草梁(チョリャン)ミルミョン

カンジャンケジャンを満喫した後、ロッテデパートで買い物をしたりで、あっという間に時間は過ぎ、
小腹がすいてくる。。。

ていうことで、釜山駅からほど近い場所にある、「草梁(チョリャン)ミルミョン」という店に行き、
釜山名物と言われる「ミルニョン」を食べに出かけました。人気店で行列も!なんて話でしたが、時間帯が遅かったからかすんなり入店できました。
ミルミョンとは、要は冷麺のことなのですが、一口に冷麺と言っても地域によっていろいろな材料があるようでして、ここ釜山の冷麺と言えば、小麦粉を材料とした麺(ミルニョン)なのだそうです。

d0044965_21185181.jpg
店内の壁に掲げられたメニューです。相も変わらず、全く読めないので、気合いで注文します。


d0044965_21212312.jpg
ミルニョンのお出ましです。
これでサイズは小です。綺麗に盛り付けられていますね。
早速食べ始めたのですが、とにかく麺がながーーーい。。。おまけにコシがあるので、嚙み切るのも大変!
で、周りのテーブルを見渡してみると、ローカルの人達は食べ始める前に、テーブルに置かれたハサミで、チョキンチョキンと食べやすい長さに麺を切っているではありませんか。
「な~るほど」ということで、真似してチョキチョキと麺を切って食べたのでした。

味は、ワンパターンの感想ばかりですが、これまた美味しい。冷麺は暑い夏にはぴったりだ。
ここもリピートしたい店となりました。
[PR]

by balineta | 2015-10-05 00:10 | 韓国