カテゴリ:トラベル( 42 )

羽田空港に「milesto」期間限定出店

羽田空港の国内線ターミナルに、トラベルグッズブランドの「milesto」が

期間限定で出店しています。

出店は、7月31日まで。

羽田空港から発着する際、時間に少し余裕を作って、立ち寄ってみるとか。

私も、メッセンジャーバッグとネームタグを衝動買いしてしまいました・・・

出店場所など、詳細はこちらから。
[PR]

by balineta | 2013-06-02 21:48 | トラベル

MRT空港線時刻表 Tanah Merah駅

d0044965_1938513.jpg
チャンギ空港とシンガポール市内を移動するのに便利な電車「MRT」
しかし、チャンギ空港駅はMRTの支線になっているため、空港駅から2つ目のTanah Merah駅で、Pasir Ris駅~Joo Koon駅間を結ぶEast West Lineに乗り換える必要があります。(空港支線の電車は、チャンギ駅とTanah Merah駅間のみのシャトル運転です)

East West Lineはシンガポールの中枢部を東西に貫く路線のため、運転本数も多いのですが、その一方、空港支線は意外なほど本数が少ないのです。

で、上の画像は、Tanah Merah駅のチャンギ空港行き電車の時刻表です。
数字がちょっとわかりにくいかもしれませんが、ご覧の通り、繁忙時間帯でも6~7分間隔くらい、昼間などは13分くらい間隔が広がっています。
ですので、タイミングが悪いと、East West Line3本の電車に、空港支線がようやく1本接続するような状況で、Tanah Merah駅で思わぬ待ち時間を費やすことになります。

市内からチャンギへMRTを利用する際は、Tanah Merah駅での待ち時間を多めに考えて、スケジュールを立てることをお勧めします。チャンギ空港も巨大ですし、ギリギリの接続時間ですと、飛行機の最終チェックイン時刻に間に合わないなんてこともあり得ますからね。
[PR]

by balineta | 2013-01-06 20:13 | トラベル

「新瑞記」でチキンライス!

チャンギの到着が11:45、そして乗継便の出発時刻が15:20。ある程度余裕をもって1時間前には空港に戻ることを考えると、正味2時間35分。
ちょっと、タイトって感じもしないでもないものの、大好きなハイナンチキンライスを味わうため、シンガポールに入国しました。

実は、いつも行っているチャイナタウンのマックスウェルホーカーズに行くつもりだったのですが、なんと改装中のため休業!それを知ったのが今回の旅行に出発した後だったため、あわてて他の店を探すが、旅行中でゆっくりネットを検索する時間もなく名案が浮かばない。

そこで、ツイッターで「どなたか名案を~」とつぶやくと、ラッフルズホテルの裏あたりにチキンライスの名店がいくつかあることを教えてもらえた。ツイッター便利だ!
d0044965_2356482.jpg
ということで、たどり着いたのが「新瑞記」
まさに、ラッフルズホテルの裏側にありました。

d0044965_23583747.jpg店の外には、写真入りのメニューが置いてあるので、わかりやすいですね。
看板メニューのチキンライスは、ボイルとローストがあります。(メニューの一番上の左がボイル、右がロースト)どちらもSG$4です。

その他、店の中のメニュー(料理写真なし)には、鳥の部位別のチキンライスも書いてありましたが、とりあえず、ボイルかローストかを決めておけば大丈夫かと。注文の際に、どちらにするかを訊かれます。

代金は、料理が運ばれてきた際、テーブルで支払いますので、あらかじめお金の準備をしてチキンライスの登場を待ちます。

d0044965_084459.jpg
待つことほんの3分程度。「チキンライス」がやってきました。
いや~、見るからに美味しそう。肉はジューシー。ご飯もいい感じに鳥の出汁がしみていて美味。
この味は私の拙い文章よりも、とにかく食べて頂くのが一番ですね。ホント、来てよかった。。。

d0044965_015246.jpg
ちなみにこちらの店は「正瑞記」といいまして、やはりチキンライスの名店です。「新瑞記」の数軒隣にありました。
その他にも、ラッフルズの裏エリアには、いくつかチキンライスの名店があるとのことなので、今後シンガポールに来る度に1軒ずつ食して参りたいと思います。
[PR]

by balineta | 2013-01-06 00:25 | トラベル

スーツケース

d0044965_19494952.jpg今回の香港旅行、行きはキャリーオンのスーツケースひとつで出発!

d0044965_19553577.jpgところが帰国時はスーツケースが2つに増えてしまいました。

お土産を買い過ぎた?

