注文で何とかなります。


d0044965_1493616.jpg
料理の名前を忘れてしまったのですが、左がご飯もの、右がスープです(って、見ればわかりますよね)

味は万人受けというか、それほどクセがなくて美味しい。また値段も安くボリュームもあるので、近くにステイしていたら何度も足を運んでしまう価値のある食堂だと思います。
[PR]

# by balineta | 2013-12-14 14:12 | タイ

Cathay Pacific Flashmob @ HKIA 2013

そして、こちらは毎年恒例のキャセイパシフィック航空スタッフによるフラッシュモブ。

こういうことをやってのけるキャセイのスタッフはすごい。

場所を提供する香港国際空港の協力体制もすごい。

やっぱり、キャセイかっこいいなあ。あ~、香港行きたいよ~


[PR]

# by balineta | 2013-12-13 19:54 | エアライン

WestJet Christmas Miracle: real-time giving

海外のエアラインは、こういうことを本当にやっちゃうところがすごいよね。

[PR]

# by balineta | 2013-12-13 19:21 | エアライン

ANA 2014年3月30日より羽田~ジャカルタ線就航

来春の羽田空港の昼間の国際線発着枠拡大により、ANAが羽田~ジャカルタ線を就航させることを
公式サイトで発表しました。

ダイヤは・・・
NH855 HND10:05 --- 15:40CGK Daily
NH856 CGK21:25 --- 07:10HND Daily
機材はボーイング787です。3月30日より就航

成田~ジャカルタ線も運航時刻を大幅に変更し存続します。(3月30日より)
NH835 NRT17:40 --- 23:30CGK Daily
NH836 CGK06:25 --- 15:55NRT Daily

このように、現在の成田線のダイヤがほぼ羽田に移行した感じですね。
その一方、新たな成田線は日本からはやや使いにくいダイヤとなり、
どちらかというと、インドネシア側の需要を狙っているような気がします。

その他、ANAは羽田~シンガポール線、羽田~バンコク線の増便も行われ、
現行の真夜中便に新たに昼間便が加わることになり、相当便利度が増しますね。

羽田の枠をあまりもらえなかったJALは引き続き成田をメインにせざるを得ず、
利便性にかなり差がついてしまうことになりそうです。

その他、ANAの詳しいダイヤ情報はこちらへ
[PR]

# by balineta | 2013-12-09 22:16 | エアライン

センセーブ運河ボート

カオマンガイを食べて、BTSチットロム駅へ戻る途中、センセーブ運河のボート乗り場の近くを通りました。
時間にしては平日の夕方5時過ぎ、ちょうどサラリーマンの帰宅時間帯です。

橋の上から見ていると、このボートの乗船が、やたら凄まじいのです。

d0044965_23581853.jpg
動画ではないのでわかりにくいのですが、とにかくボートが乗り場に着岸すると、いや正確に言えば着岸直前には、乗り場でスタンバイしている客が一斉にボートになだれ込む!なだれ込む!!
すると、乗り場側からボートへ強い力がかかるわけで、その勢いでボートが大きく揺れ、乗り場から運河の中央へぐぐっと動き、ボートが岸から離れてしまう状態になるわけで、傍から見ていると、乗り込んでいる客が運河に落ちるんじゃないかと思えるほど。


d0044965_09127.jpg
しかしながら、私の心配をよそに、ボートは何事もなかったかのように、乗客を満載して出航していきます。
船着場には、次のボートが下船客を降ろしています。


d0044965_011450.jpg
そしてまた同じ光景が!
大きな荷物を持っていたら危なそうだなあ。子供も相当危険かと。観光客が試しに乗ってみるかっていうレベルじゃなさそうですね。(チャオプラヤーエクスプレスとは比べ物にならない!)

実際に、ローカルの人でも年に何人かは運河に転落しているらしく、あの恐ろしく汚い運河に落ちたら、一発で悪い病気に罹りそう。
バンコクのサラリーマンは通勤も命懸けだ!
乗るのはともかく、乗り場の見物は興味深いですよ。とにかくボートがぐわ~っと動き、本当に運河に落ちるんじゃないかと思えますから。
[PR]

# by balineta | 2013-12-08 00:21

ピンクのカオマンガイ

d0044965_20382617.jpg
「ピンクのカオマンガイ」で有名な、ガイトーン・プラトゥーナムに行ってきました。
カオマンガイとはチキンライスのことで、私はシンガポールでは必ず食べるのですが、さて、バンコクのお味は如何に?

店は、BTSのチットロム駅から伊勢丹のある大通りを北へ歩き、センセーブ運河を越えた最初の交差点を右に曲がると50~100mくらいの場所にあります。割とわかりやすい立地だと思います。
店の名前はタイ語で書いてあるのでさっぱり読めませんが、店員がおそろいのピンクのポロシャツを着ているので、これが絶好の目印になりますね。


d0044965_20523050.jpg店頭で鳥を捌く店員もピンクです!

