カテゴリ:エアライン( 283 )

燃油サーチャージに関して一言

本来なら、今年の12月1日は、我々海外旅行好きには、忘れられない一日になるはずでした。

昨日、ANAから本年12月・来年1月の燃油サーチャージ値下げ!の発表がありました。
(恐らくJALも同額の値下げで追随するはずです)

でもね、値下げだ~って、喜んでばかりもいられません。

なぜって、ご存知の通り、燃油サーチャージは、改定時点における直近2ケ月のシンガポールケロシン市場価格の平均で決まります。今回の改定の基準になった市場価格の平均はUS$57.92でした。

皆さん、覚えていますか??

確か、昨年くらいだったかなあ? NHとJLが、燃油サーチャージの計算に為替レートを持ち出したことを。
「要は、サーチャージの値下げは円安なんで、少しだけにしときますよ」みたいな、わけのわからないルール。

このふざけたルール変更がなければ、シンガポールケロシンUS$60未満なら、燃油サーチャージはゼロに
なっていたのです。
そう、今年の12月1日をもって、燃油サーチャージは廃止になるはずだったんです!!
それが、北米は往復14,000円、インドネシアなら8,000円、香港でも3,000円を引き続き、NHやJLに
搾取され続けることになるのです。

ちなみに燃油サーチャージを徴収する理由は、「原油価格の高騰に伴い、企業努力で吸収しきれない航空燃料費用の一部をお客様にご負担いただくため」とあります。
でも、NHもJLも直近の決算を見る限り、相当な利益を出している。だったら、もっと企業努力(=多少、利益を吐き出しても)をして、燃油サーチャージを廃止するくらいできないのかと思います。

さらに!もっとふざけたことに!!
NHもJLも、燃油サーチャージに為替を絡ませるルール改悪は日本国内の発券のみ。つまり同一区間でも、海外発券なら、12月1日より、NHもJLも燃油サーチャージを徴収しないんですよ!!!
実例を↓見てくださいな。「適用なし」って書いてあるでしょ!
https://www.ana.co.jp/book-plan/charge/fuelsurcharge/#anchor008

いったい、日系2社は、どっちを向いて商売しているんだ!って、今朝から憤慨しています!!
[PR]

by balineta | 2015-10-20 13:29 | エアライン

GA418便 ジャカルタからバリ島へ

さて、ここまではまずまず順調に来ましたが、ここからが鬼門のガルーダ国内線の移動。
今までの経験から、まずまともに飛ばない。30分程度の遅れなら誤差の範囲内ってくらい、
定刻という概念がない。今までの最悪例で、確か3~4時間遅れて、後続便に追い越されたことも
あったっけ・・・ 長旅で疲れているし、早くバリ島に着いてホテルでゆっくりしたい・・・

ところが!今回のガルーダは一味違う!!
なっなんと、出発30分前に搭乗開始。(いつもなら、出発30分前になっても機材が到着していないのに!)
そして、定刻にジャカルタを出発~

d0044965_143497.jpg
ガルーダは、国内線もちゃんとした機内食が出ます。牛肉ご飯(これはまあまあ)とデザートのゼリー(ちょっと変な味。。。)

そして、これまた定刻にデンパサールに着くという奇跡のようなフライトを経て、今回のバリ島旅の幕開けです!
[PR]

by balineta | 2015-10-14 00:49 | エアライン

JAL725便 2015年9月 ビジネスクラス機内食

d0044965_2217326.jpg
オードブル
サーモンのマリネ ヨーグルトのソース
メインカイザーのパンも供されました。


d0044965_22282246.jpg
メインは2種類あって選ぶことができます。
私は、和牛サーロインを選びました。


d0044965_22292535.jpg
デザートは、カボチャのプリンです。


d0044965_223159.jpg

ジャカルタ到着の1時間ほど前に、軽食のサービスがあります。
私は「ですかいシリーズ」の新商品「ちゃんぽんですかい」を頂きました。
[PR]

by balineta | 2015-10-12 00:33 | エアライン

GA400便 ジャカルタ05:40 --- 08:40デンパサール

さて、JAL729はあろうことか40分も早くジャカルタに到着。
さすがにこんな時間だと他の国際線も無く、到着ビザカウンターも入国審査も
JL729御一行様専用みたいな感じで空いている。
そしてターンテーブルからスーツケースを受け取り、時間を確認するとまだ午前1時前・・・

とりあえず到着ロビーに出て、朝まで時間を潰せそうな場所を探す。
この時間はインチキポーターも白タクの客引きも少ないね・・・
首都の国際空港だからいくつか24時間営業のレストランがあるんだろうと想像していたものの、
実際はぜーーーんぶ閉まっている・・・
探し方が悪いのかもしれないけど、スーツケースを持って当てもなく
空港内も彷徨いながら探すには限界がある。