いやいや、実は香港のショップで、以前から目を付けていたスーツケースを発見してしまったのです。
日本ではずーっと欠品状態(今現在は再度入荷したみたいですが)のスーツケースが日本の価格より安く売ってる…

散々悩んだ結果、買ってしまいました。

d0044965_19595742.jpg
このスーツケースの最大の特徴は、荷物の量によって大きさを3段階(小⇒中⇒大)と変えられるところです。
左の状態が「小」の状態。この状態だと、キャリーオンOKです。
そして右が「大」の状態。「小」に比べて約2倍の収納が可能となりますので、現地で荷物が増えても問題なし!
行きはキャリーオンの大きさで収納できても、帰りは荷物が増えそうだな、という時に重宝しそうです。
[PR]

by balineta | 2012-07-28 20:09 | トラベル

すみだ水族館 東京スカイツリーその4

d0044965_23403345.jpg東京スカイツリーに隣接して「すみだ水族館」もあわせてオープンしました。入場料金は大人2,000円。スカイツリーを天望回廊まで上がり、水族館も入場するとトータルで5,000円。ちょっとお高いかなあ?!
私のスカイツリー訪問記。最終回の今回は、すみだ水族館をご紹介します。

d0044965_23445767.jpg入場すると、まず展示されているのは、くらげや小魚類。なんとなく地味系からスタートします。

d0044965_23462916.jpgここは「アクアラボ」というコーナー。オープンスペースになっており、飼育員がいろいろな世話をしている様子を見ることができます。

d0044965_23483187.jpg
水族館と言えば、お約束の熱帯魚も。サンゴ礁とカラフルな熱帯魚は本当にきれいです。
その他、エビや小さなサメなどが泳ぐ大きな水槽もありました。

d0044965_23523695.jpgこちらは開放型の大水槽。屋内の開放型水槽では、国内最大級の大きさなんだそうです。
この水槽には、ペンギンとオットセイが生育されています。

d0044965_2355113.jpgペンギン達が集まって、飼育員のお姉さんからエサをもらうのを待っているみたいです。
早くくれないと、どっかの仲間みたいに東京湾に逃げちゃうぞ、と言っているのかいないのか…

d0044965_23573855.jpg餌をもらえたみたいで、満足げに水槽に入っていきます。いや~、ペンギンかわいい。

d0044965_2359636.jpg水族館内の軽食コーナーでは、小笠原の味覚を使ったソフトクリームが売られていました。

以上で、スカイツリー訪問記終了です。次回からは香港の続きに戻ります。
[PR]

by balineta | 2012-05-27 00:05 | トラベル

東京スカイツリー その3

d0044965_12272778.jpg天望デッキは三層になっており、天望デッキから天望回廊へ上るエレベーターはフロア350にありますが、天望回廊からの下りエレベーターはフロア345に着きます。そこからエスカレーターでフロア340へ降りると、地上階へ降りるエレベーター乗り場があります。このあたりちょっとわかりにくいかも。
さて、フロア340にあるのがスカイツリーカフェ。当然注文するのは、ソラカラちゃんパフェかテッペンペンサンデーですよね(笑)

d0044965_12343236.jpgフロア340には、ガラス床という場所があります。その名の通り、床の一部が強化ガラス製になっており、真下が見える仕掛けです。
でも、ガラス部分の面積がそれほど広くなく、迫力ももうひとつ?

d0044965_12364275.jpgちなみに真下を見ると、こんな感じです。

d0044965_12372018.jpg下りのエレベーターの内部です。江戸切子をイメージした造りになっているそうで、きらきらと輝いてきれいでした。
[PR]

by balineta | 2012-05-26 12:49 | トラベル

東京スカイツリー その2

d0044965_2057918.jpgさて、それではもう一つの展望台、「天望回廊」へ参りましょう。
天望回廊へは、天望デッキ内のチケット売り場で、入場券を買う必要があります。天望デッキまでが2,000円、そして天望回廊へ行くにはさらに1,000円かかります。

d0044965_20594746.jpg天望回廊に到着です。天望デッキに比べかなりコンパクトですね。肝心な景色ですが、天望デッキが海抜350mに比べ天望回廊が450mと、さらに100m高いのですが、それほど景色の見え方に差があるように感じられませんでした。おまけに天望回廊は、ちょうど目線のやや下あたりにある窓枠が邪魔になって、ちょっと景色が見難いような構造でした。

とにかく高いところが好き!という人でなければ、海抜350mの天望デッキだけで十分満足できると思います。

d0044965_2191588.jpg
そうそう、天望回廊から東京タワーがよく見えました。天望デッキでは気が付かなかったなあ。
電波塔の新旧交代ですが、両タワーとも東京の観光名所として賑わい続けてもらいたいですね。

d0044965_21125036.jpgもうひとつ、天望回廊の特長として、床面がフラットではないことが挙げられます。
少しずつ傾斜が付いていて、約5mほど登ったところが最上部となっています。

d0044965_21145610.jpg
天望回廊に傾斜があり、登っていることがよくわかる場所があります。面白い構造ですね!
ここで写真を撮っている人が沢山いましたよ!!

