ジャカルタ スカルノハッタから入国+ガルーダ国内線乗り継ぎ

JAL725便は定刻より少し早く到着。
ジャカルタで入国後、GAの国内線でデンパサールに向かいます。

今年に入りインドネシアの入国手続きはずいぶん変わり、
①入国カードの記入が無くなった。(税関申告書の記入はあり)
②VOA(入国ビザ)US$35は、一定の要件を満たせば不要になった。

という内容で、①は今年のGWには実施済でしたが、②はGW後の実施となったため、今回が初めての経験となりました。

ジャカルタ到着後の動線は以前と変わらず、VOAの購入窓口と、入国審査カウンターは隣り合わせに位置しています。スムーズな入国を期待していましたが、まだ前に到着した便の客が捌けておらず、入国審査カウンター周辺にはわらわらと人が溜まっています。
その上さらにVOAが不要になったことについてのインフォメーション等が全く無く、係員はいるものの積極的に案内をするわけでもなく(これらはインドネシアでは当たり前のことですけど!)本来VOAが不要になった人がVOAの行列に並んだり、必要な人が直接イミグレの列に並んだりしているようで、なんだか混乱状態です。

私はVOA不要の要件を満たしているので、VOAの列には並ばず、イミグレの列に並びます。
※ここであらためてVOA不要の要件をかいつまんで確認しますと!!
①日本国籍を有している
②観光目的の入国である
③滞在は30日以内である(延長は不可)
④出入国する空港がジャカルタ、スラバヤ、バリ島、メダン、バタム島の5空港のいずれかであること。よって、例えば①から③の要件は満たしても、ジャカルタで入国して、ジョグジャカルタから出国する場合などは、④に該当しないため、VOAは必要となる。

さて、イミグレの列に並んだものの、遅々として列が進まない。見ていると、入国できず不満そうな顔をして引き返す人もちらほら(恐らくVOAを取ってこい、とでも言われたんだろう…)30分以上列に並んでようやく自分の番に。
今までは、特段問題もなく入国できたのですが、今回は、「何日間ステイするのか」、「宿泊はどこか」、「バリ島までの航空券(Eチケット)を見せろ」など、質問がやたら細かい。入国カードを無くし、VOA免除も始めたこともあり、入国審査がしつこく厳格になったせいで、一人当たりの処理に時間がかかり、このような大行列になっているようでした。
今後、イミグレに並ぶ際には、あらかじめEチケットやホテルの宿泊バウチャー類などを用意しておいたほうがスムーズかもしれませんね。

d0044965_1257201.jpg

無事入国ができると、パスポートには通常の入国スタンプとは別に、「TOURISM PURPOSE ONLY」というスタンプが押してありました。(画像は、帰国後撮ったものなので、出国スタンプも押してあります)

入国してしまえばあとはスムーズ。
さっさとスーツケースをピックアップし、GA国内線乗り継ぎなので、到着ロビーには向かわず、GA乗り継ぎ専用ルートを通り、税関をさくっと通過し、GA国内線乗り継ぎカウンターであらためてスーツケースを預けボーディングパスを受け取り、搭乗ゲートへ。おおよそ、飛行機を降りてからの所要時間は1時間ほど。入国審査が混んでいなければ、もう少し早くなったかなということで、無事に乗り継ぎが出来ました。
[PR]

by balineta | 2015-10-13 00:18 | ジャカルタ

ジャカルタでの乗り継ぎ

NH便はほぼ定刻にジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に到着。

私と同行の友人(初インドネシアです)は、知人と会うため、同日のGA国内線で

スラバヤに向かいます。乗り継ぎ時間は約2時間半。さあ、間に合うか?

まずは、VISA支払い&入国手続きです。

以前のCGKは、VISA支払い窓口でVISA代金を払い、それから100mくらい移動して

入国手続き(パスポートにVISAシールを貼られ入国スタンプを押される)をしたと思うのですが、

いきなりルールが変わっており、VISA支払い窓口で代金を支払い、VISAシールを持ったまま

隣にあるカウンターで入国手続きを行い(ここでVISAシールを貼られ押印)、その後は専用通路を

通り、以前まで手続きをしていた入国審査場を横目で見ながら、はい入国!となってました。

実感として、以前の方法よりはすっきりしたように思えるのですが、相変わらずちゃんとした案内がなく、

VISA購入窓口と入国手続きのカウンターが隣り合っているため、いきなり入国手続きの列に並んでしまい

はい、やり直し~!という悲惨な人も何人か見受けられました。

続いて、預かり手荷物をターンテーブルから受け取ります。

受け取り後、GAのサイトや他の方のブログを見ると、GA国内線への秘密の(笑)トランジット通路が

あるようなのですが、私がターンテーブル付近にいた「案内係」のスタッフ(日本語可)にGAの

トランジットはどこ行くの?と尋ねると、あっさり「税関を済ませ、外に出たら左へ進め」と。

そんなの知っとるわい!!

