パラダイスサイゴンホテル 朝食

d0044965_2216827.jpg
朝食会場となるレストランはホテルの最上階にあり、レストランからの景色もなかなか良かったです。
で、朝食はと言いますと、ブッフェスタイルで、洋中バランスの取れたメニューです。味も美味しい。


d0044965_22183529.jpg
フルーツも、なかなか朝食ブッフェではお目にかかれないようなものもあり、楽しい!
また、フルーツの横に写るヨーグルト。これが自家製で実に美味い!!毎朝2~3個食べてました。(ホントはもっと食べたかった)このヨーグルトを食べるだけでも、また泊まってもいいかもと思えるほどでした。
[PR]

# by balineta | 2015-08-27 22:22 | ベトナム

CAT TUONG(カットゥーン)

長かった一日もようやく夜になり、さて、お楽しみの夕食です。
何を食べるかと言いますと、昼が「バインミー」なら夜は「フォー」でしょう!
ということで、美味しいと評判の「CAT TUONG(カットゥーン)」という店に行きました。
私のホテルから歩いて10分もかかりません。

d0044965_20582949.jpg
こちらがメニュー(一部ですけど)
ちょうど、「フォー」の載っているページですね。


d0044965_20594939.jpg
私は、牛肉のフォーである「フォー ボー」を頼みました。5万ドン、日本円で270円くらいでしょうか。
味はさすが人気店と言われるだけあって、美味い!いくらでも食べられそう!


d0044965_2133118.jpg
フォーを頼むと、どど~んとライムとチリがテーブルに置かれます。
ライムを絞ると、スープの味が変わり、これはまた美味しかった。でも、チリは入れるのやめたほうがいいと思います。よっぽどの辛さ好きの人でなければ。(私は死にそうになりました…)
[PR]

# by balineta | 2015-08-26 21:07 | ベトナム

パラダイスサイゴンホテル 客室

早朝からの見学を終え、バインミーを食べ、朝早すぎて空港のショップが開店前だったので、
ドンコイ通りの直営店でプリペイドSIMを買いデータ通信の開通を済ませたところで、やっと正午過ぎ。
歩いてホテルに戻ると、朝のスタッフは不在でしたが、約束通り部屋は用意されていました。良かった。。

d0044965_18403548.jpg

d0044965_184153.jpg
部屋はこんな感じです。
広さはまあまあ。新しく綺麗で悪くないです!Wi-Fiはもちろん無料。


d0044965_1842399.jpg
部屋からの景色。地味ですねえ~
そのほか、バスルームはバスタブはなくてシャワーブースのみ。シャワーは固定とハンド。
また、冷蔵庫とミニバー、セイフティボックスも完備です。


d0044965_1848372.jpg
ベトナムのホテルで気をつけなくてはいけないことは、部屋のスリッパが有料なこと。封を開けると課金されてしまいます!
[PR]

# by balineta | 2015-08-24 18:51 | ベトナム

サイゴン大聖堂

d0044965_8442679.jpg
中央郵便局の向かい側にあるのが、こちらのサイゴン大聖堂。
郵便局と同じく、フランス統治時代の建物です。
中を見学することもできるようですが、今回は外観見物のみで。
[PR]

# by balineta | 2015-08-24 08:47 | ベトナム

サイゴン中央郵便局

d0044965_2061935.jpg
次の見学地は「サイゴン中央郵便局」です。
観光地としても有名ですが、ちゃんと郵便業務も取り扱っています。


d0044965_2074221.jpg
ただ、実際に中に入ると、ここはお土産物屋なのか?と錯覚するくらい土産物の販売コーナーだらけです。
今日の様子をじっと見下ろすホーチミンさんは、この有様を見てなんと思っていることでしょう…
[PR]

# by balineta | 2015-08-23 20:11 | ベトナム

バインミー

博物館の見学を終え、少し遅めの朝食です。
ホーチミンに来る前から、初日の朝食のメニューは決めていました。
そう、バインミーです。
d0044965_21254955.jpg
あっ、でもメニューはバインミーに決めてましたけど、
店までは決めていませんでした。

ということで、たまたま通りがかった店で食べてみました。

結果、美味しかったけど、まあこんなもんなのかなという物足りなさも。
やっぱり、店選びは大事ですね。
[PR]

