インドネシアの怖~いエアラインランキング

インドネシア航空当局による国内エアラインの安全度ランキングが発表になりました。

審査は、機体整備、航空機事故事件発生件数、乗組員の状況、人材、管理、航空機運航など20の項目をカバーし、そのそれぞれに対してゼロから10ポイントの評価を与えるという方式。

ポイント合計が161~200に入っていればカテゴリー1にランクされ、すべての安全条件は満たされていると評価される。
このランクのエアラインなら安心して搭乗できそうです。

その下の121~160ポイントのレンジに合計点数が入ればカテゴリー2にランクされ、航空安全条件は最低線のレベルで満たしていると評価される。
とりあえず最低限の安全は確保されているようですが…ちょっと怖いかも。。。

120ポイント未満の場合はカテゴリー3に位置付けられ、最低レベルの安全条件さえ十分に満たしていないと評価される。
インドネシアレベルでも最低の安全レベルを達していないとは…(絶句!)

で、その結果は…



カテゴリー1 : なっなんと該当航空会社なし!!

カテゴリー2 : Garuda Indonesia, Merpati, Lion Mentari Airlines,
Sriwijaya Air, Wing Abadi Airlines, Indonesia AirAsia, Mandala Airlines,
Pelita Air Service, Riau Airlines, Ekspres Transportasi Antarbenua, Trigana
Air Service, Travel Express Aviation Service, Republic Express Airlines

カテゴリー3 : Metro Batavia, Adam Sky Connection Airlines, Kartika
Airlines, Trans Wisata Air, Tri MG Intra Asia Airlines, Manunggal Air
Service, Jatayu Gelang Sejahtera

ということで、ガルーダでもようやくカテゴリー2。私がジャカルタからジョグジャまで搭乗したウィングエア(Wing Abadi Airlines)もおかげさま(?)でカテゴリー2でした。

一方、今年の元旦にスラウェシ沖で消息を絶ったアダムエアはカテゴリー3でした。

尚、この報道に対して、早速一部のエアラインからは低評価に対する不平が出ているようですが、不平不満をこぼす前に、安全対策に時間とカネをかけてもらいたい!と心底思います。
[PR]

by balineta | 2007-03-27 21:43 | エアライン