結局、秘密のトランジット通路はわからず、普通に外へ出て、うるさいポーターを蹴散らしながら

第2ターミナルの国内線2階に移動し、GAのチェックインを改めて行ったのでした。

ちなみにここまではやたらスムーズで、降機後約1時間で国内線ターミナルの出発ロビーまでたどり着きました。
[PR]

by balineta | 2011-03-03 20:22 | ジャカルタ

JUANDA 駅

d0044965_23532231.jpgアリラジャカルタから歩いて10分ほどで、インドネシア国鉄JUANDA駅に着きます。
このあたりの線路は日本の援助もあり高架となっており、一見日本の都市近郊の駅のようにも見えます。が、一見そう見えるだけで、実際はあちこちにごみが散乱し、自分たちの地元の駅をきれいに使おうなんていう気持ちはサラサラなさそうです。

d0044965_23534628.jpg駅の高架下は商店が並んでいます。こんなところも日本と似ていますが、実際はかなり荒んでいました。
d0044965_235437.jpg
それでも渋滞知らずで本数も多く、おまけに運賃の安い鉄道は庶民の足として定着しています。
↑の写真はJUANDA駅からの運賃表。
左はEKSPRESで急行電車、真中はEKONOMI ACでエアコン付の各駅停車、そして右はEKONOMIでエアコンのない各駅停車の運賃です。一番安いEKONOMIならコタまでRp.1,000、ボゴールまでRp.2,000とありえない安さです!但しラッシュ時は屋根に乗ることもあり!?
日本からの中古電車は、EKSPRESかEKONOMI ACに使われていて、これらは冷房完備、走っている時はドアが閉まり、車内混雑もそれほどではありません。

[PR]

by balineta | 2010-08-16 16:47 | ジャカルタ

ピョンヤンレストラン

d0044965_9384229.jpgジャカルタ滞在中、現地在住の知人と知る人ぞ知る「ピョンヤンレストラン」に行ってきました。
そう、何と言ってもこの店のウリは、ウエイトレスが「喜び組」というところです!
レストランの場所ですが、ブロックMよりやや南側の一見したところ住宅街のようなところにありました。ちなみにブロックMからタクシーで5分程度でした。
この日の客は韓国人ばかりで、日本人は私達だけでした。

d0044965_10212124.jpgメニューは、ハングル・英語・インドネシア語で書かれています。
値段は、高からず安からずでしょうか。また牛肉はオーストラリアからの輸入肉を使っていると言ってました。

d0044965_10252062.jpg焼肉を頼むと、付け合せの小皿がどんどん出てきます。
ここで注意すべきことは、肉は自分たちのテーブルで焼くように指示することです。その場合は喜び組が客の目の前で肉を焼いてくれますが、その指示をしないと厨房でヘルパーのインドネシア人が焼いた肉を持って来ます。せっかくこのレストランに来たら、喜び組の焼いた肉を食べる!これが基本ですからね。

d0044965_10354067.jpg
さあ、お待ちかねのショーの始まりです。
1日に何回かショータイムがあり、給仕をしていた喜び組の面々が代わる代わる舞台に上がって歌を熱唱します。(ショーの時間についてはあらかじめ確認しておいた方がよいかもしれません。ちなみに私が行った晩は夜8時からでした)
歌は朝鮮語の歌詞のものばかりでしたが、私達が日本人客だったためか、1曲だけ「北国の春」を日本語で歌ってくれました。
喜び組は、ジャカルタに大体2~3年勤務するそうで、ある程度のベテランになるとインドネシア語も話せるようになるそうです。残念ながら日本語はほとんどダメでした。
↑の4枚組の写真ですが、左上が私達のテーブルを担当した女性で、愛嬌があり話していて楽しかったです。そして右上の女性はクールな雰囲気で、私達は「小雪」と呼んでました。
d0044965_1047997.jpg
ショーは30分ほどで終了します。最後は舞台にショーで歌唱した全員が揃い、感謝の歌みたいのを歌っておしまいです。
ショーの間は大盛り上がりで、韓国人客は興奮気味に花束をいくつも渡していました。実はこの花束は喜び組へのチップ替わりで、1つRp.100,000で店から買う仕組みになっています。(彼女達は直接現金は受け取れない決まりがあります)
私は花束こそ買いませんでしたが、この超異次元の世界に酔い、知人が呆れるのを尻目に写真をバシバシ撮ってしまいました!