ちなみにローカルの人々も乗継の関係なのか相当数空港内に滞留しており、
皆さん、長椅子の上やロビーの床の上に段ボールとか敷いて寝ている。

結局、自分もロビー内のクローズしているカフェに入り込み、椅子に座り、ぼーっと朝が来るのを
待つこととした。目をつぶっても寝ることもできないし辛いなあ・・・
よっぽど元気じゃなければ、JL729でCGK夜更かしはお勧めできないなあと実感。
バリ島到着前に体調がおかしくなりそう。

そしてようやく朝が。こんなに朝が来るのが待ち遠しかったのはいつ以来?(苦笑)
スカルノハッタ名物の訳のわからないインフォメーションにやや戸惑いながら、GA400便のチェックインを
済ませ、いよいよバリ島へのフライトに搭乗。さすがに早朝だけあって定刻でした。

d0044965_1643370.jpg
早朝のスカルノハッタを機内から。
さて、私の搭乗便。何故ガルーダなのに羽根の色が青くないでしょうか?!


d0044965_1647518.jpg
正解はこちら。
たまたま搭乗した機材がガルーダのクラシック塗装復刻版の機材だったのです。(写真は借り物)
ちなみにこのカラーリングは1969年から1985年のものなのだそうです。


d0044965_1650726.jpg
機内食。ガルーダはちゃんとした機内食が出るので嬉しい。
機内食を食べていると、辛かったジャカルタでの思い出が、走馬灯のように現れては過ぎ去っていきました(大げさ)


d0044965_16562054.jpg
いよいよバリ島上空へ。
右側がジャワ島、左側がバリ島。
この二つの島はこれしか離れていないんですよね!


d0044965_1657212.jpg
バリ島には似つかわしくないような風景。海に延びる海上有料道路。
でもこの道路や立体交差のおかげでシンパンシウールの渋滞が解消したのも事実です。

昨夕成田を発ち、ようやくバリ島に到着。もうこの乗継はイヤだ(苦笑)
[PR]

by balineta | 2014-11-23 17:04 | エアライン

JAL729便でジャカルタへ

JAL729便は今年(2014年)6月13日から就航を開始した便で、
この便の就航により、JALの成田~ジャカルタ間はWデイリーになりました。

が、しかし!フライトの時間が、日本人にとってはどうも中途半端。
成田を18:55に出発し、ジャカルタに着くのは日付が変わった午前1時。
ジャカルタに真夜中の1時に着いてもなあって思います。
それに成田を夜7時だと、チェックインや出国手続等を加味すると、都内で会社勤めをしていると
相当無理しないと厳しい・・・
どうせなら成田を22時位に出て、ジャカルタに早朝4時に着けば、余裕で成田に着けるし、
インドネシア国内線の乗り継ぎにも便利なんだけどなあ・・・

今回の私の目的地もバリ島。ジャカルタからの乗継便は朝5時40分発!!
というわけで、ジャカルタ空港でのトランジット時間4時間40分。
真夜中に空港内で過ごせる場所はあるのか?完徹か!野宿か!
何の当てもなかったけど、とにかく成田を出発した。

d0044965_20593156.jpg

d0044965_20595399.jpg

d0044965_210978.jpg

Cクラスの機内食。
上から、前菜・メインのステーキ・デザートです。

ところでフライトですが、時間帯が悪いため予想通り空いている。
Cは半分弱、Yも3割程度しか埋まっていないみたいだった。

いつもは「早く飛べ」って思い、もたもたしている客のためにドアクローズが遅れると毒づく自分が、今回ばかりはなんかトラブルでもあって出発が1時間くらい遅れないかなあって、勝手なことを思っている。

がしかし、客が少ないため定刻より早くドアクローズ、そしてプッシュバック開始。
滑走路が混んでいて離陸待ちしないかなと願っていたら、なんだかやたらスムーズに滑走路へ・・・
そしてあっさり離陸!!!

機内食はそこそこ美味で、機材は最新のSKY SUITE 767なのでフルフラット。
快適過ぎるフライトでしたが、この後のことを考えるとちょっと憂鬱。
とっても残念なことにフライトは順調で、スカルノハッタには定刻より40分程早く0時20分の到着でした(泣)
[PR]

by balineta | 2014-11-22 21:17 | エアライン

JL091便Cクラス 機内食

d0044965_1602297.jpg
JL091便Cクラス 機内食です。
日韓線は飛行時間も短いため、Cでも大した機内食は出てきません。
[PR]

by balineta | 2014-11-15 16:03 | エアライン

JL091 HND→GMP 景色

d0044965_8385556.jpg
先月、ちょこっとソウルに行ってきました(なんと日帰り!!)
行きのJL91便から見えた景色。
こちらの大きな湖は「諏訪湖」です。


d0044965_8405769.jpg
そしてこちらは、噴火で大きな災害となった「御嶽山」です。
まだ山頂の火口からは噴煙が確認できました。
[PR]

by balineta | 2014-11-15 08:45 | エアライン

GA418便 CGK(ジャカルタ) --- DPS(デンパサール)

