JAL729便でジャカルタへ

JAL729便は今年(2014年)6月13日から就航を開始した便で、
この便の就航により、JALの成田~ジャカルタ間はWデイリーになりました。

が、しかし!フライトの時間が、日本人にとってはどうも中途半端。
成田を18:55に出発し、ジャカルタに着くのは日付が変わった午前1時。
ジャカルタに真夜中の1時に着いてもなあって思います。
それに成田を夜7時だと、チェックインや出国手続等を加味すると、都内で会社勤めをしていると
相当無理しないと厳しい・・・
どうせなら成田を22時位に出て、ジャカルタに早朝4時に着けば、余裕で成田に着けるし、
インドネシア国内線の乗り継ぎにも便利なんだけどなあ・・・

今回の私の目的地もバリ島。ジャカルタからの乗継便は朝5時40分発!!
というわけで、ジャカルタ空港でのトランジット時間4時間40分。
真夜中に空港内で過ごせる場所はあるのか?完徹か!野宿か!
何の当てもなかったけど、とにかく成田を出発した。

d0044965_20593156.jpg

d0044965_20595399.jpg

d0044965_210978.jpg

Cクラスの機内食。
上から、前菜・メインのステーキ・デザートです。

ところでフライトですが、時間帯が悪いため予想通り空いている。
Cは半分弱、Yも3割程度しか埋まっていないみたいだった。

いつもは「早く飛べ」って思い、もたもたしている客のためにドアクローズが遅れると毒づく自分が、今回ばかりはなんかトラブルでもあって出発が1時間くらい遅れないかなあって、勝手なことを思っている。

がしかし、客が少ないため定刻より早くドアクローズ、そしてプッシュバック開始。
滑走路が混んでいて離陸待ちしないかなと願っていたら、なんだかやたらスムーズに滑走路へ・・・
そしてあっさり離陸!!!

機内食はそこそこ美味で、機材は最新のSKY SUITE 767なのでフルフラット。
快適過ぎるフライトでしたが、この後のことを考えるとちょっと憂鬱。
とっても残念なことにフライトは順調で、スカルノハッタには定刻より40分程早く0時20分の到着でした(泣)
[PR]

by balineta | 2014-11-22 21:17 | エアライン