日本食レストラン SUMO

d0044965_2135838.jpg
若いころは、バリ島に来たら、何が何でもローカルの食事を食べなきゃってことで、インドネシアやバリ島の料理ばかりを食べていましたが、最近は無理をしません(笑) 脳が欲する食べたいものを食べています。
ということで、サヌールは和食のレストランが多くて嬉しいです。

さて、こちらの力士の大きなオブジェが目印の、SUMO Japanese Restaurant。
JL.タンブリンガンの南部にあります。
以前は、もっと南の小さな路地にあった店なのですが、こちらに移転したのか?もしかして2号店を開いたのか?(たぶん移転したんでしょうね)

私は、以前の店には一度行ったことがありまして、まずまず美味しく、値段もお手頃で、良い印象があったので、今回は新店舗に行ってみることにしました。


d0044965_211839.jpg
注文したのは、「かつ煮定食」(だったかな?)
定食なので、かつ煮のほか、ご飯、味噌汁、小鉢なども付いていてお得感満載です。
味も結構イケます。サヌールには、有名処の和食レストランもいくつかあり、それらに比べるとSUMOはまだまだ知名度が低いですけど、味やコスパフォは負けてないと思います。そうそう、店員の応対や気配りもよくて、ゆっくりと和食を楽しめるレストランです。
[PR]

by balineta | 2015-10-21 21:28 | バリ島

燃油サーチャージに関して一言

本来なら、今年の12月1日は、我々海外旅行好きには、忘れられない一日になるはずでした。

昨日、ANAから本年12月・来年1月の燃油サーチャージ値下げ!の発表がありました。
(恐らくJALも同額の値下げで追随するはずです)

でもね、値下げだ~って、喜んでばかりもいられません。

なぜって、ご存知の通り、燃油サーチャージは、改定時点における直近2ケ月のシンガポールケロシン市場価格の平均で決まります。今回の改定の基準になった市場価格の平均はUS$57.92でした。

皆さん、覚えていますか??

確か、昨年くらいだったかなあ? NHとJLが、燃油サーチャージの計算に為替レートを持ち出したことを。
「要は、サーチャージの値下げは円安なんで、少しだけにしときますよ」みたいな、わけのわからないルール。

このふざけたルール変更がなければ、シンガポールケロシンUS$60未満なら、燃油サーチャージはゼロに
なっていたのです。
そう、今年の12月1日をもって、燃油サーチャージは廃止になるはずだったんです!!
それが、北米は往復14,000円、インドネシアなら8,000円、香港でも3,000円を引き続き、NHやJLに
搾取され続けることになるのです。

ちなみに燃油サーチャージを徴収する理由は、「原油価格の高騰に伴い、企業努力で吸収しきれない航空燃料費用の一部をお客様にご負担いただくため」とあります。
でも、NHもJLも直近の決算を見る限り、相当な利益を出している。だったら、もっと企業努力(=多少、利益を吐き出しても)をして、燃油サーチャージを廃止するくらいできないのかと思います。

さらに!もっとふざけたことに!!
NHもJLも、燃油サーチャージに為替を絡ませるルール改悪は日本国内の発券のみ。つまり同一区間でも、海外発券なら、12月1日より、NHもJLも燃油サーチャージを徴収しないんですよ!!!
実例を↓見てくださいな。「適用なし」って書いてあるでしょ!
https://www.ana.co.jp/book-plan/charge/fuelsurcharge/#anchor008

いったい、日系2社は、どっちを向いて商売しているんだ!って、今朝から憤慨しています!!
[PR]

by balineta | 2015-10-20 13:29 | エアライン

The Oasis Lagoon Sanur プール

The Oasis Lagoon Sanurにはプールが2つあります。(正確に言うと、水面は繋がっていますが、泳いでは行けません。潜っていけば、行けないことはないと思いますが…)

d0044965_18282047.jpg
こちらがメインプール。
メインと言っても、そんなに大きなプールではありません。


d0044965_18292945.jpg
プールサイドからもう1枚。
対岸のプールサイドの部屋はプールアクセス。部屋からそのままプールに入れるのは気持ちいいでしょうね。


d0044965_18313822.jpg
一方、こちらはサブプール。私の部屋から見下ろすことのできたプールです。
ご覧の通り、細長い。また客室棟に挟まれているため、せっかくのアウトドアプールですが、あまり陽があたらないので、なんとなくうら寂しい雰囲気のプールです。実際、こちらで泳いでいる人はほとんど見かけませんでした。


d0044965_1836651.jpg
サブプールも1階の客室はプールアクセスになっていました。
[PR]