そうそう、肝心な料理の味ですが、焼肉は普通に美味しかったですよ。
恐らく、激ウマ焼肉を食べたいというのが目的でしたら、ピョンヤンレストランはお勧めできませんが、適度に美味しい焼肉を食べながら喜び組のショーを見て盛り上がるという、エンターテインメント性に価値観を見出すのであれば、一度行ってみることをお勧めします!私もまた行きたい(笑)
[PR]

by balineta | 2010-08-14 11:07 | ジャカルタ

JAKARTA KOTA駅(ジャカルタコタ駅)

d0044965_603814.jpgジャカルタ・コタ駅です。
随分と立派な駅舎ですね。

d0044965_61469.jpg駅舎の中に入ってみました。ドーム型の天井が特徴的です。
調べてみると、オランダ統治時代の建物で既に築100年を超えた歴史的建築物のようです。

d0044965_611895.jpgホームに入るには切符が必要なため、外側から撮ったのでわかりにくいですが…
東京の都営地下鉄三田線で走っていた電車が、こんなところで働いていました!

d0044965_613547.jpgついでにこちらは、東急田園都市線(東京メトロ半蔵門線)の中古電車です。
次々とこんな電車を見ていると、まるで都内のどこかの駅にいるようです。
d0044965_61476.jpg
こちらはおまけ。
以前も屋根に人を満載した電車の写真をご紹介しましたが、あまりにも初めて見たときのインパクトが強かったので、別の電車での光景をもう一度。
この電車の屋根は比較的余裕があるようで、ちょっと楽しそうです(苦笑)
でも、屋根に乗り降りするのって大変だと思うんですけどね。わずかな停車時間にどうやって登ったり降りたりするのか??
自分も一度試してみたいです←ウソです!
[PR]

by balineta | 2010-08-10 12:45 | ジャカルタ

OLD BATAVIA

d0044965_1146768.jpg
コタ駅から北へ10分ほど歩くと、いわゆるOLD BATAVIAというエリアに着きます。
このエリアには、今でもオランダ植民地時代の建築物が数多く残っており、ジャカルタらしくない落ち着いた独特の雰囲気を醸し出しています。

d0044965_1212267.jpgカフェバタビアもこのエリアにあります。
2階の窓側の席に座ると、ファタヒラ広場が一望でき、広場で三々五々寛ぐローカルの人たちを見ることができます。

d0044965_12185186.jpgコタ駅近くで客待ちをするバジャイの車列。
先頭のバジャイはフロントガラスの上に6連のランプを搭載したお洒落なバジャイです(笑)
[PR]

by balineta | 2010-08-08 12:31 | ジャカルタ

TRANS JAKARTA (トランスジャカルタバス)

d0044965_12324641.jpgジャカルタでの公共交通機関でツーリストにとって一番使いやすいと思えるのが「トランスジャカルタバス」です。現在8路線運行しており、さらに拡大の予定もあるようです。
なぜ使いやすいかといいますと、①路線図が明示されており、迷いにくいです。②運行本数が多いので、それほど待たずに乗れます。③専用車線を走るので、あまり渋滞の影響を受けません。④運賃が均一料金でどこまで乗ってもRp.3,500。乗換えしても追加料金はかかりません。⑤冷房完備で、バスもそれなりにきれいです。

d0044965_1233443.jpgでは実際にバスに乗ってみましょう。
トランスジャカルタは道路中央部の専用車線を走ることから、バスに乗降するには車道を横断しなくてはなりませんが、たいていのバス停には歩道とのアクセス用に歩道橋があります。(一部に横断歩道や地下道によるアクセスもありました。)

d0044965_12332215.jpgバス停に着くと、まずはチケットを買います。これはKotaバス停のチケット売り場です。バス運賃はRp.3,500、早朝割引もあるんだそうです。
チケットはプラスチックカードで、自動改札に挿入し、バス停の中に入ります。そう、バス停ですが、改札がありまるで駅のような造りになっています。

