苗場プリンスホテル

新潟日報の記事によると、苗場プリンスホテルが通年営業を止め、夏と冬を中心とした季節営業に切り替えることになったそうです。

理由は、通年営業をしてもコンスタントな集客が難しいことのようですが、それよりも深刻なのは苗場スキー場の来場者数の激減。ピークのバブル期は約318万人(1992―93年)でしたが、昨シーズンは約127万5000人と半分どころか、6割減です。

苗場プリンスと言えば、私の青春でしたね…
その頃は毎週のようにスキーに行ってまして、苗場も数え切れないくらい行きました。
当時は苗プリの予約を取るのも大変で、連休や年末の予約は毎年9月1日の予約開始日が勝負でしたよね。

ホテルの中も、スキー場もやたら混んでいて、チェックイン・アウトも行列、レストランも行列、リフトやゴンドラも行列…と、今では懐かしい思い出です。
部屋だって、5号館なんて激狭!でしたけど、苗プリに泊まっているというだけで、誰もがハイになっていました。
そうそう、ユーミンのコンサートも行きましたよ~
とにかく、私にとっては苗場は熱いリゾートでした。

その苗場がこんな惨状になってしまうとは、悲しいというか、スキーリゾートはホント厳しいんだなあと思います。

新聞の記事の続きですが、今年からは、夏は7月20日から8月末、冬は12月上旬から5月のGWまでの営業となります。さらに、例年11月下旬から5月上旬まで営業していたスキー場は期間を短縮し、12月初旬から4月上旬までの営業となります。ホテルはGWまで営業なので、苗場スキー場のクローズ後は、ドラゴンドラでかぐらへ送り込むのでしょうね。

そういえば、私、ドラゴンドラも乗っていないんです。
そのくらい、苗場が縁遠くなっちゃいました。
[PR]

by balineta | 2009-03-26 22:39 | スキー

ニセコ東山プリンスがヒルトンに!

今朝の日経新聞の報道より。

西武グループより外資系ファンド会社に譲渡されていたニセコ東山プリンスホテル(及びスキー場などの関連施設)ですが、この度、ヒルトングループによる経営が決まったそうです。

まもなく客室等の改良工事に入るそうですが、これからスキーシーズンの稼ぎ時なんで、どうするつもりなんでしょうかね。

来年には、「ニセコヒルトン」として再スタートするそうです。

ついでに、洞爺湖サミットの際、プレスセンターが設置されるルスツリゾートでも、この冬より駐車場の一部をつぶして建設工事が始まり、スキーシーズン中、あふれた車をスキー場から離れた場所に臨時駐車場に誘導し、ゲレンデ間をバス輸送するそうです。

サミットなんて、ほんの一瞬のイベントのために、一冬の間不便を強いられるというのも、また大変な話ですね。
[PR]

by balineta | 2007-10-31 12:47 | スキー

奥志賀高原スキー場

奥志賀高原スキー場、奥志賀高原ホテルなどを経営してきた地元鉄道会社「長野電鉄」が経営合理化のため、奥志賀一体の施設を野村証券グループの投資会社ユニファイド・パートナーズ社に売却をしました。

プレス発表はこちら

そのニュース自体の衝撃もあったのですが、それ以上に驚いたのは、新会社の方針により、2007/2008シーズンより奥志賀高原スキー場がスノボ開放になるというウワサ。

まだウワサの域を脱していませんが、志賀高原の地元関係者から流れてきた話なので、その可能性が強いようです。

先シーズンまでの奥志賀は、志賀高原最奥という立地や、スキーヤーオンリーだったため、その年齢層から渋く落ち着いたスキー場で、隣の焼額とは随分と雰囲気の異なる世界だったのですが、来シーズンはガラッと雰囲気が変わってしまうのですかね。

スノーボーダー>スキーヤー という時代の流れに逆行する経営が難しいことはわかっているものの、私の大好きだった奥志賀のゲレンデやホテルがどのように変わるのか、ちょっぴり不安な気持ちはありますね。
[PR]

by balineta | 2007-10-10 22:57 | スキー