# by balineta | 2015-08-20 21:29 | ベトナム

ベトナム戦争 戦争証跡博物館にて

いつもはおちゃらけの当ブログですが、今回は真剣に。。。

さて、戦争証跡博物館の館内に入ります。
確か館内は3階建てで、各階にベトナム戦争の爪痕が保存・記録されています。

展示物にはベトナム語と英語の説明が付けられていますが、一部に日本語の説明書きのある展示もありました。
そのうちのひとつです。

d0044965_2115386.jpg
そしてこの写真の説明には、このように書かれていました。
d0044965_21164384.jpg
その後、このフン少年はダイオキシン中毒による脳性麻痺を一生背負っていくことになります。

そしてまた、こんな説明書きもありました。
d0044965_21283713.jpg
いろんな思いが頭の中を巡る時間でした。
皆様もホーチミンに来ることがあれば、戦争証跡博物館には足を運んで頂きたいと思います。
[PR]

# by balineta | 2015-08-19 21:40 | ベトナム

戦争証跡博物館 前庭

ホテルの部屋に入れるまで約5時間。
その間を利用して、一気に観光に出かけました。

まずは、「戦争証跡博物館」 ホテルから徒歩で15分位の距離です。
博物館の近くまで来ると、バイクに乗ったインチキ臭い日本語ジジイ登場!
「どこ行くの?」「博物館はそっちじゃないよ~」「案内してあげようかぁ」とまあ、
とにかくうざい。こっちはGoogle Mapで確認しながら歩いてるのに、博物館はそっちじゃないと言い張る。

そのまま無視して歩いていると、諦めずに後ろからくっ付いてくる。
そして戦争証跡博物館の前まで来ると、さーっといなくなった。(苦笑)ホント、うっとおしいわ。
皆さんも、バイクに乗った日本語ジジイは全てボッタクリのインチキジジイですので、ご注意を!

d0044965_219359.jpg
入場料を払い、博物館の中に入ると、まず前庭にベトナム戦争終了時にアメリカ軍が放棄した戦車や戦闘機などが展示されています。


d0044965_2111147.jpg
入場料は15,000ドン。そして、特異なのは開門時間で、7:30~12:00、そして昼休みがあり13:30~17時となっており、やたら朝が早いのと、昼休みの時間はクローズしてしまいます。
で、実はこういう営業スタイルは、戦争証跡博物館だけではなく、ホーチミン市内の観光ポイントはいくつも見受けられました。朝早いのは歓迎としても、昼間にクローズしてしまうのは、ちょっとスケジュールを立てる際に気を使いますね。
[PR]

# by balineta | 2015-08-18 21:21 | ベトナム

パラダイスサイゴンホテル

d0044965_2185948.jpg
宿泊したのは、パラダイスサイゴンホテルです。(パラダイスサイゴンブティックホテルという呼び名もあるようです)
ベンタンバスターミナルから徒歩5分程度。ドンコイ通りにも徒歩10分程ですので、空港アクセスはもちろん、いろいろと歩き回ったりするにもいい立地かと思います。


d0044965_21124510.jpg
こちらはロビーの写真。
一番奥がチェックインカウンターです。
朝6時半過ぎに空港を発ち、152番バスで約30分でベンタンバスターミナル。そして徒歩5分でホテル。
ということで、時間はまだ7時半頃。。。当然ながら部屋はアサインされず(それでも12時には部屋を用意してくれると言ってくれた。本来のチェックインは14時~)荷物を預け観光に出かけることにしました。
[PR]

# by balineta | 2015-08-17 21:21 | ベトナム

ベンタンバスターミナル

d0044965_1354214.jpg
こちらがベンタンバスターミナルです。その名の通り、ベンタン市場のすぐそばにあります。結構バス停の数も多く、それなりにターミナルっぽい賑わいがありました。
今回の宿はターミナルから徒歩5分くらいの場所なので、徒歩で向かおうとしましたが、バスを降りると何人ものバイクタクシーの客引きが現れ、振り払うのが鬱陶しかったですね。
あと、ターミナルから近いといっても、とにかく交通マナーゼロ、自動車・バイク最優先の国ですので、道路横断にはくれぐれもご注意を!


d0044965_13163428.jpg
ベンタンバスターミナルは152番のバスの途中停留所になります。
よって、空港に向かう場合は、必ず「152番・タンソンニャット」と書いてある乗り場付近でバスの到着を待ちましょう!
[PR]