d0044965_12333751.jpgこの写真はHarmoni停留所です。Harmoni停留所は、1,2,3,8号線と4系統のバス路線が交わる大きな停留所のため、構内は本当の駅のように広く、あちこちの乗り場からバスが発着しています。乗換えをしても改札の外に出なければ、運賃は通しで一度払うだけでOKです。

d0044965_12335275.jpgこちらは夕方のharmoni停留所。
朝夕のラッシュ時間帯になると、広い構内もバス待ちのお客さんで非常に混雑します。
私も夕方に人と会うため、ブロックM行の1号線バスに乗ろうとしたのですが、満員で乗りきれず3台くらい待たされました。

d0044965_1234636.jpgHarmoni停留所には、乗り場ごとにバスの行き先案内が掲示されています。
これもツーリストにはとてもありがたいサービスです。
というか、行先案内なんて当たり前のサービスなのですが、これがあのインドネシアにあることが新鮮な驚きです!

d0044965_12342121.jpgバス車内です。
車内には車掌がいて、次のバス停の案内やドアの開閉操作をします。トランスジャカルタは全ての停留所に停車しますが、乗降客がいないとすぐに発車するので、降りる停留所が近くなったらあらかじめドアのそばに移動しておく方が無難です。
日本の路線バスのように、「バスが止まってから席を立っていたら」間違いなく降り損ねます(苦笑)

d0044965_12343657.jpgこちらも同じくバス車内から撮った写真。
渋滞している一般車線の車を横目に、専用車線を突っ走ります!
ただ、交通マナーの悪いジャカルタゆえ、たまーにトランスジャカルタの専用車線を走っている一般車も見かけましたけど…

d0044965_12345162.jpg一部の新型バスは車内前面に「次のバス停の案内表示器」が取り付けられ、またインドネシア語と英語の案内放送も流れていました。すべてのバスがそうなれば、より一層わかりやすいバスになりますが、現状でも十分利用価値のある交通機関だと思います。

最後に、こちらが路線図です。皆さんもジャカルタへ行ったらぜひ試乗してみてください~
[PR]

by balineta | 2010-08-07 06:39 | ジャカルタ

ALILA JAKARTA プール

d0044965_20571562.jpg
アリラジャカルタには、ご覧のような気持ちの良い屋外プールがあります。
確かホテルの6階くらいにあり、外の景色を見ることもできます。

水深は150cm程、また長さは20m程。泳ぐには十分な広さのプールでした。
[PR]

by balineta | 2010-08-03 21:02 | ジャカルタ

ALILA JAKARTA レストラン

d0044965_17151165.jpg
アリラジャカルタの朝食の一例です。
ブッフェスタイルで供されており、毎朝メニューの豊富さにうれしくなります。

d0044965_17185089.jpg
また特徴のあるのはegg station。
卵料理専用のシェフが待機し、ゲストのリクエストに応じてオムレツや目玉焼きなどを作ってくれるのは当たり前として、アリラジャカルタのegg stationでは、御覧のようにオムレツの具をゲストが自由に選ぶことができます。
自分の食べたい具を何種類かお皿に盛ってシェフに渡すと、ささっと「特製オリジナルオムレツ」を作ってくれます。
[PR]

by balineta | 2010-08-01 17:24 | ジャカルタ

ALILA JAKARTA 客室

d0044965_1515142.jpg今回私がアサインされた客室です。
一番安いカテゴリーの客室を予約したのですが、窓が大きかったり、バスルームにバスタブがあったりと、少し良い部屋にアップグレードしてくれたのでしょうか?

d0044965_15193441.jpg同じく客室を反対側の構図でもう1枚。
TVは昔ながらのブラウン管テレビでした。NHKプレミアムは当然映ります。また客室内では無料でWI-FIを利用できます。

d0044965_15261258.jpg客室から眺める早朝のジャカルタです。
客室の窓の大きさを表現するために、少し引いた位置から撮影しています。
一番安いカテゴリーの部屋の窓は腰ぐらいの位置までなのですが、この客室は足元まで壁全体が窓になっており、とても開放感のある客室でした。

d0044965_15294121.jpgバスルームにはバスタブが備わっていました。
暑いジャカルタゆえ、シャワーだけでも十分かもしれませんが、やはりバスタブがあるとゆっくりできてうれしいものです。
[PR]

by balineta | 2010-07-31 15:32 | ジャカルタ