メコン川デルタクルーズに参加 2

メコン川デルタクルーズの続きです。

渡し船で川の中洲にある島へ向かい上陸します。
この島の住民はメコン川クルーズの観光客相手の商売で生計を立てているようで、とにかく「買え買え攻撃」が凄い。

d0044965_170595.jpg
まず、寄りたくもないのに蜂蜜屋に連れて行かれます。
そして蜂蜜やらロイヤルゼリーやらを「買え買え」言われます。

d0044965_1732130.jpg
ドアップのミツバチ。ちょっと気持ち悪い。
また、蜂蜜屋にはなぜか大蛇を首に巻くサービス(たぶん有料でしょう。こんなサービスはいらん!)もありますが、幸い私達のテーブルには来なかった。


d0044965_176467.jpg
続いて、寄りたくもないのにココナッツキャンデーの製造所へ連れて行かれます。
もちろん、出来立てのキャンデーをちょこっと試食した後は、「買え買え攻撃」です。


d0044965_17294126.jpg
この後、手漕ぎボートでデルタクルーズを体験するという、このツアー最大のお楽しみがあるのですが、「ボートの準備まで時間があるので」という口実!で、休憩時間があります。
すると、どこからともなく合唱隊が現れ、聞きたくもない歌を聞かされ、合唱終了後、当然のようにチップを要求されます。

なんだかなあ~。。。
[PR]

by balineta | 2015-08-30 17:36 | ベトナム

メコン川デルタクルーズに参加 1

ホーチミン2日目
この日は朝から約半日、メコン川デルタクルーズに参加しました。
事前に日本でツアー会社各社のサイトを比較検討し、「メコン川デルタクルーズ 日本人観光客専用ツアー<昼食付> / 【1人旅限定】おひとり様専用プラン」というのに申し込みました。もちろん決め手は、①日本人専用であること、そして②1人旅限定専用プランであるからです。

ツアー代金US$50はWEB上で事前決済しており、当日は私のホテルまで迎えに来てくれることになっています。

朝、08:20ホテルのロビーで待っていると、ホテルの外にワゴン車が到着。ツアーの車でした。
早速車内に入ってみると、先客は5名。全て日本人ではありましたが、3名参加の家族と、2名参加の親子。なんてことない、一人参加は自分だけ。これで全員揃ったということで、現地に向け出発!

ガイドさんもツアーに参加の方々も皆さんやさしい方々で、ツアーそのものは楽しめましたが、「【1人旅限定】おひとり様専用プラン」というのは、全くのウソ、看板に偽りありでしたね。

車はホーチミンから1時間半程走り、ミトーという町まで行きます。
ここでボロボロの渡し船に乗り換え、メコン川を渡り、中洲の島へ向かいます。

d0044965_2311678.jpg
これらがその渡し船。ガイドさんと一緒に指定された番号の船に乗り込みます。船着き場は渡し船がごちゃごちゃと留まっており、なんだか混乱していました!!


d0044965_234834.jpg
中洲の島までは10分程度の船旅。1時間半かけてここまで来て、メコン川デルタクルーズって、たったこれだけ??って思うくらいあっという間の時間です。

また、ツアー会社のサイトでは、「一見濁って見える河の水ですが、実際には細かい土砂が水中を舞っているだけなので、水質はとても綺麗です。」と書かれていますが、到底そうとは思えません。あれだけの大河で土砂が水中を舞い続けることは考えにくい。本当に汚れた川なんだと思います。
[PR]

by balineta | 2015-08-29 23:10 | ベトナム

パラダイスサイゴンホテル 朝食続き

d0044965_1033891.jpg
朝食レストランには、エッグステーションもあり、卵料理もオーダーすることができます。


d0044965_10341381.jpg
また、エッグステーションはヌードルバーも兼ねており、フォーをはじめ、いろいろな麺も作ってもらえます。
写真の麺は、注文の際に「フォー」というつもりが、つい習慣で「ミー」と言ってしまったら、作ってくれた料理です。ベトナムでも「ミー」は通じるのでしょうか(笑)?


d0044965_10413361.jpg
レストランからの景色。
ホーチミンはあまり高層の建物が多くないので、眺望は利きますね。
[PR]

by balineta | 2015-08-29 10:43 | ベトナム

パラダイスサイゴンホテル 朝食

d0044965_2216827.jpg
朝食会場となるレストランはホテルの最上階にあり、レストランからの景色もなかなか良かったです。
で、朝食はと言いますと、ブッフェスタイルで、洋中バランスの取れたメニューです。味も美味しい。


d0044965_22183529.jpg
フルーツも、なかなか朝食ブッフェではお目にかかれないようなものもあり、楽しい!
また、フルーツの横に写るヨーグルト。これが自家製で実に美味い!!毎朝2~3個食べてました。(ホントはもっと食べたかった)このヨーグルトを食べるだけでも、また泊まってもいいかもと思えるほどでした。
[PR]

by balineta | 2015-08-27 22:22 | ベトナム

CAT TUONG(カットゥーン)