by balineta | 2015-10-18 18:43 | バリ島

The Oasis Lagoon Sanur 朝食

d0044965_1805834.jpg
朝食は、ホテルの一番正面、JL.タンブリンガンに面した場所にあるレストランが会場となります。
ただ、どうも客室数に比べ、レストランのキャパが小さいようで、滞在中毎朝、レストランは席を見つけるのも大変なくらい混雑していました。写真ではわかりませんが、アウトドアの席もあるのですが、そちらもいつも混んでました。


d0044965_1874493.jpg
朝食のメニューは、ビュッフェスタイルで、洋食とインドネシアンがメイン、ちょこっと中華っぽいおかずもありました。卵料理は、エッグステーションで作ってくれますが、こちらも混んでいて行列が出来るほどでした。
味については普通。メニューの種類はまあ充実していたかと思います。
[PR]

by balineta | 2015-10-17 18:12 | バリ島

The Oasis Lagoon Sanur 客室

今回のバリ島旅行。
最初の滞在地はサヌール、ホテルは The Oasis Lagoon Sanur です。
以前は結構強気の料金設定でしたが、サヌールも新しいホテルが次々と誕生し、
競争が激しくなってきたからか、最近は手ごろな価格帯まで下がってきました。

d0044965_21493663.jpg
ベッドルーム。
アサインされたのは、Deluxe Room 3階の客室でした。
部屋の広さは、バリ島では標準クラスでしょうか。


d0044965_228841.jpg
ベッドルームを違う角度から。
テレビは、NHKプレミアムが見れました。テレビの下にあるのは冷蔵庫。
明りの向う側はシャワールームです。シャワールームとベッドルームの仕切り(壁)は、木製となっており、部屋の中のよいアクセントになっています。
客室内でWi-Fiも無料で使えますが、(たまたま位置が悪かったのか)私の部屋は電波状態があまりよくなかったですね。セィフティボックスは暗証番号式でした。


d0044965_22223587.jpg
シャワーブース。
バスタブはありません。またシャワーも固定式でちょっと使い難かった。
写真はありませんが、トイレは簡易型のウォシュレットが付いており、これは◎でした。


d0044965_22293589.jpg
窓の外は、こんな感じの小さなバルコニーになっています。(構造が面白い)
柵に沿って、板が張り廻られており、ここに座ることもできるので、ちょうど良い宴会スペースみたいな使われ方もしていました。


d0044965_2247369.jpg
窓の外はこんな景色。
ちょっと向かい側の棟までの距離が近いかなあ…
あまり落ち着きません。


d0044965_22483043.jpg
見下ろすと、細長いプールが見えます。
1階の部屋は、部屋から直接プールに出入りできるプールアクセスの部屋になっています。
尚、こちらのプールは幅も狭くサブプール的な扱いで、実際に泳いでいる人もほとんど見かけませんでした。
[PR]

by balineta | 2015-10-16 23:09 | バリ島

GA418便 ジャカルタからバリ島へ

さて、ここまではまずまず順調に来ましたが、ここからが鬼門のガルーダ国内線の移動。
今までの経験から、まずまともに飛ばない。30分程度の遅れなら誤差の範囲内ってくらい、
定刻という概念がない。今までの最悪例で、確か3~4時間遅れて、後続便に追い越されたことも
あったっけ・・・ 長旅で疲れているし、早くバリ島に着いてホテルでゆっくりしたい・・・

ところが!今回のガルーダは一味違う!!
なっなんと、出発30分前に搭乗開始。(いつもなら、出発30分前になっても機材が到着していないのに!)
そして、定刻にジャカルタを出発~

d0044965_143497.jpg
ガルーダは、国内線もちゃんとした機内食が出ます。牛肉ご飯(これはまあまあ)とデザートのゼリー(ちょっと変な味。。。)

そして、これまた定刻にデンパサールに着くという奇跡のようなフライトを経て、今回のバリ島旅の幕開けです!
[PR]

by balineta | 2015-10-14 00:49 | エアライン

ジャカルタ スカルノハッタから入国+ガルーダ国内線乗り継ぎ

JAL725便は定刻より少し早く到着。
ジャカルタで入国後、GAの国内線でデンパサールに向かいます。

今年に入りインドネシアの入国手続きはずいぶん変わり、
①入国カードの記入が無くなった。(税関申告書の記入はあり)
②VOA(入国ビザ)US$35は、一定の要件を満たせば不要になった。

という内容で、①は今年のGWには実施済でしたが、②はGW後の実施となったため、今回が初めての経験となりました。

ジャカルタ到着後の動線は以前と変わらず、VOAの購入窓口と、入国審査カウンターは隣り合わせに位置しています。スムーズな入国を期待していましたが、まだ前に到着した便の客が捌けておらず、入国審査カウンター周辺にはわらわらと人が溜まっています。
その上さらにVOAが不要になったことについてのインフォメーション等が全く無く、係員はいるものの積極的に案内をするわけでもなく(これらはインドネシアでは当たり前のことですけど!)本来VOAが不要になった人がVOAの行列に並んだり、必要な人が直接イミグレの列に並んだりしているようで、なんだか混乱状態です。