ジャカルタで約3時間のトランジットを経て、GA418便でいよいよデンパサールに向かいます。

本当はトランジット時間をもっと短縮したいのですが、何と言っても悪評高いジャカルタでの
入国手続きを考えると、タイトなスケジュールは怖くて組めません。
今日もあいかわらず、やる気の全く感じられないビザ売りのおっさんと入国審査官にイラッとしつつ、
なんとか入国を済ませ、荷物を受け取り、GAの乗り継ぎカウンターに向かいました。

最近変わったなあと思うのは、かつてはジャカルタ名物やる気のない三羽烏の一員だったGAのスタッフが、今では見違えるようにやる気をだし、フレンドリーになったこと。やっぱり、スカイチームに入り、自覚も生まれてきたのかな。

d0044965_6233652.jpg
そして、こちらがGA418便の機内食。
インドネシアっぽい味で美味しかったですよ。
ということで、怒涛の機内食画像連発も一旦終了。バリ島に到着です!!
[PR]

by balineta | 2014-06-29 06:27 | エアライン

JL725便 NRT(成田) --- CGK(ジャカルタ)

旅の始まりは、JAL725便でジャカルタへ向かいます。

d0044965_17101291.jpg
Cクラスの機内食。
「空の上のオーベルジュ」BEDDがコンセプトだそうです。
因みにBEDDの意味は、BEDにもうひとつDが加わった造語で、
最後のDは、Dine、Delicious、Dreamの意味が込められているそうです。

上の写真は前菜とスープ、パンなど。サラダは、ホロホロ鳥のスモークサラダです。


d0044965_17142148.jpg
こちらがメインの「和牛サーロインステーキ」でございます。
このステーキは本当に美味しかった。今までの他のエアラインでの経験も含めた、私の機内食の記憶でもトップ1と言えるくらい美味しい肉でした。こってりしたソースをかけずに、粟国の塩をちょっとふって食べたことで、肉の旨味を十分に引き出すことができたかなと思います。


d0044965_17222560.jpg
デザートは「マスカルポーネのムース」です。(と、メニューに書いてあります。)
マスカルポーネって何でしょう?(苦笑)
私は甘いものもOKなので、美味しく頂きました。


d0044965_17253291.jpg
ちょっと残念だったのが、機内で使える(はずの)Wi-Fi。
有料なので、初めにクレジットカード番号などを入力して認証手続きを行うのですが、どういうわけか電波状態が極めて悪く、途中でブチブチ切れたり、圏外になったりの繰り返し。
何度かトライしたのですが、一向に認証完了まで進まないので、諦めてシートをフラットにして、ジャカルタに着くまで惰眠を貪ることにしました・・・。まあ、認証までうまくいって課金されるようになってから、ブチブチ切れるよりはまだ被害がなくて良かったかなと。
[PR]

by balineta | 2014-06-28 17:33 | エアライン

JL94便 GMP(金浦) --- HND(羽田)

今回はソウル日帰りの旅でした!
金浦だと地下鉄で市内にもすぐに向かうことができるので、
日帰りでもそこそこ楽しめます。(あくまでも、「そこそこ」ですけど)

d0044965_933483.jpgスーツケースなど、持ち歩くのが面倒なものは空港から空港駅に向かう地下道の途中にある、ロッテモール内のコインロッカーがお薦め!
1回100ウォンですが、当日中に荷物を出せば、お金が戻ってきますので、実質的には無料で使えます。
両替機もあるので小銭が無くても大丈夫。
空港内でも荷物預けはありますが有料だし、帰りに金浦のロッテで買い物をすることを考えているなら、断然ロッテのコインロッカーがお勧めです!


d0044965_917255.jpg
JL94便、Cクラスの機内食です。
「鴨団子」「秋刀魚甘露煮」「サーモン柚子胡椒焼き」など。。。

金浦のJALが使う大韓航空ラウンジは悲惨なほど粗末。ジャカルタのラウンジよりしょぼい。
そして致命的なのは出国手続きの手前のランドサイドにあるため、ゆっくりできません。

というわけで、ラウンジでは大して飲み食いもせずに搭乗したので、機内食はきれいに食べ尽くしました。
そしたら、行きと違い、帰りはスチュワーデスに「きれいに食べて頂いてありがとうございます」と
感謝されてしまいました。
[PR]

by balineta | 2014-06-22 09:43 | エアライン