長かった一日もようやく夜になり、さて、お楽しみの夕食です。
何を食べるかと言いますと、昼が「バインミー」なら夜は「フォー」でしょう!
ということで、美味しいと評判の「CAT TUONG(カットゥーン)」という店に行きました。
私のホテルから歩いて10分もかかりません。

d0044965_20582949.jpg
こちらがメニュー(一部ですけど)
ちょうど、「フォー」の載っているページですね。


d0044965_20594939.jpg
私は、牛肉のフォーである「フォー ボー」を頼みました。5万ドン、日本円で270円くらいでしょうか。
味はさすが人気店と言われるだけあって、美味い!いくらでも食べられそう!


d0044965_2133118.jpg
フォーを頼むと、どど~んとライムとチリがテーブルに置かれます。
ライムを絞ると、スープの味が変わり、これはまた美味しかった。でも、チリは入れるのやめたほうがいいと思います。よっぽどの辛さ好きの人でなければ。(私は死にそうになりました…)
[PR]

by balineta | 2015-08-26 21:07 | ベトナム

パラダイスサイゴンホテル 客室

早朝からの見学を終え、バインミーを食べ、朝早すぎて空港のショップが開店前だったので、
ドンコイ通りの直営店でプリペイドSIMを買いデータ通信の開通を済ませたところで、やっと正午過ぎ。
歩いてホテルに戻ると、朝のスタッフは不在でしたが、約束通り部屋は用意されていました。良かった。。

d0044965_18403548.jpg

d0044965_184153.jpg
部屋はこんな感じです。
広さはまあまあ。新しく綺麗で悪くないです!Wi-Fiはもちろん無料。


d0044965_1842399.jpg
部屋からの景色。地味ですねえ~
そのほか、バスルームはバスタブはなくてシャワーブースのみ。シャワーは固定とハンド。
また、冷蔵庫とミニバー、セイフティボックスも完備です。


d0044965_1848372.jpg
ベトナムのホテルで気をつけなくてはいけないことは、部屋のスリッパが有料なこと。封を開けると課金されてしまいます!
[PR]

by balineta | 2015-08-24 18:51 | ベトナム

サイゴン大聖堂

d0044965_8442679.jpg
中央郵便局の向かい側にあるのが、こちらのサイゴン大聖堂。
郵便局と同じく、フランス統治時代の建物です。
中を見学することもできるようですが、今回は外観見物のみで。
[PR]

by balineta | 2015-08-24 08:47 | ベトナム

サイゴン中央郵便局

d0044965_2061935.jpg
次の見学地は「サイゴン中央郵便局」です。
観光地としても有名ですが、ちゃんと郵便業務も取り扱っています。


d0044965_2074221.jpg
ただ、実際に中に入ると、ここはお土産物屋なのか?と錯覚するくらい土産物の販売コーナーだらけです。
今日の様子をじっと見下ろすホーチミンさんは、この有様を見てなんと思っていることでしょう…
[PR]

by balineta | 2015-08-23 20:11 | ベトナム

バインミー

博物館の見学を終え、少し遅めの朝食です。
ホーチミンに来る前から、初日の朝食のメニューは決めていました。
そう、バインミーです。
d0044965_21254955.jpg
あっ、でもメニューはバインミーに決めてましたけど、
店までは決めていませんでした。

ということで、たまたま通りがかった店で食べてみました。

結果、美味しかったけど、まあこんなもんなのかなという物足りなさも。
やっぱり、店選びは大事ですね。
[PR]

by balineta | 2015-08-20 21:29 | ベトナム

ベトナム戦争 戦争証跡博物館にて

いつもはおちゃらけの当ブログですが、今回は真剣に。。。

さて、戦争証跡博物館の館内に入ります。
確か館内は3階建てで、各階にベトナム戦争の爪痕が保存・記録されています。

展示物にはベトナム語と英語の説明が付けられていますが、一部に日本語の説明書きのある展示もありました。
そのうちのひとつです。

d0044965_2115386.jpg
そしてこの写真の説明には、このように書かれていました。
d0044965_21164384.jpg
その後、このフン少年はダイオキシン中毒による脳性麻痺を一生背負っていくことになります。

そしてまた、こんな説明書きもありました。
d0044965_21283713.jpg
いろんな思いが頭の中を巡る時間でした。
皆様もホーチミンに来ることがあれば、戦争証跡博物館には足を運んで頂きたいと思います。
[PR]

by balineta | 2015-08-19 21:40 | ベトナム