Tunjung Mas Bungalows(トゥンジュン マス バンガロー)

Tunjung mas bangurrow(トゥンジュン マス バンガロー)に泊まるのは、今回が2回目。最初に泊まった時は、スーペリアルームの2号室、今回はデラックスルームの1号室。このホテル、1階がスーペリア、2階がデラックスになっている造りの建物が細長い敷地に手前から奥へ3棟、あわせて6部屋の小さなホテルである。

場所は、プラマ社のバスターミナルより少し南に進んだ場所。向かいにワルンエナがあるあたりと言えばおわかりになるだろうか。通り沿いのショップの横を入っていくと、ホテルの駐車場があり、その奥がフロントロビーだ。
フロントから更に奥に進むとプール、そして客室棟がその奥に3棟並んでいる。並んでいるといっても、それぞれの建物には適度な距離があり、また1階と2階では部屋に入るドアの向きを変えてゲスト同士がなるべく接触しないような工夫がされている。

d0044965_18203997.jpgd0044965_1821441.jpg
d0044965_1821275.jpg上の2枚の写真がベッドルーム。部屋の3面に窓があり、とても明るく開放的な感じがする。
左の写真はアウトドアリビング。ここで食べる朝食は気持ちよかった!イス、テーブルの他、ちょっとしたデイベッドもあります。
スーペリアもデラックスも部屋に入ってしまえば、そう大差はないように感じた。今回私が泊まったデラックスの場合、広めのベッドルームにこれまた広めの洗面スペース(無駄に広いような気もするが)。入口ドアの外にはアウトドアリビングがある。

大きな違いといえば、デラックスはバスタブがあることや、2階ということで部屋からの眺めがよいことが挙げられ、予算が許すなら、やはりデラックスをお勧めしたい。

部屋の備品としては、アクアが1日2本、インスタントコーヒーとティーパック(毎午後、ポットのお湯を持ってきてくれるので、アフタヌーンティを楽しめる)、電気蚊取器など。セィフティボックスはなし、また電話も内線のみで直通外線は不可。テレビはローカル放送のみでNHKは映らない。

d0044965_1829628.jpgd0044965_18292327.jpg
d0044965_1829485.jpg左上の写真の奥のドアはトイレ。右上の写真でわかるように洗面スペースが妙に広い。
左の写真はバスタブ。外が見えるような構造。もちろんカーテンもあります。
朝食は、パン、卵、ジュース等からチョイスの簡単なもの。ホテルにレストランがないので部屋にルームサービスされる。前日の夜、フロントで頼んでおくと、希望の時間に持ってきてくれる。

わずか6部屋のホテルながらプールのあるのはうれしい。小さなプールだが、大人用と水深の浅い子供用がある。水温はウブドならでは(!)で冷たかった。

d0044965_18351967.jpgd0044965_18354391.jpg
d0044965_1836912.jpg上の2枚の写真は、ある朝の朝食。ライスフィールドを眺めながらの朝食は、格別にenak!でした。
左の写真はプール。手前が子供用。奥が大人用でした。
その他のサービスとしては、ウブド内フリー送迎。ただホテルの車が1台だけなので出払っていると、バイクに2ケツなどということも。

全体的にサービスは良好で、スタッフも真面目でちゃんとした仕事をしてくれる。バリ島ではこれが非常に大事なポイントだと思う。部屋も窓が大きく明るくてきれい。私はこういうタイプの客室が好みなので、スタッフの質もあわせ、トゥンジュンマスはウブドのお気に入りの宿になりました。

ホテルの直近にはランドリー屋あり。美味しいワルンや和食の「影武者」も徒歩圏。インターネットはランドリー屋の並びにありますが、料金ぼったくりの傾向あり。要注意!もしノーパソ持参なら、ワルンエナやバランディレストランでワイヤレスLAN利用可。どちらも徒歩3分以内です。
[PR]

by balineta | 2007-11-06 18:41 | バリ島