大人気店でいつも店内の席は混み合っているので、ローカルの人々はテイクアウトも多かったです。


d0044965_20562881.jpg
そして、こちらがカオマンガイでございます。

味は評判通りおいしいですねえ~。せっかく来たのでお替りしようかと思ったほど。。。
シンプルで毎日食べても飽きなそう。こういう味こそ、本当に美味しいと言えるんでしょうね。
[PR]

# by balineta | 2013-12-07 21:27 | タイ

死体博物館の見学

d0044965_18362295.jpgワットポーの参拝後、再びターティアンの船着き場に戻り、チャオプラヤーエクスプレスに乗り、ワンラン(WangLang)を目指します。
先ほどは超満員の船でしたが、今度はまあまあの混雑。船は渋滞知らずなので、バンコク市民の貴重な交通機関になっていますね。

ターティアンからワンランは、ほとんど川の対岸みたいなものなので、5分程度で到着です。


d0044965_18413990.jpgワンランに行った理由は、シリアート病院構内にある法医学博物館、いわゆる死体博物館の見学のためです。
病院はワンランの船着場のすぐそばにありました。とりあえず構内に入るとやたら広いのですが、「Museum 博物館」と書かれた標識がいくつかありましたので、それに従って進めばなんとかたどり着けそうです。(ちなみに博物館は28号館にあります)

28号館に着くと、1階に守衛さんがいて、名前と入館時刻を台帳に記入させられます。そして階段を上がって2階へ進むと、いよいよ死体博物館の入口です。

「地球の〇き方」には、さもおどろおどろしく書かれていたので、どんなところかと期待(?!)していたのですが、実際は、明るい雰囲気で、入口ゲートなんてシネコンみたい。イメージ的には、薄暗くて消毒液の臭いがするような場所かと思っていたのですが・・・
さすがに中の展示物はグロいものも多いでしたが、タイ人の若者達は、女子もこの気持ちの悪い展示を楽しそうに見ていました。価値観の違いですかね。
ちなみに館内は撮影禁止でしたので、写真はありません。。(撮っても気持ち悪いだけだけど)

そうそう、それと「〇き方」には入場料が40バーツと書いてありますが、外国人料金は300バーツです!さすが「〇き方」だ。(苦笑)

見学は1時間弱で終了。リピートは無いな。興味のある方なら1回はおもしろいかも。

その後、病院前のバス停から177番系統のバスに乗って、マーブンクロンセンターまで戻ります。
177番のバスに乗ればいいことは事前に調べておいたのですが、バス停にはまともに系統番号が書かれていないし、タイ文字は読めないし、香港のシステマチックな路線バスとは違い、バンコクの路線バスは難易度が高いですね。


d0044965_2181587.jpg15分位待って、やっとバスが来ました。
ボロボロのバスですが、一応エアコン付きのバスなので、まだマシなほうですね。バンコクのバスは必ず車掌さんが乗っているので、「マーブンクロン」と言い、手のひらの上にコインを並べてみせると、そこから12バーツを受け取り、切符をくれました。

最初は軽快に走っていたバスも、チャオプラヤー川を渡り、都心側に入るとバンコク名物の大渋滞に巻き込まれ、結局私も途中下車し、BTSで次の目的地に向かいました。
[PR]

# by balineta | 2013-12-01 21:17 | タイ

バターコーン売りのおばちゃん

d0044965_22141159.jpgワットポーの見学を終え、敷地の外に出ると、道端には屋台がずらり。
土産物、冷たい飲み物や軽食などの屋台の中、私もバターコーンの屋台を見たら、無性に食べたくなり買ってみました。

このおばちゃん、バターコーンだけではなく、うずらの卵の目玉焼きも売ってました。
うずらの卵の目玉焼きが、一皿にいくつも入っていますが、タイ人はこれを買ってぺろりと食べてしまうのでしょうか。ひとつひとつが小さいから、余裕なのかな?


d0044965_2240761.jpgおばちゃんの調理を待つこと2分。バターコーンの出来上がりです。
モロにジャンクフードだけど、コーンの甘さにバターの風味が効いていて美味い。
値段いくらだったかな?70バーツ?? すいません、忘れちゃいました。。
[PR]

# by balineta | 2013-11-30 22:46 | タイ

チャオプラヤーエクスプレス

d0044965_12503690.jpgさて、船着場に着いたものの、なんだかすごい人出(地元民+国内外の観光客)!
事前情報によると、船の旗の色で停船する船着場が違うらしいのだが、船着場はとにかくすごい人だし、そもそも船の旗の色たって、船の姿もよく見えないし・・・

ということで、とりあえず群衆の中に突入し、船が着いたのが見えたので、係員のおばちゃんに「ターティアン?」と尋ねると「そうだ!」とばかりに大きく頷く。(※ターティアンとは、ワットポーの近くにある船着場の名称です)

そのおばちゃんの言葉を信じ、船に乗り込む。船着場の群衆のうち半分くらいはこの船に乗ったが、残り半分はまだ待っている。もしかすると一般船ではなくツーリストボート待ちの客なのか?

とにかく私を乗せた船は出航。船内も写真のように満員で立錐の余地もない。これだけ混んでいても、車掌のおばちゃんは、ちゃんと客のまわりを回って集金をしている。ちなみに運賃は15バーツでした。


d0044965_13195212.jpg船は心地よいスピードで、チャオプラヤー川を遡っていきます。
川面に吹く風は気持ちいいのですが・・・
水は汚い(苦笑)。臭くはなかったですけど。
でも、しぶきがかかったら、ちょっと勘弁ですかね!


d0044965_13244432.jpgなんというお寺なんでしょうか?


d0044965_13261266.jpg航行中の最大の見せ場は、何と言っても「ワット・アルン」ですね。
日本人には「暁の寺」としてよく知られています。

今回は時間が無くて訪問は断念しましたが、ターティアンから渡し船で行くことができます。


d0044965_13291722.jpg無事に「ターティアン」に到着しました。
サパーン・タークシンの船着場から15分くらいの船旅だったでしょうか。香港のスターフェリーのような優雅さはありませんが、チャオプラヤーエクスプレスには、また違った楽しさがありました。

ワットポーは船着場から徒歩で5分もかかりません。船からのアプローチお勧めですよ!
[PR]

# by balineta | 2013-11-24 13:36 | タイ