# by balineta | 2015-08-16 13:20 | ベトナム

152番のバスで市内へ

タンソンニャット空港から市内に向かうには、タクシー、ツアーバスがメジャーなところだと思いますが、
私はもちろん、路線バスを利用しました。

d0044965_0414730.jpg
空港から市内への路線バスは写真の152番のバスとなります。(ちなみに空港に乗り入れているバスは152番だけですので迷うことはないと思います)
乗り場は国際線ターミナルのやや右手側、道路を1本渡ったところにバスが止まっています。ドアが開いているバスに乗っちゃえばOK!朝の6時頃から運行しており15分間隔くらいらしいのですが、一切時刻表の類はありません!

運賃は5,000ドン!バスに乗るときに払います。で、日本円に換算すると、2015年7月時点のレートで約26円!!安過ぎ~
因みに、でかいスーツケースを持っていると2人分の運賃を取られます。ただ、荷物の大きさに明確な基準があるわけではなく、運転手の気分です。(さすがアジア!) もし乗るときに2人分払えと言われたら素直に払いましょう。2人分でも52円ですから。。


d0044965_0512342.jpg
バスは国内線ターミナルを経由し、いよいよ市内に向かいます。
途中の停留所でも乗降可能ですが、案内放送など全くありませんので、余程慣れていないと途中下車は難しかなと。ただ、ベンタンバスターミナルだけは外国人の下車客が多いからか、運転手に「ベンタン?」と聞かれたので、「ベンタン」と答え、無事に下車することができました。

もし、152番のバスでベンタンバスターミナルへ向かうのなら、「ベンタン、ベンタン」と連呼すれば、たぶん降ろしてくれると思います(笑)
[PR]

# by balineta | 2015-08-16 00:57 | ベトナム

ホーチミン・タンソンニャット空港

d0044965_0192726.jpg
JL79便は順調なフライトで、ホーチミンのタンソンニャット国際空港には朝の5時過ぎに到着。
国際空港にしてはこじんまりとした空港。おまけに朝5時ではロクに店も営業していない。JL便の到着に合わせて両替屋が開店して、結構到着客で賑わっていました。自分はプリペイドSIMを買いたかったのですが、予想通り開店前。。。
仕方がないので、到着ロビーから外へ出てみても、状況は変わらず、空港でボケっとしていても仕方がないので、市内に向かうことにしました。

※注意!※到着ロビーから一度外(上の写真)へ出てしまうと、到着ロビーには戻れません。物理的には戻れるのですが、警備員のおっちゃんが見張っていて、入っちゃダメ!って言われますので、ご注意!
[PR]

# by balineta | 2015-08-16 00:28 | ベトナム

JL79便でベトナム・ホーチミンへ

前回までのバリ島編が全然終わっていませんが、そちらは今後アップするとしまして、
まずは最近の旅から順に遡っていこうと思います。

ということで、再開第1弾は、2015年7月のホーチミン旅行から。

d0044965_23491930.jpg
まずはともあれ、羽田のJALファーストラウンジで、カレーライスの夕食。
といっても、時間は午前0時を回ったくらい。。。遅~い夕食。眠い。


d0044965_23512344.jpg
JL79便は真夜中の午前1時25分に羽田を発ってホーチミンに向かいます。
チケットはYでしたが、JGCの上級会員(昨年の修行の成果…)だったため、シートのみですが、Cにアップグレードしてもらえたので安眠できました。
そして写真はホーチミンに着く前に出されたYの朝食。
恐ろしく不味かった・・・ほとんど食べてません。
[PR]

# by balineta | 2015-08-15 23:57 | ベトナム

ご無沙汰しております

こんばんは。
大変ご無沙汰しております。
明日より再開させて頂きます。
よろしくお願いします。
[PR]