私はVOA不要の要件を満たしているので、VOAの列には並ばず、イミグレの列に並びます。
※ここであらためてVOA不要の要件をかいつまんで確認しますと!!
①日本国籍を有している
②観光目的の入国である
③滞在は30日以内である(延長は不可)
④出入国する空港がジャカルタ、スラバヤ、バリ島、メダン、バタム島の5空港のいずれかであること。よって、例えば①から③の要件は満たしても、ジャカルタで入国して、ジョグジャカルタから出国する場合などは、④に該当しないため、VOAは必要となる。

さて、イミグレの列に並んだものの、遅々として列が進まない。見ていると、入国できず不満そうな顔をして引き返す人もちらほら(恐らくVOAを取ってこい、とでも言われたんだろう…)30分以上列に並んでようやく自分の番に。
今までは、特段問題もなく入国できたのですが、今回は、「何日間ステイするのか」、「宿泊はどこか」、「バリ島までの航空券(Eチケット)を見せろ」など、質問がやたら細かい。入国カードを無くし、VOA免除も始めたこともあり、入国審査がしつこく厳格になったせいで、一人当たりの処理に時間がかかり、このような大行列になっているようでした。
今後、イミグレに並ぶ際には、あらかじめEチケットやホテルの宿泊バウチャー類などを用意しておいたほうがスムーズかもしれませんね。

d0044965_1257201.jpg

無事入国ができると、パスポートには通常の入国スタンプとは別に、「TOURISM PURPOSE ONLY」というスタンプが押してありました。(画像は、帰国後撮ったものなので、出国スタンプも押してあります)

入国してしまえばあとはスムーズ。
さっさとスーツケースをピックアップし、GA国内線乗り継ぎなので、到着ロビーには向かわず、GA乗り継ぎ専用ルートを通り、税関をさくっと通過し、GA国内線乗り継ぎカウンターであらためてスーツケースを預けボーディングパスを受け取り、搭乗ゲートへ。おおよそ、飛行機を降りてからの所要時間は1時間ほど。入国審査が混んでいなければ、もう少し早くなったかなということで、無事に乗り継ぎが出来ました。
[PR]

by balineta | 2015-10-13 00:18 | ジャカルタ

JAL725便 2015年9月 ビジネスクラス機内食

d0044965_2217326.jpg
オードブル
サーモンのマリネ ヨーグルトのソース
メインカイザーのパンも供されました。


d0044965_22282246.jpg
メインは2種類あって選ぶことができます。
私は、和牛サーロインを選びました。


d0044965_22292535.jpg
デザートは、カボチャのプリンです。


d0044965_223159.jpg

ジャカルタ到着の1時間ほど前に、軽食のサービスがあります。
私は「ですかいシリーズ」の新商品「ちゃんぽんですかい」を頂きました。
[PR]

by balineta | 2015-10-12 00:33 | エアライン

成田空港JALファーストクラスラウンジ

今回から、2015年9月のシルバーウイークに出かけた「バリ島旅行」編です。

行程は、成田からJL725便でジャカルタに飛び、そこからガルーダ国内線に乗継いで、バリへ。
乗り換え時間も含めると約半日もの時間を費やしてしまうわけで、バリ島の「時間距離」は相当なもの。
日本からのバリ島観光客が減ってきているのも無理ないかなと思います。
JALでもいい、ANAでもいい、成田でもいい、羽田でもいい、変な時間帯でもいい。。直行便を復活して!

とまあ、心の中で叫びつつ、成田に向かいます。

d0044965_20531040.jpg
成田でのお楽しみは、JALのファーストクラスラウンジで振る舞われる「握り寿司!!」
ネタの種類は少ないのですが、寿司職人が目の前で握ってくれます。
「本マグロ・赤海老・卵焼き」各1貫で一人前なので、写真は二人前です。
本当は、「マグロを20貫~」とか頼みたいのですが、恥ずかしくて出来ません。。。
[PR]

by balineta | 2015-10-11 00:47 | バリ島

JAL958便で帰国

釜山の金海空港の国際線ターミナルは小さくて、何だか日本の地方空港みたい。
大韓航空のラウンジが使えるのだけど、あまりにしょぼくて(金浦よりしょぼい・・・)
写真を撮る気力もわかなかった。

で、搭乗。帰りはYです。

d0044965_19462859.jpg

d0044965_19465487.jpg
こちらが機内食。
「空弁」みたいで、なかなか美味しかった。
日本~韓国線はフライト時間が短いので、こういう機内食で十分ですね。

※あっという間の1泊釜山編はこれにて終了。次回からは今年のシルバーウイークのバリ島編です。
[PR]

by balineta | 2015-10-10 00:24 | 韓国