日本からインドネシア携帯のチャージを試みました!

私はインドネシアで使うためにsimpatiのプリペイドSIM(携帯電話)を持っており、
電話番号の延命を滞在中に行っている(その一例はこちら)のですが、
昨年秋以降、現地へ行く機会がなく、プルサの有効期限が来月5日に切れてしまいます。

しかしながら、次の訪イネは早くてもGW。

そうなると選択肢は…

1.現地の知人にお願いし、electrical charge をしてもらう
2.潔く延命を諦め、次回の訪イネ時に新たに番号を買う
3.日本からリチャージする

ということになりますが、以前から興味がありながらも、なかなか実行する機会がなかった
3番目の選択肢を試みることにしました。

d0044965_12515568.jpg
現在の残高はRp.164,251。
そして有効期限は2010年4月5日になっています。
さあ、うまく延命できるでしょうか??
(ちなみに国際ローミングの手続きをしてあるため、私のsimpatiの残高状況は日本からも確認できます)
さあ、準備開始です。
まずはCMMという会社のサイトにアクセスします。
この会社は、格安国際電話の会社なのですが、サイトを見ると付帯サービスとして、インドネシアの携帯電話へ日本からリチャージもできると書かれています。
このサービスを利用してみるわけです!!

d0044965_12554546.jpg
あっ、私はたまたま以前からこの会社の「黄色いカード」を持っていたのですが、まずはこのカードを入手する必要があります。サイトで申し込めばすぐに無料で送ってくれます。
そしてこの黄色いカードにあらかじめ一定の金額(2,000円・3,000円・5,000円から選択)をプリペイドします。その際サイト上でクレジットカード決済可能です。

d0044965_13134083.jpgさて初期準備が済んだら、いよいよ本番です。リチャージは、全て日本の携帯電話のキー操作で行います。
まずは表記のアドレスに携帯から空メールを送ります。
するとすぐに折り返しURLが書かれた返信メールが届きますので、そこへアクセスします。

尚、PCサイトには“インドネシア携帯へのチャージは携帯電話の操作では出来ない”というような記載がありますが、それは誤りで、チャージ可能です。(ちゃんと訂正してほしいですね)
d0044965_1321127.jpg空メールで指定されたURLへアクセスすると、インドネシア携帯のキャリアがぞろぞろと表示されます。
ここに表示されたキャリアへはチャージ可能ということで、うれしいことにほぼ全てのキャリアを網羅しているのではないでしょうか。
d0044965_1325670.jpg私のイネ携帯はsimpatiなので、それを選びます。
simpatiの場合ですと、写真の通り4種類のチャージ額を選べます。
金額の横は各チャージ額ごとの電話番号の有効期間ですが、実際はこれより長いようです。(詳細は後ほど)
尚、各チャージ額に対応する必要なCMMの日本円ですが、Rp.20,000=¥330、Rp.50,000=¥810、Rp.100,000=¥1,535、Rp.150,000=¥2,345です。
かなり悪いレートですが、CMMの手数料も含まれているのでしょう。緊急手段として止むをえません。
d0044965_1342389.jpgキャリアを選んだ後の画面です。
PIN番号は、CMMの黄色いカードに書かれています。
相手先の電話番号は、国番号62+最初の0を除いた携帯電話の番号を入力します。ここで番号を間違えると、アカの他人の携帯にチャージすることになってしまいますので、慎重に!
入力はここまで。間違いがなければ、これで送信です。
d0044965_13585383.jpg最後に送信内容確認の画面になります。
Rp.50,000を指定の電話番号に移行しました。移行後のあなたのCMMの残高はいくらです。というような内容ですね。
さあ、本当に残高が移行し、イネ携帯のリチャージがうまくいったのか?
d0044965_145054.jpgそれでは、もう一度イネ携帯で残高を確認してみましょう~

おーーっと!プルサの残高はRp.214,251になっています。
ちゃんとRp.5万増えていますね。

次に有効期限。こちらも2010年5月19日に変更されています。
先ほど、画面上ではRp.5万のチャージでは有効期間30日と表示されていましたが、実際はこの通りで、本日から60日後の日付となっています。
ということで、保証はできませんが、simpatiの場合、実際は「表示上の期間+30日後」が本当の有効期限のような気がします。

てなわけで、無事に日本国内からイネ携帯へのリチャージが成功しました。
やり方もとっても簡単ですので、交換レートはかな~り悪いですが、こういう方法もあるよってことで、いざという時使ってみたいと思います。
[PR]

by balineta | 2010-03-20 14:20 | その他インドネシア