# by balineta | 2015-08-14 21:32 | その他

Sunari Beach Resort 客室(スーペリア)

d0044965_8394398.jpg
昨年秋のバリ島旅行。
最初のステイ地はロビナ。ホテルはスナリビーチリゾート(Sunari Beach Resort)です。
スナリは、ヴィラタイプの客室とビルディングタイプの客室がありますが、私の泊まったのはスーペリアルームでして、ビルディングの客室です。
ホテルは結構古くからありますが、少しずつリノベーションを進めているようで、部屋はまあまあ綺麗でした。因みに部屋で無料でWIFIは使えますが、セィフティボックスはありません。
また、ホテルは道路側のフロントからビーチサイドまで、やたらと細長い敷地に建てられているため、部屋の位置によっては、フロントまで相当距離があったり、逆にビーチまで相当距離があります。今回アサインされた部屋は、ちょうど中間くらいの場所で、どちらに行くにもラッキーでした。


d0044965_849782.jpg
部屋から外方向を見た画像です。
私の部屋は2階なので、小さなバルコニーがありました。ただ、バルコニーからの景色は木々越しにヴィラの屋根が見える程度で、大したことはありません。位置的には右手方向に海があるのですが、残念ながら部屋からは見えませんでした。


d0044965_925163.jpg
部屋は非常にシンプルです。ベッドの他、デスクとソファがあるくらい。
あと、テレビがブラウン管でした!!久々のブラウン管テレビ。懐かし・・・
もちろんNHKなど映るはずもありません(苦笑)


d0044965_973243.jpg
バスルーム。
シャワー(固定式。上の方にちょっと写っています)だけではなく、バスタブもありました。

全体的な感想として、昼間は外出したりプールサイドで過ごし、部屋は基本的に寝るだけと割り切れば、まあ悪くはないかなって思います。
南部の例えばサヌールあたりでは、ここの滞在費用では、ビーチサイドのホテルにはとても泊まれませんし。
[PR]

# by balineta | 2015-01-18 09:15 | バリ島

あけましておめでとうございます

d0044965_13141760.jpg
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]

# by balineta | 2015-01-10 13:15 | その他

(ちょっと脱線) JL国内線と小樽のあんかけ焼きそば

2014年秋のバリ島旅行記の途中ですが、
先日仕事で行ってきた北海道の記録を・・・

d0044965_1325959.jpg
行きの羽田国内線「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」の朝食。
「メゾンカイザー」のパンです。
これは美味しかったのですが、他にこれといったものもなくちょっと物足りない。
「空弁」買えばよかったかな。


d0044965_1373441.jpg
仕事は札幌だったのですが、ちょっと時間があったので小樽へ行ってきました。
駅の観光案内所で小樽のB級グルメを尋ねると、「あんかけ焼きそば」がお勧めだとか!
なんでも、あんかけ焼きそばは小樽のソウルフードなんだとか。知らなかったなあ。

スタッフに紹介されたのは、都通りアーケード街の中にある「桂苑」
温まる。美味しかった。あと、店のおばちゃんがおもしろかった。


d0044965_13124197.jpg
帰りの飛行機は奮発して、ファーストクラスを利用。
初めての体験。でも、国内線では慌ただしいですね。
やっぱり、ファーストクラスは国際線でゆっくり優雅に味わいたい。って、いつになるか・・・
[PR]

# by balineta | 2014-11-24 13:16 | 日本の旅

ようやくバリ島へ到着

成田から12時間以上の苦行の末、ようやく到着したバリ島。
ここまでしてバリ島に来たのは、午前中の早い時間にバリ島に着きたかったから。
成田発JAL725便だと、バリ島に着くのが深夜になってしまい、丸一日無駄になるし、
ワケあって他社に搭乗できないんで。。。

空港からはいつもお願いしているドライバー氏と合流し、出発!

d0044965_9305256.jpg
ちょっと早めの昼食。
ちらっと見えるのはブラタン瑚。
景色はいいけど、料理は不味かった・・・


d0044965_9324933.jpgようやくたどり着いたのはこちら。
辛い思いをしたおかげで、昼過ぎには到着。
しばらく、海を見ながらぼんやりする日々を過ごします。
[PR]

# by balineta | 2014-11-24 09:56 | バリ島

GA400便 ジャカルタ05:40 --- 08:40デンパサール

さて、JAL729はあろうことか40分も早くジャカルタに到着。
さすがにこんな時間だと他の国際線も無く、到着ビザカウンターも入国審査も
JL729御一行様専用みたいな感じで空いている。
そしてターンテーブルからスーツケースを受け取り、時間を確認するとまだ午前1時前・・・

とりあえず到着ロビーに出て、朝まで時間を潰せそうな場所を探す。
この時間はインチキポーターも白タクの客引きも少ないね・・・
首都の国際空港だからいくつか24時間営業のレストランがあるんだろうと想像していたものの、
実際はぜーーーんぶ閉まっている・・・
探し方が悪いのかもしれないけど、スーツケースを持って当てもなく
空港内も彷徨いながら探すには限界がある。