d0044965_21173367.jpg最上部に到着です。スカイツリーの全高は634mですが、一般客が登れるのは、451.2mでした。

またまた次回へ続きます~
[PR]

by balineta | 2012-05-23 21:20 | トラベル

東京スカイツリー その1

d0044965_21371387.jpg香港編のアップを一時中断しまして…

今回から何回かに分けて、本日オープンした東京スカイツリー見学のご報告を。
尚、画像はオープンに先駆けて実施された関係業界の内覧会の時のものですので、本日のものではありません。

こうして真下から見上げると、すごい迫力ですね。

d0044965_21434844.jpgここでチケットを購入して、エレベーターホールへ向かいます。

エレベーターは4基あり、内部はそれぞれ季節をイメージしたデザインになっています。ちなみに私が乗ったエレベーターは「春」でした。
またこのエレベーター、約350mをわずか1分足らずで登ってしまいます。しかも静かで全く揺れない。
さすが日本の先端技術。感心しました。

d0044965_21481759.jpg地上350mにある「天望デッキ」です。要は、メインの展望台フロアです。
d0044965_2150617.jpg
天望デッキからの眺め。南西方向。
隅田川が見えます。その先には都心の高層ビル。さらに遠くには新宿の高層ビルなどが見えます。

d0044965_2153980.jpg
同じく天望デッキからの眺め。北方向。
北方向は住宅街でこれといったランドマークや高層ビルもないので、ちょっと景色が地味ですね。
比べちゃいけないかもしれませんが、香港のリッツカールトンから見た景色のような、度胆を抜かれるような迫力は感じられませんでした。

d0044965_21581757.jpg
もう1枚、天望デッキからの眺め。こちらは南東方向です。
遠くに東京ディズニーリゾート。その奥に東京湾の湾曲した海岸線が千葉方向へ続いています。

d0044965_2204711.jpg
左上から時計回りに、「国技館」・「浅草」・「東京ゲートブリッジ」・「東京ドーム」

次回へ続きます!
[PR]

by balineta | 2012-05-22 22:05 | トラベル

東風發のチキンライス

d0044965_21591792.jpg
今回のシンガポール滞在中も、マックスウェル・フードセンター内の「東風發」にハイナン・チキンライスを食べに出かけました。今年の2月に初めて食べたのですが、その美味さが忘れられず…
チャイナタウンのホテルにステイしたおかげで、ホテルから徒歩10分弱で行くことができます。

d0044965_222535.jpg
チキンライスとスープでSG$2.5です。日本円で150円くらい。いや~、お手頃価格で実に美味!!
毎日でも食べたいわ、ホンマ。

ところで、日本に帰国後に気付いたのですが、前回食べたときは、このようにチキンとご飯は別に盛られていましたが、今回はご覧のようにご飯の上にどん!とチキンが盛られていました。
チキンの量もあきらかに少ない気がします。
で、値段はというと、前回はSG$3.5、そして今回はSG$2.5だったわけで、この違いはなんだったんでしょうね?2回とも特に「どうする?」みたいな注文など訊かれませんでしたが、前回はスペシャル、今回はスタンダードみたいな感じですね。
[PR]

by balineta | 2011-12-24 22:14 | トラベル

シンガポールをぷらぷらと

d0044965_2065047.jpg宿泊したホテル
ザ ポースレン ホテル (The Porcelain Hotel)は、この通り(Mosque Street)沿いにある、
写真の左側に写っている白い建物です。

ホテル周辺はチャイナタウンということもあり、高級な店構えから庶民派系まで、沢山の中華料理屋がありました。

d0044965_20122347.jpgホテルの外観のアップです。
昔からある建物をそのまま使い、館内をホテルに改装したのでしょうか。外見の雰囲気が良かったので期待度大だったのですが、客室のすごさ(苦笑)は先日の記事の通りです。

d0044965_20153516.jpgシンガポールには夕方前に到着し翌朝にはもう帰国便に搭乗するので、あまり大したことはできませんでしたが、とりあえずシンガポール一の目抜き通りと言われるオーチャードロードの見物に行きました。
伊勢丹と高島屋が隣り合っており、なんだか日本にいるみたいだ…

d0044965_20233734.jpg面白いものを見かけました。
ERP(Electronic Road Pricing)というもので、繁華街の自動車交通量をコントロールし交通渋滞を起こさないよう考えられたシステムで、時間帯により道路の通行料金を徴収する制度です。日本のETCのように車の車載器と通信し、自動的に課金されます。
お金を払いたくない人は、ピーク時を避けて車を使うか、車を使わず公共交通を使うわけで、よくできたシステムだと思います。
[PR]

by balineta | 2011-12-23 20:31 | トラベル