ちなみにローカルの人々も乗継の関係なのか相当数空港内に滞留しており、
皆さん、長椅子の上やロビーの床の上に段ボールとか敷いて寝ている。

結局、自分もロビー内のクローズしているカフェに入り込み、椅子に座り、ぼーっと朝が来るのを
待つこととした。目をつぶっても寝ることもできないし辛いなあ・・・
よっぽど元気じゃなければ、JL729でCGK夜更かしはお勧めできないなあと実感。
バリ島到着前に体調がおかしくなりそう。

そしてようやく朝が。こんなに朝が来るのが待ち遠しかったのはいつ以来?(苦笑)
スカルノハッタ名物の訳のわからないインフォメーションにやや戸惑いながら、GA400便のチェックインを
済ませ、いよいよバリ島へのフライトに搭乗。さすがに早朝だけあって定刻でした。

d0044965_1643370.jpg
早朝のスカルノハッタを機内から。
さて、私の搭乗便。何故ガルーダなのに羽根の色が青くないでしょうか?!


d0044965_1647518.jpg
正解はこちら。
たまたま搭乗した機材がガルーダのクラシック塗装復刻版の機材だったのです。(写真は借り物)
ちなみにこのカラーリングは1969年から1985年のものなのだそうです。


d0044965_1650726.jpg
機内食。ガルーダはちゃんとした機内食が出るので嬉しい。
機内食を食べていると、辛かったジャカルタでの思い出が、走馬灯のように現れては過ぎ去っていきました(大げさ)


d0044965_16562054.jpg
いよいよバリ島上空へ。
右側がジャワ島、左側がバリ島。
この二つの島はこれしか離れていないんですよね!


d0044965_1657212.jpg
バリ島には似つかわしくないような風景。海に延びる海上有料道路。
でもこの道路や立体交差のおかげでシンパンシウールの渋滞が解消したのも事実です。

昨夕成田を発ち、ようやくバリ島に到着。もうこの乗継はイヤだ(苦笑)
[PR]

# by balineta | 2014-11-23 17:04 | エアライン

JAL729便でジャカルタへ

JAL729便は今年(2014年)6月13日から就航を開始した便で、
この便の就航により、JALの成田~ジャカルタ間はWデイリーになりました。

が、しかし!フライトの時間が、日本人にとってはどうも中途半端。
成田を18:55に出発し、ジャカルタに着くのは日付が変わった午前1時。
ジャカルタに真夜中の1時に着いてもなあって思います。
それに成田を夜7時だと、チェックインや出国手続等を加味すると、都内で会社勤めをしていると
相当無理しないと厳しい・・・
どうせなら成田を22時位に出て、ジャカルタに早朝4時に着けば、余裕で成田に着けるし、
インドネシア国内線の乗り継ぎにも便利なんだけどなあ・・・

今回の私の目的地もバリ島。ジャカルタからの乗継便は朝5時40分発!!
というわけで、ジャカルタ空港でのトランジット時間4時間40分。
真夜中に空港内で過ごせる場所はあるのか?完徹か!野宿か!
何の当てもなかったけど、とにかく成田を出発した。

d0044965_20593156.jpg

d0044965_20595399.jpg

d0044965_210978.jpg

Cクラスの機内食。
上から、前菜・メインのステーキ・デザートです。

ところでフライトですが、時間帯が悪いため予想通り空いている。
Cは半分弱、Yも3割程度しか埋まっていないみたいだった。

いつもは「早く飛べ」って思い、もたもたしている客のためにドアクローズが遅れると毒づく自分が、今回ばかりはなんかトラブルでもあって出発が1時間くらい遅れないかなあって、勝手なことを思っている。

がしかし、客が少ないため定刻より早くドアクローズ、そしてプッシュバック開始。
滑走路が混んでいて離陸待ちしないかなと願っていたら、なんだかやたらスムーズに滑走路へ・・・
そしてあっさり離陸!!!

機内食はそこそこ美味で、機材は最新のSKY SUITE 767なのでフルフラット。
快適過ぎるフライトでしたが、この後のことを考えるとちょっと憂鬱。
とっても残念なことにフライトは順調で、スカルノハッタには定刻より40分程早く0時20分の到着でした(泣)
[PR]

# by balineta | 2014-11-22 21:17 | エアライン